花・植物のカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

スポンサードリンク

カテゴリ:花・植物

花・植物のカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
初夏の花壇

2016-04-26 花・植物
夏の訪れを感じさせるケイトウ爽やかで生命力に溢れた初夏の花壇は、花色がたいへん綺麗に見える季節ですので、花壇作りも「色」を効果的に使うのがお勧めです。また、こ…

記事を読む

ウメ 品種の選び方

2016-03-09 花・植物
八重寒紅ウメの花には、真っ白な色のもの、薄いピンクのもの、赤いものとあり、それぞれに品種も色々とあります。家でウメを育ててみようと思っても、どれを育てて良いの…

記事を読む

初夏の花壇

keito.jpg
夏の訪れを感じさせるケイトウ


爽やかで生命力に溢れた初夏の花壇は、
花色がたいへん綺麗に見える季節ですので、
花壇作りも「色」を効果的に使うのがお勧めです。

また、この時期は開花を迎える花の多い季節ですので、
花の選択肢は1年の中でもとても多いと言えます。

その植物の色や特性、開花時期を考えて花壇作りをしましょう。


rose (2).jpg
バラをメインにしたナチュラルな花壇


■暖色系の色を効果的に使う

ダリア、グラジオラスなど球根植物、
金魚草、ダイアンサス、ベゴニア、ペチュニア、
ケイトウ、インパチェンスなどを中心とした暖かい色が映える時期です。

ピンク・赤・オレンジ・黄色の色に白を合わせると、
とても鮮やかでゴージャスな花壇が楽しめます。


Salvia farinacea Benth.jpg
ブルーとホワイトのサルビアで大人っぽく


■寒色系の色を効果的に使う

初夏のまだ涼しい季節をイメージさせる花壇を作るには、
ブルーやパープルといった寒色系の色味を使うのが効果的です。

さらに、ホワイトや淡いピンクなどを入れると優しい色合いになり、
ソフトな印象を与える花壇を作ることができます。


yagurumagiku.jpg
ヤグルマギク、薄いピンクや白も綺麗です


Delphinium.jpg
C)イングの森 デルフィニウムは繊細な花びらが魅力、5〜7月まで咲きます


デルフィニウムやブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)、
ブルーのヤグルマギク、アゲラタムなどに、
ペチュニア、インパチェンスの薄いピンク、白いユリ、
などを組み合わせるのがお勧めです。


yuri.jpg
テッポウユリ、3〜4年植え付けたままで毎年咲きます、凛として上品です


■初夏から秋までの開花を考えた花壇作り

初夏の花壇を彩る花は、秋まで楽しむことのできる花も多くあります。
例えば、ベゴニアやセンパフローレンス、サルビア、マリーゴールドなどです。


AgeratumA.jpg
アゲラタム、愛らしい花が次々に咲くのが魅力です


バーベナピンクパフェ.jpg
バーベナも秋にまた楽しめます


さらに、アゲラタム、バーベナなどは真夏には小休止しますが、
秋ごろになると、再度花を付けるので秋の花壇も彩ることができます。

ただし、こういった草花は真夏の暑さに弱いものもありますので、
組み合わせ、管理には十分気をつけていきたいところです。

秋ごろまで長期的に楽しみたいという場合は、それぞれの開花時期や、
真夏の管理方法なども学んで計画的な花壇作りをしましょう。

■参考
・花壇 種類 画像つき
・春の花壇
・夏の花壇
・秋の花壇
・冬の花壇
(2013-04-17)
 カテゴリ
 タグ

ウメ 品種の選び方

yaekanko.jpg
八重寒紅


ウメの花には、真っ白な色のもの、薄いピンクのもの、赤いものとあり、
それぞれに品種も色々とあります。

家でウメを育ててみようと思っても、どれを育てて良いのか分からない、
品種選びでつまづいて、なかなか先に進めないということもあるでしょう。

育てるウメの品種を選ぶのは、
そのウメを育てるのと同じくらい楽しい時間でもあります。
ウメの品種選びのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。


[ウメ 品種の選び方]


■地植えをする時の品種選び

・複数か単品種か
地植えでウメを育てる場合、庭の広さによって植えられる本数が決まってきます。
けれど、ウメは剪定をきちんとこなしていれば、意外とスペースをとりません。

横にもやや広がりますが、縦に伸びる枝も多いため、
他の花木に比べるとややコンパクトに仕立てることができるのが魅力です。

花色に白、ピンク、赤とあるように、
できれば複数株のウメを植えて、それぞれの花を楽しみたいものです。

実ウメを育てる場合、2品種以上のウメを育てる場合が多いため、
できれば2株以上を育てると、見栄えもしますし楽しみも増えます。

どうしてもスペースの都合上、1株しか育てられない場合は、
最初に植えた1株が大きく育ってから、高つぎを行うことで、
1株から色の違う花を咲かせたり、結実させたりすることができるようになります。


bungoume.jpg
豊後梅


・花ウメか実ウメか
ウメには主に花を楽しむ花ウメと、実をつける実ウメとがあります。
実ウメは、花ウメに比べると観賞に向かない、
と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

実ウメの咲かせる花の中に、濃い色の花を咲かせる品種がないのは確かです。
けれど、白やピンクの花は、ウメの可憐さや美しさをちゃんと持っています。


八重咲きの品種もあり、花形を比べれば、
実ウメの花も花ウメに見劣りしません。

実ウメにするか花ウメにするかは、やはり実をつけたいかどうかです。
花だけ見れればいい、実は管理が大変そうだから避けたい場合や、
赤い花を咲かせたい場合は、やはり花ウメがお勧めです。

けれど、できれば花も実も楽しみたいということであれば、実ウメがお勧めです。
実ウメの品種は、一般的なウメよりも少し開花期が遅いです。

もし3株以上植えられるのであれば、
実ウメを2種と早咲きの赤い花を咲かせる花ウメ1種を植えると、
長期間最大限にウメを楽しめます。


sirakaga.jpg
白加賀の実


■実ウメを選ぶ時の注意点

花ウメを選ぶ時は、花の色や形、開花時期などから選べます。
それに対して実ウメは、品種同士の相性もあるため、
花の形だけで選ぶとうまく結実しないことがあります。

1. 自家結実性
実ウメは基本的に自家結実性が低く、1本では結実が難しい場合がほとんどです。
実ウメの中には、自家結実性が比較的高いものもあります。

ただ、自家結実性の高い品種であったとしても、
相性の良い別の品種のウメと受粉させることで、結実性が高くなります。

2. 開花時期
実ウメとその受粉木を選ぶ時、最も注意したいのが開花期です。
特に実ウメ同士を受粉させる場合、開花期がずれていると、
片方にしか受粉できないことになります。

先に開花した方の花粉と採取しない場合は、どちらの品種も結実が難しくなります。
受粉木として花粉の多い花ウメを育てる場合は、
花ウメ側の結実は考慮する必要がないため、
必ず花ウメの方が先に開花(あるいは同時に開花)する品種を選びます。

3. 組み合わせ方
実ウメの品種を大きく分けると、3つに分けられます。

A:自家結実性の高い品種(花香実、豊後、長束など)
B:不自家結実性だが花粉の多い品種
(白花:梅郷、南高、稲積など/桃花:月世界、林州、養老など)
C:不自家結実性で花粉も少ない品種(玉英、白加賀など)


1株だけ育てるのであれば、Aグループの自家結実性の高い品種を選びます。
2株育てるのであれば、AグループとBグループから開花期の近いものを選びます。
3株育てるのであれば、AグループとBグループから3品種選ぶか、2品種とCグループから1品種選びます。
どのような組み合わせにするとしても、開花期が近いものを必ず選ぶようにします。

4. 地域に合った品種
日本各地に、優秀なウメの品種がたくさんあります。
それぞれの地域に合っているので、
気に入った品種があったら、それを選ぶのもお勧めです。

秋田県には「鋼梅」、新潟県には「小坂梅」「越の梅」「藤五郎」、
福井県には「剣先」「紅サシ」、佐賀県には「黒姫」「三徳」、
京都府には「城州白」などがあります。


………………………………………………………………………………


sidareume.jpg
愛らしいしだれ梅


■鉢植えをする時の品種選び

鉢植えで育てる場合も、地植えと同じような条件となります。

・複数か単品種か
鉢植えで育てる場合、盆栽であればかなり小さくまとめることもできますし、
実ウメを収穫したいのであれば、大鉢でチャレンジすることもできます。

ただ実ウメを育てるのであれば、地植えの場合と同じように、
自家結実性の高い品種を1株育てるか、
開花期の近い品種を2品種育てることが条件となってきます。

・お正月飾りは?
小さな鉢植えの場合、お正月に開花株を室内で楽しみたいという場合があります。
その場合は、早咲きの品種を選ぶようにします。

早咲きの品種であれば、その年の気候によって、
12月中旬頃から蕾がほころび始めることもあるくらいです。

開花したらできるだけ寒い室内に置き、花を観賞します。
開花中は日当たりがなくても構いませんが、
花が終わったら日向に置き場所を移動させます。

■参考
・梅の木の育て方

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

sicilian-rouge3.jpg シシリアンルージュは、とても育てやすく、
調理用のトマトの代表種です!

調理用トマトでソースやピザを作ったら極旨!
家庭菜園で完熟させたトマトは、最高の味。
ちょっとしたコツで甘く大きく大収穫が可能。
狭いスペースで高品質トマトを栽培できます。
そんなコツを菜園仲間とご紹介しています。
ぜひ、覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
>>トマトの育て方.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録