野菜のカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

スポンサードリンク

カテゴリ:野菜

野菜のカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
ホウレンソウ 種まきから発芽まで

2016-09-16 野菜
■ホウレンソウ 種まきから発芽まで ホウレンソウはいろいろ料理に使えますし、甘みがあり、おいしいのでたくさん栽培します。地植えで育てます。今回、使用するホウレン…

記事を読む

ニンニクのプランター栽培

2016-09-07 野菜
容器栽培のニンニク C)morisobaニンニクは、植え付けから収穫の期間が少し長いですが、手間がかからず、野菜栽培初心者の方でも簡単に育てられます。植え付けの適期は9…

記事を読む

ホウレンソウ 種まきから発芽まで

  •  投稿日:2016-09-16
  •  カテゴリ:野菜
■ホウレンソウ 種まきから発芽まで

ホウレンソウはいろいろ料理に使えますし、
甘みがあり、おいしいのでたくさん栽培します。

地植えで育てます。
今回、使用するホウレンソウはこちらです。


horensou2016-01.JPG 
トーホク交配の「日本ほうれん草」


ホウレンソウもいろいろと種類があります。
味が良く、病気に強い品種を選びました。
根の部分が鮮やかな赤で見た目もきれいです。

裏面はこのようになっています。


horensou2016-02.JPG
種袋の裏面


種まきにあたって、土作りをし化成肥料のほか、尿素も入れてみました。
尿素を入れると、良いホウレンソウが出来るよ! とプロの方に教えてもらいました。

調べてみると、尿素はチッソ分だけを含んでいるようです。
水に溶けやすく、効果も早いです。

肥料の効きは速効性で、チッソ分もかなり含んでいるので
過多になりやすいという特徴もあるそうです。

また、尿素は、葉から吸収されやすいので、葉面散布するときもあるそうです。
速効性があり、水に溶けやすいという特徴から、
ある程度大きくなってから葉面散布したほうが効果があるかもしれません。

ホウレンソウの種まきに戻ります。


horensou2016-03.jpg
ホウレンソウの種まき 9月4日


畝を立てて、真っ直ぐ2本すじを入れて、すじまきしました。
たっぷりと水をあげてこの日は終わりです。

畑にかん水チューブや水道があれば良いのですが、
無いので、ポリタンクやペットボトルを用意して、
近くの川まで水を汲みに行っています。
重労働です!

5日後の9日に畑に行くと、もうホウレンソウの芽が出ていました!
大体一週間くらいが目安だそうですが、この時点でほぼ出揃っていました。


horensou2016-04.jpg
ホウレンソウ発芽9月9日


うっすらと!
2列に出てきているのが分かりますでしょうか?

今年はこんな感じに種まきをしてみました。
小さい芽ですが、拡大してみましょう。


horensou2016-05.JPG 
ホウレンソウの小さな芽

こんな感じのひょろっとした芽が出てきました。
ホウレンソウは、育て方が割りと簡単ですし、すぐ収穫ができますね。
尿素を入れたホウレンソウ、どうなるのか楽しみです。
*栽培記録と記事は、Senaさん担当です。

■参考
・秋まき野菜 秋植え野菜の栽培
・ホウレンソウ プランターの育て方
・ホウレンソウ 地植えの育て方
◎秋まき野菜 秋植え野菜の栽培

 カテゴリ
 タグ

ニンニクのプランター栽培

  •  投稿日:2016-09-07
  •  カテゴリ:野菜
ninniku-morisoba (2).jpg
容器栽培のニンニク C)morisoba


ニンニクは、植え付けから収穫の期間が少し長いですが、
手間がかからず、野菜栽培初心者の方でも簡単に育てられます。
植え付けの適期は9月〜10月、収穫は5月下旬〜6月下旬です。

自分で育てて収穫したニンニクは、
スーパーで売られているものよりも、
香りが強く格段においしいです。

通常は保存のために乾燥させますが、
乾燥させずに丸揚げにしたニンニクは、
とてもほくほく、ほっこりとしていて絶品です。


white6.JPG
2016年は、まずホワイト6片を植え付けました


■ニンニクのプランター栽培

・栽培環境
ニンニクは涼しい環境を好みます。
気温が25℃以上の状態では発芽しませんので、
真夏を過ぎて少し涼しくなった頃に植え付けをします。 


ただし、冷涼な気候を好むといっても、
ある程度生長するまでに寒くなってしまうと生育がにぶります。

植え付けの適期は守るようにしましょう。
日当たりの良い場所で、水はけのいい土で育てるのが基本です。

・植え付け
ニンニクは球根をばらしたものを植え付けます。
適期が近くなると、ホームセンターなどで、
袋に入ったニンニクが並び始めます。

購入したニンニクが塊のままの場合は、
鱗片を1つずつにはずしておきます。

植え付けの適期は9月〜10月です。

育てる容器は深さが20cm以上のものであれば、
プランターでも鉢でも栽培することができます。


鉢底の穴が大きい場合は、鉢底網を敷いておきます。
その上から、鉢底が隠れる程度の鉢底石を敷きます。

その上から、容器の縁から数cm下まで土を入れます。
土を入れたら、容器をゆすったり、
少し持ち上げて落としたりして、土を落ち着かせます。

使う培養土は市販の野菜用培養土が、すぐに手に入りますし、
混ぜる必要がなくて簡単でいいでしょう。

すでに元肥が入っている培養土であれば、加える必要はありません。
もし元肥が入っていないものであれば、少量だけ元肥を入れます。 


容器に土を入れたら、10cm〜15cm間隔に植え穴を開け、
鱗片をとがっている方(芽が出る方)を植えにして置き土をかぶせます。

土はだいたい5cm〜7cmくらいかぶるようにしましょう。
育てる品種によって、植え付ける間隔が広くなったり、
植え付ける深さが違ったりします。

種球が入っていた袋に育て方などが書いてあることがありますので、
念のため、よく確認して植え付けをしてください。 

植え付け後は、容器の底から水がしみ出るまでたっぷりと水を与えます。


jumbo (5).JPG
ニンニク、プランターでも立派に育ちます、2016年も植え付けました! 


・水やり
基本的には、土の表面が乾いたら、
底から水がしみ出てくるまでしっかり与えるようにします。

冬の間はあまり水の吸い上げがありませんし、蒸散も少ないので、
雨のあたる場所なら雨だけでしのげることも多いです。

雨があまりに降らなかったりして、
土が乾くようであれば昼間のうちに水を与えるようにしましょう。

・肥料
肥料は植え付けをしてから1ヶ月経った頃と、
年を越して3月頃に1回の計2回です。 


いずれも緩効性の固形肥料を与えるようにします。
ただ、容器栽培の場合は、
土から栄養が流れ出てしまう量が地植えよりも多いのです。

もし収穫時期(5月下旬以降)ではないのに葉の色が悪くなったりしたら、
肥料が切れているサインです。

その場合は、規定通りに薄めた液肥を水の代わりに与えましょう。


jumbo-ninniku.JPG
人気のジャンボニンニクもプランターで育てやすいです


・管理
植え付けの後、しばらくすると芽が出てきます。
本来、1つの鱗片からは1つの芽しか出てこないのですが、
まれに2本や3本出てくることがあります。

その場合は、細い方の芽を抜き取りましょう。
そのままにしてしまうと、栄養が分散して、
収穫したニンニクの球が小さくなってしまいます。

収穫時期が近づいてくると、トウ立ちして花芽が上がってきます。
花芽をそのままにすると、スカスカのニンニクになってしまうので、
花茎が伸びてきたら花茎ごと切り取りましょう。


切り取った花茎の先には花がついていますので、
その花を切ってしまえば、この茎の部分は、
ニンニクの芽という食材として使うことができます。


ninniku201603.jpg
乾燥させれば長期間保存できます


■収穫

5月下旬〜6月下旬が収穫時期です。
葉がだんだんと黄色く枯れてきたら、収穫の合図です。

葉の根元を持って引き抜き、土を落とします。
一番外側の皮をむくと、白いニンニクが出てきます。

収穫したニンニクを束ねて乾燥させておくと、日持ちがするので便利です。
収穫してすぐ使う場合であれば、乾燥させずに料理に使うことができます。

乾燥させたものとは一味違ったものが楽しめます。
収穫したてを味わえるのも、自分で育てた醍醐味ですね。


■病害虫

ほとんど心配はありません


*ニンニクの詳しくわかりやすい栽培方法は、
>>ニンニク栽培.com


■参考
・ジャンボニンニクの育て方、栽培方法
・無臭ニンニク(にんにく)の育て方、栽培方法
・ニンニク(にんにく)の種類
・ニンニクの保存方法1 冷蔵から醤油漬けまで
・ニンニクの保存方法2 オリーブオイル漬け
・ニンニクの育て方 ←地植え基本編です
 カテゴリ
 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

tomato078.JPG シンディーオレンジ中玉トマト、色も味も良い

トマトを種から育てるなら もう準備開始です!
家庭菜園で完熟させたトマトは、最高の味。
ちょっとしたコツで甘く大きく大収穫が可能。
狭いスペースで高品質トマトを栽培できます。
そんなコツを菜園仲間とご紹介しています。
ぜひ、覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
>>トマトの育て方.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録