花,野菜,育て方

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

■現在の人気記事

スポンサードリンク

記事一覧

ウメの実 収穫は?

2020-03-23 庭木・花木
ウメの実がだんだんと膨らんで大きくなってくると、待ちに待った収穫が近づいてきてわくわくしますねウメの実は、最初は緑色をしていますが、これは若い状態です。だんだ…

記事を読む

ウメの摘果は?

2020-03-22 庭木・花木
早春に咲いたウメの花を楽しみつつ受粉をさせると、実ウメは、結実して実が膨らんできますね[ウメの摘果は?] ウメは短い枝に充実した花芽をつけ、充実した花芽が結実す…

記事を読む

ウメの肥料

2020-03-21 庭木・花木
ウメを育てる時、適切な時期に適量の肥料を与えることで、株を充実させ開花・結実も安定させることができます肥料不足になると、株の育ちが悪くなるばかりか、花芽がつき…

記事を読む

ウメの実 収穫は?

ume080.jpg
ウメの実がだんだんと膨らんで大きくなってくると、
待ちに待った収穫が近づいてきてわくわくしますね


ウメの実は、最初は緑色をしていますが、これは若い状態です。
だんだん熟してくると、黄色っぽく色づいてきます。

さらに熟して完熟の状態になると、全体的に黄色が濃くなり、
品種によっては一部や実全体が赤くなります。

収穫したウメの実をどのように加工するかによっても、
適した収穫時期や方法が異なります。

加工に適した熟度での収穫目安と、収穫方法をご紹介します。


[ウメの実 収穫は?]


■用途別 収穫時期

ウメの品種や日当たり具合、木のどの部分に生っているかで、
収穫時期には、ズレが出てきます。

同じ木であったとしても木の大きさや、日当たりの良し悪しによって、
2週間ほど差が出ることもあります。
そのため、一概に何月に収穫ということはありません。

家庭で育てて楽しむ程度であれば、
毎日収穫に適した状態になった実がないかを見回り、収穫してもさほどの手間ではないでしょう。

実がどれくらい生長しているのか、毎日観察するのも楽しみです。


umesyu001.jpg
梅酒は青い実がおいしいです


・梅酒、ウメシロップなど

梅酒やウメシロップなどに加工する場合は、
表面が緑色の状態のウメが合います。

まだ色の青いウメは、ウメ特有の爽やかな香りが強く、味も酸味が強いです。
すっきりとした味のため、アルコールである梅酒や、甘いシロップでも合います。

シロップにしたものを、夏の熱い時期に水やソーダで割って冷たく飲むと、
酸味と風味で、口中も気分もキリッとします。

・梅ジャム、コンフィチュールなど
ジャムやコンフィチュールなど、砂糖を添加して作るものには、
やや熟して黄色くなった状態のウメがお勧めです。

青ウメよりも酸味がとれて甘みがつきますが、
完熟よりも酸味が残っているので、甘みと酸味のバランスが絶妙です。

また、青ウメに比べると実が柔らかいので、
煮た時につぶれやすく、ジャムなどに加工しやすくなります。
モモともスモモともサクランボとも違う、酸っぱくて芳醇な香りを楽しめます。


ume078.jpg
梅干しは、完熟したウメが断然美味!


・梅干しなど
梅干しに加工するのであれば、完熟のウメが断然お勧めです。
青ウメの時にはない、モモのような芳しい香りが出てきます。

色は品種よって、黄色に一部赤が入ったり、全体が真っ赤になります。
実がとても柔らかいので、漬けた後にシソでの色付けで簡単に染まります。

完熟の具合によっては、実が柔らかくなりすぎて、
漬けた時に割れることがありますが、食べるのに支障はありません。

完熟のウメには甘みがあるため、
梅干しにした時の塩気と酸味と甘みのバランスが素晴らしいものになります。

また、梅干しだけでなく、完熟の実をジャムなどに加工しても美味です。
青ウメとは香りが異なり、お酒やシロップにすると、また違った味を楽しめます。


ume077.jpg
高い木のウメを収穫するときは?


■収穫方法

ウメの実がどれくらい熟しているかによって、収穫の方法が少し異なります。

・青ウメ〜やや熟した実
まだ硬い青ウメ〜やや熟して黄色くなった実であれば、
だいたい5月中旬頃〜6月上旬頃に収穫できます。

まだ小さい木で、実に手が届くのであれば、手作業で実をもいでいきます。
木が大きく、届かない位置にも実が生っている場合は、長い棒を使います。

棒で太い枝を軽く叩き、振動によって実を落とします。
この時、必ず木の下に目の細かいネットやシートを敷いておきましょう。

棒を使うと、どうしても表面に傷がつきやすくなりますが、
無駄なく収穫することができます。

また家庭で消費する分であれば、
多少の傷があっても加工には問題はありません。

・熟した実
完熟になった実であれば、6月上旬〜7月上旬頃に収穫できます。
手が届くのであれば、頃合いを見て手でもいでいきます。

木が大きくなっている場合は、
木の下にシートを敷いて、実が自然に落ちるのを待ちます。
自然に落ちるまで待つことにより、収穫した実の熟度が揃います。

ただし、落ちた実は1日に2回は回収しに回りましょう。
気温もやや高くなってくる頃です。

柔らかくなった実は、甘い香りを出して虫や鳥を誘います。
回収が遅れると、実が傷んだり虫などにつつかれることがあるため、
早めに収穫するようにします。

■参考
・梅の木の育て方

» 続きを読む

スポンサードリンク

ウメの摘果は?

miume.jpg
早春に咲いたウメの花を楽しみつつ受粉をさせると、
実ウメは、結実して実が膨らんできますね


[ウメの摘果は?]


ウメは短い枝に充実した花芽をつけ、
充実した花芽が結実すれば、良い実がつきます。

ただし、あまりにもたくさんの実をつけた場合は、摘果をしてあげます。
摘果をすることにより、むらなく、まんべんに養分が回るように調整できます。

ある程度はウメ自身が生理落果を起こしますが、
それでも木に対してつけた実が多くなることがあります。

そのまま実を育てると、一度に大量の養分が必要となり、木が疲れます。
急激に疲れた木は、翌年のための良い枝を発生させたり、
花芽を作る体力がないため、翌年の収穫が望みにくくなります。

また、実の数が多い分、全体的に小さく育ってしまうため、
たくさん残しても、美味しい大実にすることは困難です。

摘果を行う時期に、良い実を選んで残すことで、
大きく立派な実を収穫できることにつながります。


地植え、鉢植えそれぞれに摘果の基準が違うため、
それぞれ紹介しますので、参考にしてください。


ume4.jpg
このように実がつき過ぎると品質が落ち、樹も疲れてしまいます


■摘果の基準

育てているウメの品種が小ウメの場合は、摘果をする必要はほとんどありません。
摘花をするのは、大きな実のなる大実の品種です。
地植え、鉢植えで育てているかで基準が違うので、把握しておきましょう。

・地植えの場合
地植えにしているウメの場合、枝の長さによって残す実の数が違います。
枝の長さが5cmまでであれば、1枝に1個の実を残します。

枝が5cmよりも長ければ、5cm〜10cmの間隔で実を残すようにします。
葉の数も目安にする場合は、10枚〜15枚の葉に1個の実がつくように摘果します。


・鉢植えの場合
実をつけたいために大鉢に植え付けて育てている場合は、
地植えと同じ基準で摘果するか、やや少なめになるよう摘果します。

実を収穫のためではなく、観賞のためにつける場合は、
目線の高さにいくつか残すのみで、あとはすべて摘果してしまいます。

また受粉が必要な品種は、受粉する時に残す部分にだけ受粉するようにします。
こうすることで余分なところに実をつけずに済みます。


■摘果のタイミング


摘果を行うのは、できるだけ実が小さい方が、余計な養分を使わずに済みます。
ただし、あまり小さいうちに摘果してしまうと、
生理落果を起こした時に、実の数が大幅に減ってしまうことがあります。


品種によって時期には少しずれが出ますが、
実が小指の爪くらいの大きさになる4月上旬頃に摘果を行いましょう。



ume3.jpg
摘蕾せずに花を楽しんで、摘果するのがお勧めです


■摘蕾は必要?

摘蕾(てきらい)とは、ついた花芽の数を減らすことです。
通常、実の収穫量や品質=美味しさを高めるために行います。

実をつけた後だけではなく、花が咲く前にその数を減らすことで、
余計な養分が使われないようにする工夫です。

しかし、ウメ農家のように、大きく質の良いウメの実を収穫するのとは違い、
家庭菜園で育てるのであれば、ここまでする必要はありません。

家で育てるのであれば、花も実も楽しみたいと育てていることが多いでしょう。
なのに花の数を減らしてしまっては、楽しみが半減してしまいます。

美しいウメの花を楽しんだ後、実が膨らんできた頃に、
正しく摘果をすれば、特に問題はありません。

■参考
・梅の木の育て方

» 続きを読む

スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ

ウメの肥料

ume052.jpg
ウメを育てる時、適切な時期に適量の肥料を与えることで、
株を充実させ開花・結実も安定させることができます


肥料不足になると、株の育ちが悪くなるばかりか、花芽がつきにくく、
実ウメの場合は結実してもうまく大きくならない場合があります。

鉢植えと地植えでも、与え方や与える量が異なるため、
それぞれに合った施肥の方法を表とともにご紹介します。


[ウメの肥料]


■元肥

地植えであれ、鉢植えであれ、最初は必ず植え付けの作業から始まります。
この植え付ける時に施すのが、元肥です。

元肥は、植え付け直後から肥料が効くようにするためのものではなく、
少し時間を置いてから肥料が効くようにします。

根が肥料を求めて伸びるよう、植え付ける位置よりも低い場所に入れます。

・地植え
地植えの場合は、植え付ける苗の根鉢よりも深く穴を掘り、穴に元肥を入れます。

穴の深さの目安は、根鉢の深さに20cmほど足したくらいです。
まず根鉢の深さ+20cmの深さの穴を掘ります。

その穴の底に、化成肥料50g〜100gと、鶏ふんかピートモス、
さらに腐葉土を少々混ぜたものを入れます。

化成肥料は、窒素-リン酸-カリがそれぞれ8〜10の肥料を入れるようにします。
化成肥料などを入れた上に、掘り上げた土をかぶせて、
根鉢がちょうどおさまるくらいの深さに調整して、足で軽く踏んでおきます。

このように元肥を入れてから、苗を植え付けるようにすると、
植え付けた後しばらくしてから肥料が効いてきます。


ume051.jpg
シダレウメの実


・鉢植え
鉢植えの場合は、地植えほど深さをとることができません。

鉢底に入れたゴロ土の上に、元肥として肥料を入れる方法もありますが、
鉢の深さによっては、植え付けてすぐに根に触れる可能性もあります。

肥料が直接根に触れると、肥料焼けを起こすこともあるため、
鉢植えの場合は元肥を入れない方法の方がお勧めです。

赤玉土や腐葉土を混ぜた用土を使って植え付けた後、
たっぷりと水を与えておきます。

植え付け後10日ほど経ったら、2月〜3月に与える肥料として追肥をします。


■地植えの場合の追肥

地植えにしているウメの場合、
極端に言えば土があればどこまでも根を広げることができます。

そのため、ウメを植えている近くで、何か草花や野菜などを育てている場合、
そこに与えた肥料分を吸っている可能性があります。

肥料切れになってしまうと、生育不足になりますが、
肥料過多になると、勢いの良い枝が出過ぎてしまい、
それはそれで花数が減ってしまいます。

そのため、多肥にするのではなく、
控えめに追肥を与えることから始めた方が、失敗が少なくなります。

もし勢いの良い枝が出過ぎる場合は、
どこかから肥料分を吸ってしまっている可能性があるため、
肥料をさらに減らすなどして様子を見るようにしましょう。

反対に、弱くて短い枝しか出ない場合は、
少し肥料を増やして様子を見るようにしましょう。


jiue0.jpg

ume-hiryou1.JPG
( )内は、実ウメの結実が多い場合にのみ与える肥料です。
■ウメの肥料 地植え


◎6月と11月の肥料
植え付けから何年経った株であっても、
6月と11月の肥料は必ず与えておく肥料となります。

この時、他の時期と同じ化成肥料や配合肥料を与えますが、
それに加えて同量の油カスか鶏ふんを与えるようにします。

◎肥料の配合率
ウメに与える肥料の窒素-リン酸-カリの配合率は、
窒素6〜8-リン酸6〜10-カリ8〜10くらいのものを選ぶようにします。

6月と11月に与える鶏ふんや油カスは、含まれているカリが少なめのため、
それを補うためにカリが多めの肥料を与えるようにします。

ただし、カリ分が多い肥料が用意できない場合は、
8-8-8や10-10-10くらいの、窒素・リン酸・カリが同等の肥料を選びます。

◎プラスアルファ
上記の肥料の他に、プラスアルファとして11月〜2月の間に、
草木灰やワラ灰、苦土石灰などを1リットルあたり50g程与えるのもお勧めです。


■鉢植えの場合の追肥

鉢植えのウメの場合は、地植えと違って土が区切られているため、
他から肥料分を吸うことはできません。

そのため、できれば肥料は定期的に与えた方が、生育が良くなるケースが多いです。
ただし、定期的に与えていて、勢いの良い枝がたくさん発生する場合は、
肥料が多すぎる可能性があるため、1回に与える肥料の量を減らします。

反対に、枝の発生が悪く、弱い枝しか出ない場合は、
1回に与える肥料の量を少し増やして様子をみましょう。


hatiue.jpg
■ウメの肥料 鉢植え


◎肥料
鉢植えに与える肥料は、化成肥料ではなく、できれば有機質のものが良いでしょう。
油カスに鶏ふんを20%ほど混ぜたものがお勧めです。

◎施肥量
1回に与える肥料の量は、鉢の大きさによって変わります。
6号鉢でティースプーン(軽く1杯で2.5g程度)2杯を与えます。

鉢の号数が1号大きくなるごとに、1杯ずつ増やしていきます。
7号鉢であれば3杯、8号鉢なら4杯が目安となります。

◎幼木と成木
地植えであれば、幼木と成木で施肥量などが変わりますが、
鉢植えの場合は、どちらも同じです。

あくまでも鉢の大きさによって施肥量が決まるので、
購入から何年経っても目安は変わりません。

■参考
・梅の木の育て方

» 続きを読む

スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

white6pen003.jpg 今年もニンニクを3種類栽培します。
生のニンニクを食べたら、
もう、美味しくて虜になります!
菜園仲間4人と作った当ブログを、
どうぞ、覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
ニンニク栽培.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録