花・植物のカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

スポンサードリンク

カテゴリ:花・植物

花・植物のカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
シクラメン 選び方

2016-12-03 花・植物
花屋さんで、多くのシクラメンを見るとどれも欲しくなりますシクラメンは晩秋から春まで、長期間、花を咲かせる貴重な植物です。いざ、シクラメンを育ててみようと、お店…

記事を読む

初夏の花壇

2016-04-26 花・植物
夏の訪れを感じさせるケイトウ爽やかで生命力に溢れた初夏の花壇は、花色がたいへん綺麗に見える季節ですので、花壇作りも「色」を効果的に使うのがお勧めです。また、こ…

記事を読む

シクラメン 選び方

hanaya (2).jpg
花屋さんで、多くのシクラメンを見るとどれも欲しくなります


シクラメンは晩秋から春まで、長期間、花を咲かせる貴重な植物です。
いざ、シクラメンを育ててみようと、お店に並んでいるシクラメンを前にすると、
いったいどれを購入すれば良いのか迷うことがあります。

シクラメンには、大輪の花を咲かせて、冬は室内で管理するタイプと、
戸外で寄せ植えや花壇に活躍するガーデンシクラメン、
それから花は小さくても魅力がいっぱい詰まった原種シクラメンがあります。

購入時に良い苗を選べば、持ち帰ってすぐに枯れたという失敗も防げます。
シクラメン、ガーデンシクラメンの良い苗の特徴や、選び方をまとめました。 


» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

初夏の花壇

keito.jpg
夏の訪れを感じさせるケイトウ


爽やかで生命力に溢れた初夏の花壇は、
花色がたいへん綺麗に見える季節ですので、
花壇作りも「色」を効果的に使うのがお勧めです。

また、この時期は開花を迎える花の多い季節ですので、
花の選択肢は1年の中でもとても多いと言えます。

その植物の色や特性、開花時期を考えて花壇作りをしましょう。


rose (2).jpg
バラをメインにしたナチュラルな花壇


■暖色系の色を効果的に使う

ダリア、グラジオラスなど球根植物、
金魚草、ダイアンサス、ベゴニア、ペチュニア、
ケイトウ、インパチェンスなどを中心とした暖かい色が映える時期です。

ピンク・赤・オレンジ・黄色の色に白を合わせると、
とても鮮やかでゴージャスな花壇が楽しめます。


Salvia farinacea Benth.jpg
ブルーとホワイトのサルビアで大人っぽく


■寒色系の色を効果的に使う

初夏のまだ涼しい季節をイメージさせる花壇を作るには、
ブルーやパープルといった寒色系の色味を使うのが効果的です。

さらに、ホワイトや淡いピンクなどを入れると優しい色合いになり、
ソフトな印象を与える花壇を作ることができます。


yagurumagiku.jpg
ヤグルマギク、薄いピンクや白も綺麗です


Delphinium.jpg
C)イングの森 デルフィニウムは繊細な花びらが魅力、5〜7月まで咲きます


デルフィニウムやブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)、
ブルーのヤグルマギク、アゲラタムなどに、
ペチュニア、インパチェンスの薄いピンク、白いユリ、
などを組み合わせるのがお勧めです。


yuri.jpg
テッポウユリ、3〜4年植え付けたままで毎年咲きます、凛として上品です


■初夏から秋までの開花を考えた花壇作り

初夏の花壇を彩る花は、秋まで楽しむことのできる花も多くあります。
例えば、ベゴニアやセンパフローレンス、サルビア、マリーゴールドなどです。


AgeratumA.jpg
アゲラタム、愛らしい花が次々に咲くのが魅力です


バーベナピンクパフェ.jpg
バーベナも秋にまた楽しめます


さらに、アゲラタム、バーベナなどは真夏には小休止しますが、
秋ごろになると、再度花を付けるので秋の花壇も彩ることができます。

ただし、こういった草花は真夏の暑さに弱いものもありますので、
組み合わせ、管理には十分気をつけていきたいところです。

秋ごろまで長期的に楽しみたいという場合は、それぞれの開花時期や、
真夏の管理方法なども学んで計画的な花壇作りをしましょう。

■参考
・花壇 種類 画像つき
・春の花壇
・夏の花壇
・秋の花壇
・冬の花壇
(2013-04-17)
 カテゴリ
 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

hurutexika.jpg フルティカは美味で多収の中玉トマト!

トマトを育てるなら もう本格始動です!
家庭菜園で完熟させたトマトは、最高の味。
ちょっとしたコツで甘く大きく大収穫が可能。
狭いスペースで高品質トマトを栽培できます。
そんなコツを菜園仲間とご紹介しています。
ぜひ、覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
>>トマトの育て方.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録