ハーブのカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

■現在の人気記事

スポンサードリンク

カテゴリ:ハーブ

ハーブのカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
バジル プランターの育て方

2015-06-28 ハーブ
 バジルを標準プランターに直まきした場合、3〜4株くらいに間引きます■バジル 栽培データ英名・学名 basil・ocimum basilicum L.形態 多年草(日本では一年草扱い)…

記事を読む

バジルの害虫

2015-06-27 ハーブ
大事に育てているバジルの害虫対策は?[バジルの害虫]■バジルにつく害虫・アブラムシバジルの葉の裏や新芽、茎などに小さな虫がついていたら、アブラムシの可能性が高い…

記事を読む

バジル プランターの育て方

  •  投稿日:2015-06-28
  •  カテゴリ:ハーブ
basil.jpg 
バジルを標準プランターに直まきした場合、3〜4株くらいに間引きます


■バジル 栽培データ

英名・学名 basil・ocimum basilicum L.
形態 多年草(日本では一年草扱い)
原産地 インド、熱帯アジア
草丈/樹高  60cm〜90cm
開花期 7月〜11月
花色
栽培難易度(1〜5)  2
耐寒性 弱い
耐暑性 普通
特性・用途  初心者向き、香りが良い、食べられる



■バジル プランターの育て方

・栽培環境

バジルは風通しがよく、日当たりの良い場所を好みます。
けれど、半日陰程度の場所であれば、多少徒長しますが、
収穫して楽しむ分には問題ありません。

あまり日当たりが悪いと、葉の色が悪くなったり、
病害虫に侵されやすくなるので注意が必要です。

・プランター
バジルはプランターでも十分育てることができます。
深さが15cm以上ある、長さが65cmほどの標準的なプランターの場合、
3株〜4株ほど育てることができます。
株間は20cmです。

・種から育てる
バジルは種からでも育てることができます。
育苗してから定植する方法と、直播きをして育てる方法がありますが、
ポット上げなどの手間を考えれば、直播きの方がおすすめです。

・種まき

バジルを育てるプランターを準備します。
プランターの底が隠れる程度に鉢底石を敷きます。

その上から縁から2cm〜3cmほど下まで用土を入れます。
用土は市販されている野菜用培養土でもいいですし、
ハーブ用として売られているものを使っても構いません。

プランターの端から15cmくらいのところに、
最初に種を3粒〜5粒ほど少し間隔をあけて置き、
2つ目からは20cm間隔で種を3粒〜5粒ずつ置いていきます。

バジルの種は光を好むため、播き穴はあけず、
種を置いた上から薄く土をかける程度にします。

種まきが終わったら、用土が湿るように水を与えます。
この時、強い水流で水を与えてしまうと、
バジルの小さな種が流れてしまうことがあります。

弱い水流で水を与えるか、プランターごと水につけ、
底面給水させるようにしましょう。

・水やりと間引き
発芽するまでは、用土が乾燥しないように注意します。
心配であれば、毎日底面給水をしても構いません。

ただし、水につけっぱなしにしておくと、
過湿により種にカビがはえることがあるので、
土を湿らせた後は、水につけたままにしないようにしましょう。

種まきから2週間ほどすると、芽が出てきます。
発芽が揃ってからも、まだまだバジルは小さいので、
乾燥しないように注意します。


basil 07.jpg
バジルの発芽(もっと種の間隔をあけましょう)


本葉が数枚になく程度に生長したら、
土の表面が乾いたらプランターの底から、
水が出てくるまでたっぷりと与えるようにします。

バジルは発芽が揃った時と、
葉同士が重なるようになったら間引きを行います。

発芽が揃ったら、生育の良いものを2つ残して、残りは地際で切ります。
無理に引き抜くと、残す株の根まで引きずられて抜けることがあるので、
地際で切る方法が安心です。

本葉が数枚になり、残った2株の葉が触れ合うほどになったら、
生育の良い方を残して間引きします。

間引きした芽や株も、もちろんバジルですので良い香りがします。
オムレツやサラダなどに入れて楽しみましょう。


basil (1).JPG
間引いたバジルをハーブの寄せ植えに


・植え付け
種からではなく、苗から育てることも可能です。
まずはプランターの底が隠れる程度に鉢底石を敷き、培養土を入れます。

ポットに入ったままの苗を植え付ける、
予定の場所に仮置きし、間隔を確認します。

仮置きした場所にスコップなどで植え穴をあけ、
根鉢が崩れないようにポットから苗を抜いて植え穴に植え付けます。

深植えにも浅植えにもならないように植え付け、
プランターの底から水が流れるまでたっぷりと水を与えておきます。

 ・水やり
プランターの土の表面が乾いたら、
底から水が出てくるまでたっぷり与えるようにします。

夏になると気温が高くなり、
株も生長して水を吸い上げる力が強くなるので、乾きやすくなります。

朝に水を与えても、夕方に土が乾いているようであれば、
またたっぷり与えるようにします。

夏の暑い間は、水を与えるのはまだ涼しい朝のうちか、
気温の下がってくる夕方にしましょう。
日中に水を与えると、土が蒸れて枯れてしまうことがあります。


basil (2).JPG
バジルは生長が早いので肥料を忘れずに


・肥料

青々としたバジルを長く収穫したいなら、やはり肥料は欠かせません。
ただし、必要以上に肥料を与えてしまうと、
肥料焼けを起こしたり、害虫がつきやすくなるので注意します。

・種から育てる場合
種まきの時点で、元肥入り培養土を使っているのであれば、
間引きをして1株になるまで追肥は不要です。

間引きが終わって1株になったら、化成肥料か液体肥料を与えます。
その後も化成肥料を与える場合は、
2週間〜3週間ごとに与えるようにします。

液体肥料を与える場合は、
7日〜10日ごとに水代わりに与えるようにしましょう。

・苗から育てる場合
苗を植え付けてから2週間ほどしたら、追肥を開始します。
与える肥料と頻度は、種から育てる場合と同じです。

・摘芯・整枝

・摘心
草丈が20cmほどになったら、摘芯を行います。
株の一番上にある生長点を摘むことで、
その下にある脇芽を伸ばすようになります。

脇芽を伸ばすことにより、枝の数が増え、葉の数が増えます。
摘芯をしないで育てることもできますが、
収量は摘心した場合よりも少なくなります。

・整枝
摘芯をした後、脇芽が育って収穫を繰り返していると、
枝数が増えすぎたり、枝が伸びすぎて風通しが悪くなることがあります。

風通しが悪くなると、病害虫に侵されやすくなるため、
整枝をして風通しをよくしておきましょう。

伸びすぎた枝を摘心し、不要な枝を間引くことで、
新しい脇芽が育つようになります。
これを繰り返すことで、栽培期間が長くなり、収穫できる量も増えます。


basil 04.jpg
花穂は、早めに取り除きます


・花穂
バジルを育てていると、花穂が伸びてくることがあります。
そのまま花を咲かせてしまうと、
葉が硬くなってしまい、食味が悪くなってしまいます。

花穂が伸びてきたら、根本から切っておくようにしましょう。

・防虫対策

バジルはアブラムシや青虫など、
害虫にとても狙われやすいハーブです。

生食にすることの多いバジルだからこそ、
害虫はできるだけ避けたいものです。

とはいえ、むやみに薬剤を使用するのも気が引けます。
そんな時は、プランターごと防虫ネットをかぶせておくと、
簡単ですが防虫対策になります。

■参考
・バジルの育て方|暑さに強く挿し木で簡単に増やせる!
・バジル、タネまきからの育て方
・バジルの挿し木
・バジル 室内での育て方 
・バジル 香りが薄い理由は?
・バジル 収穫と保存
・バジル 徒長する理由は?
・バジルの害虫
 カテゴリ
 タグ

バジルの害虫

  •  投稿日:2015-06-27
  •  カテゴリ:ハーブ
basil 01 (2).jpg
大事に育てているバジルの害虫対策は?


[バジルの害虫]


■バジルにつく害虫


aburamusi.jpg
・アブラムシ
バジルの葉の裏や新芽、茎などに小さな虫がついていたら、
アブラムシの可能性が高いです。

どこからともなくやってきて、最初は小さなアブラムシ1匹だったのが、
放っておくと株全体を覆うほど繁殖してしまいます。

アブラムシは植物の汁を吸う害虫で、数が多くなると、
植物は徐々に弱っていき、最後には枯れてしますこともあります。

バジルは若い苗の頃は葉も茎も柔らかく、アブラムシがとてもつきやすいです。
毎日バジルをチェックして、もしアブラムシがついているのを見つけたら、
放っておかずに捕殺しておくようにしましょう。


aomusi.jpg
・青虫
蝶や蛾の幼虫が、葉を食べてしまうこともあります。
幼齢の頃は黄緑色をしているものも多い上、
青虫は、最初は葉の裏から食べるので、
一見すると何もいないように見えます。

葉に食害のあとを見つけたら、
葉の裏や葉の付け根などをよく探してみましょう。

まだ孵化して間もない小さな幼虫の場合は、
葉の裏についていることが多いです。

とても小さいので見つけにくいのですが、
1匹見つけることができると、不思議とどんどん見えてきます。


yotomusi.jpg
・ヨトウムシ
特に厄介なのはヨトウムシです。
昼間は株元の土に隠れていて、
夕方以降に活動を開始して食害を始めます。

昼間に幼虫がいないのに、糞などがついている場合は、
ヨトウムシが潜んでいる可能性があります。
昼間だけでなく、夕方以降にもチェックしてみるようにしましょう。


hamoguribae.JPG
・ハモグリバエ
名前の通り、ハエの仲間ですが、成虫自体は小さく、
特に目立った被害はありません。

問題なのは卵と幼虫です。
ハモグリバエは葉の中に卵を産み付けます。

葉の中で孵化した幼虫は、
外に出ることなく葉の内側を食害していきます。

葉の内側を食害しながら進んでいき、
食害したあとが線となって残ります。
このことから、エカキムシとも呼ばれています。

食害された葉は、食害された部分を除けば、
食べられないこともありませんが、
やはり気持ちの良いものではありません。

ハモグリバエが葉を食害しているのを見つけたら、
成虫になる前に葉の中でつぶしておくようにします。


batta.jpg
・バッタ
バッタ類は、バジルの害虫の中では意外と厄介です。
どこからやってくるかも予測できない上に、
大きく育ったものは大食漢で、
葉一枚がすぐにぼろぼろになってしまいます。

小さいものでも葉に穴をたくさんあけてしまうため、
とても食べられるような状態ではなくなることもあります。

バッタに効く薬剤自体はありますが、
バジルに使えるものはほぼないと言って良いでしょう。

また、生食することの多いバジルに、
大量の強い薬剤を使うのも気が引けます。

バッタがつかないようにするには、
防虫ネットなどでバジル本体を覆うようにします。


■バジルの害虫対策


musiyokenet.JPG
・防虫ネット
バジルの葉を守るためには、
防虫ネットが一番簡単で、薬剤も使わず済みます。

バジルの株をすっぽりを覆うように、
支柱を使って防虫ネットをピッタリかぶせておくようにします。

こうすることで害虫の飛来も、
卵を産み付けられることもなくなります。

水や液体肥料を与えるときには、ネットの上から、
葉を収穫する際には、ネットをめくって行います。

安全でおいしいバジルの葉を収穫でき、
手間もかかりませんので、お勧めの方法です。

また、ネットを一枚かぶせることにより、
何もない状態よりも、日照が1割くらい弱くなりますが、
実際には、ほとんどかわりませんので安心です。

・ハエ取り棒
ハエ取り棒は、軒下に吊り下げるようなものから、
プランターに挿せるような小さなものまで様々なサイズがあります。

ハエ取り棒はおもにハモグリバエ対策として使うと便利です。
ハモグリバエの発生している場所にハエ取り棒を置いておくと、
半日でおそろしいほど捕獲できることもあります。

防虫ネット内にハモグリバエが発生することもあるので、
ネットの内側に仕込んでおき、二重に仕掛けておくのもお勧めです。

■参考
・バジルの育て方|暑さに強く挿し木で簡単に増やせる!
・バジル、タネまきからの育て方
・バジルの挿し木
・バジル 室内での育て方 
・バジル 香りが薄い理由は?
・バジル 収穫と保存
・バジル 徒長する理由は?
 カテゴリ
 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

white6pen003.jpg 今年もニンニクを3種類栽培します。
生のニンニクを食べたら、
もう、美味しくて虜になります!
菜園仲間4人と作った当ブログを、
どうぞ、覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
ニンニク栽培.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録