庭木・花木のカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

■現在の人気記事

スポンサードリンク

カテゴリ:庭木・花木

庭木・花木のカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
ウメの病気|症状と対策

2020-03-24 庭木・花木
ウメの木を何年も育てていると、病気にかかってしまうことがあります。病気の種類により、症状が出る時期や出方が違うので、時期ごとにこまめにチェックし、異変がないか…

記事を読む

ウメの実 収穫は?

2020-03-23 庭木・花木
ウメの実がだんだんと膨らんで大きくなってくると、待ちに待った収穫が近づいてきてわくわくしますねウメの実は、最初は緑色をしていますが、これは若い状態です。だんだ…

記事を読む

ウメの病気|症状と対策

ume001.jpg
ウメの木を何年も育てていると、病気にかかってしまうことがあります。


病気の種類により、症状が出る時期や出方が違うので、
時期ごとにこまめにチェックし、異変がないかを調べておきましょう。

また、必要な時期に薬剤散布することで防除できるものもあります。


[ウメの病気|症状と対策]


ume003.jpg
■黒星病

・症状
黒星病は、果実の表面に、褐色の斑点が出ます。
見た目が悪くなるだけなので、食べる分には特に問題はありません。

目立つのは果実にできる斑点ですが、よく見ると枝にも斑点が出ているはずです。
枝にできた病斑に菌が潜んだ状態で越冬します。

4月頃に枝に潜んでいた菌が繁殖を始め、雨などによって広がります。
そのため、低温で雨が多い時期に病気が広がることが多いです。

4月はウメの実が大きくなる頃なので、実に広がって病斑が出るといった状況です。
病斑は葉にも出ますが、見て分かるほどの病斑が葉に出ることは少ないです。

・対策
黒星病、毎年発生が多い場合は、薬剤を散布して防除します。
12月に石灰硫黄合剤を散布すると、予防になります。
また、4月中旬〜5月下旬に、2回〜3回に分けてキャプタン水和剤の600倍液や、ベンレート水和剤の2000倍液などを散布するのも効果的です。


■潰瘍病

・症状
潰瘍病(かいようびょう)枝、葉、実に赤褐色〜黒褐色の斑点ができます。
病斑の周りが赤くなるタイプと、水浸状になって中央が凹むタイプの病斑があります。

病斑部分から雨や風によって広がり、気孔や傷から侵入して感染します。
雨と強い風の吹きやすい、3月〜4月に感染が多くなります。

・対策
雨と風によって感染が広がるため、強風の吹く場所は避けて育てます。
移動が難しい場合は、防風ネットなどを設置して風を避けるようにします。

潰瘍病に感染した場合は、なかなか治療が難しいので、
できるだけ予防しておいた方がいい病気です。

感染した場合は、12月〜1月の休眠期に、石灰硫黄合剤を散布します。
さらに生育期である4月〜9月に、
抗生物質剤(アグレプト水和剤など)を散布するようにします。


■縮葉病

・症状
縮葉病(しゅくようびょう)4月〜5月頃、新芽が伸びはじめた時に、
葉が縮れたようになり、膨らんでくる症状が出ます。

縮葉病は、すべてのウメに発生するわけではなく、
豊後など特定の品種に発生する病気です。

膨らむ部分は、葉の端と決まっているわけではなく、
中央や縁など様々なところから発生します。

・対策
12月に石灰硫黄合剤を散布すると予防になります。


tomato-udonko006.JPG
■うどんこ病

・症状
うどんこ病は、葉や実に、白っぽい粉をふったような症状が出ます。
葉に症状が出る時と、実に症状が出る時では病原菌が違います。

実に症状が出た場合、最初は小さな白い斑点から始まり、
病状が進むと、広がった病斑は薄い茶色になり、実が割れます。

うどんこ病は、葉には雨の多い6月に症状がでやすくなりますが、
実の方は4月上旬〜5月上旬に症状が出始めます。

・対策
毎年発生する場合は、ストロビードライフロアブルなどの薬剤を散布して防除します。


■すす病

・症状
すす病は、7月頃、葉の表面がべったりと黒くなり、すすで覆ったようになります。
実にも黒いすすのようなものがつく症状が出て、染みのように残ってしまいます。

原因はアブラムシやカイガラムシが出す排泄物をエサとしている菌です。
カビの一種で、放っておくと増殖していきます。

葉が黒くなるだけならいいと思うかもしれませんが、
黒く覆われた葉は光合成ができなくなり、株が生育不良になることもあります。


aburamusi.jpg

kaigaramusi.jpg
アブラムシ、カイガラムシを防除します


・対策
すす病対策は、とにかくアブラムシやカイガラムシを防除することです。
風通しや日当たりを確保し、発見した場合は捕殺します。
アブラムシやカイガラムシを防除する薬剤を使うのも効果的です。


■根頭がん腫病

・症状
根頭がん腫病は、根の先端や、地際などにがん腫というコブのようなものが出ます。
病気にかかった後、すぐに枯れることはありませんが、
徐々に生育が悪くなり、株が衰退していきます。

・対策
残念ながら、根頭がん腫病にかかって治癒できる薬剤がありません。


ume002.jpg
ウメの木を観察して病気を早期に発見します


■葉炭そ病

・症状
葉炭そ病は、9月頃、葉先や葉の縁に、半円形の病斑があらわれ、
その部分から枯れこんでいきます。

大木になっている株であれば、被害が多少出たとしても問題ありませんが、
樹勢の弱い鉢植えなどでは、急速に広がってしまうことがあります。

・対策
葉炭そ病が、毎年発生する場合は、8月下旬〜9月上旬に2回〜3回にわけて、
トップジンM水和剤を散布すると予防になります。

■参考
・梅の木の育て方

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ウメの実 収穫は?

ume080.jpg
ウメの実がだんだんと膨らんで大きくなってくると、
待ちに待った収穫が近づいてきてわくわくしますね


ウメの実は、最初は緑色をしていますが、これは若い状態です。
だんだん熟してくると、黄色っぽく色づいてきます。

さらに熟して完熟の状態になると、全体的に黄色が濃くなり、
品種によっては一部や実全体が赤くなります。

収穫したウメの実をどのように加工するかによっても、
適した収穫時期や方法が異なります。

加工に適した熟度での収穫目安と、収穫方法をご紹介します。


[ウメの実 収穫は?]


■用途別 収穫時期

ウメの品種や日当たり具合、木のどの部分に生っているかで、
収穫時期には、ズレが出てきます。

同じ木であったとしても木の大きさや、日当たりの良し悪しによって、
2週間ほど差が出ることもあります。
そのため、一概に何月に収穫ということはありません。

家庭で育てて楽しむ程度であれば、
毎日収穫に適した状態になった実がないかを見回り、収穫してもさほどの手間ではないでしょう。

実がどれくらい生長しているのか、毎日観察するのも楽しみです。


umesyu001.jpg
梅酒は青い実がおいしいです


・梅酒、ウメシロップなど

梅酒やウメシロップなどに加工する場合は、
表面が緑色の状態のウメが合います。

まだ色の青いウメは、ウメ特有の爽やかな香りが強く、味も酸味が強いです。
すっきりとした味のため、アルコールである梅酒や、甘いシロップでも合います。

シロップにしたものを、夏の熱い時期に水やソーダで割って冷たく飲むと、
酸味と風味で、口中も気分もキリッとします。

・梅ジャム、コンフィチュールなど
ジャムやコンフィチュールなど、砂糖を添加して作るものには、
やや熟して黄色くなった状態のウメがお勧めです。

青ウメよりも酸味がとれて甘みがつきますが、
完熟よりも酸味が残っているので、甘みと酸味のバランスが絶妙です。

また、青ウメに比べると実が柔らかいので、
煮た時につぶれやすく、ジャムなどに加工しやすくなります。
モモともスモモともサクランボとも違う、酸っぱくて芳醇な香りを楽しめます。


ume078.jpg
梅干しは、完熟したウメが断然美味!


・梅干しなど
梅干しに加工するのであれば、完熟のウメが断然お勧めです。
青ウメの時にはない、モモのような芳しい香りが出てきます。

色は品種よって、黄色に一部赤が入ったり、全体が真っ赤になります。
実がとても柔らかいので、漬けた後にシソでの色付けで簡単に染まります。

完熟の具合によっては、実が柔らかくなりすぎて、
漬けた時に割れることがありますが、食べるのに支障はありません。

完熟のウメには甘みがあるため、
梅干しにした時の塩気と酸味と甘みのバランスが素晴らしいものになります。

また、梅干しだけでなく、完熟の実をジャムなどに加工しても美味です。
青ウメとは香りが異なり、お酒やシロップにすると、また違った味を楽しめます。


ume077.jpg
高い木のウメを収穫するときは?


■収穫方法

ウメの実がどれくらい熟しているかによって、収穫の方法が少し異なります。

・青ウメ〜やや熟した実
まだ硬い青ウメ〜やや熟して黄色くなった実であれば、
だいたい5月中旬頃〜6月上旬頃に収穫できます。

まだ小さい木で、実に手が届くのであれば、手作業で実をもいでいきます。
木が大きく、届かない位置にも実が生っている場合は、長い棒を使います。

棒で太い枝を軽く叩き、振動によって実を落とします。
この時、必ず木の下に目の細かいネットやシートを敷いておきましょう。

棒を使うと、どうしても表面に傷がつきやすくなりますが、
無駄なく収穫することができます。

また家庭で消費する分であれば、
多少の傷があっても加工には問題はありません。

・熟した実
完熟になった実であれば、6月上旬〜7月上旬頃に収穫できます。
手が届くのであれば、頃合いを見て手でもいでいきます。

木が大きくなっている場合は、
木の下にシートを敷いて、実が自然に落ちるのを待ちます。
自然に落ちるまで待つことにより、収穫した実の熟度が揃います。

ただし、落ちた実は1日に2回は回収しに回りましょう。
気温もやや高くなってくる頃です。

柔らかくなった実は、甘い香りを出して虫や鳥を誘います。
回収が遅れると、実が傷んだり虫などにつつかれることがあるため、
早めに収穫するようにします。

■参考
・梅の木の育て方

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

white6pen003.jpg 今年もニンニクを3種類栽培します。
生のニンニクを食べたら、
もう、美味しくて虜になります!
菜園仲間4人と作った当ブログを、
どうぞ、覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
ニンニク栽培.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録