sidareume.jpg
10月も大切に世話をするとたくさんの花が咲きます


10月に入ると、気候も涼しくなりウメも過ごしやすくなってきます。
しかし、なかには、夏の気候に疲れて葉を落とすことがありますが、
本来であればまだまだ活動中です。

害虫が発生する可能性がまだあるため、よく観察して栽培を続けます。


[ウメの育て方 10月]


■基本の栽培管理

・ウメの状態
ウメの枝にはまだたくさんの葉が残っていて、盛んに光合成を行っています。
光合成して養分を作りだして溜めこんでおくことで、
次の開花までの体力を養っている状態です。

この時期にできるだけ葉を残しておくと、次のシーズンの開花数が増えます。
盛夏に比べると根も動いているので、水の吸い上げが強くなります。

意外と土が乾燥することもあるので、水切れには十分注意します。
水切れや害虫の発生などによって葉の数が減ると、
株を充実させるのに最適なこの時期が無駄になってしまいます。

晩秋になって紅葉し、落葉するまで、できる限り多くの葉を残すようにします。

・水やり
地植えにしている株は、雨の降らない日が続き、土が乾くようであれば水を与えます。
鉢植えにしているものは、土の表面が乾いて白っぽくなったら、
たっぷりと水を与えるようにします。

10月は雨の日もありますし、一日中晴れる日というのもなかなかないので、
毎日水やりをする必要はありません。
土が湿っている間は水やりを控え、乾いてから与えるようにします。

・追肥
地植えにしている株には追肥は不要です。
鉢植えにしている株も、9月下旬に与えていない場合のみ、
10月上旬までに追肥をしておきます。

・病害虫の予防
10月上旬頃までは、コスカシバの幼虫が発生する可能性があるので、注意しておきます。
こまめに見回りをして、幼虫がいないかのチェックを行っておきましょう。


kosukasiba.jpg
コスカシバの幼虫に引き続き注意してください


■その他の作業

・植え替え、植え付け
この時期は植え替えや植え付けができますが、本来は春に植え付けた方が無難です。
特に寒冷地で育てている株は、
これから生育期に入っていく春に掘り上げや植え替えの作業を行った方が安全です。

鉢植えの植え替えの場合も、
根詰まりを起こし植え替えが必要な場合は、10月中でも植え替えは可能です。

ただ、植え替えを行うことによって、根が多少は傷みます。
そのために大切な葉が早く落ちたり、萎れたりすることがあるので、
できるだけ春に植え替えをします。
苗木や幼木の場合、すでに葉がない状態のものは植え付けが可能です。


siroume.jpg
なるべく多くの葉を残すよう、手入れをすると、良い花が咲きます


・針金の取り外し
枝のしつけに針金をかけている株は、今月中にはずしておきましょう。
今のうちに針金をはずしておくことで、
枝に針金が食い込んでしまうのを防ぐことができます。

・腹接ぎ
台木の側面に接ぎ木を行う腹接ぎは、今月の中旬頃まで作業が可能です。
接ぎ木にもたくさん種類はありますが、
腹接ぎは穂木と台木の接地面が広く、活着率が高いので初心者の方にお勧めです。

■ウメの育て方 10月のポイント
1.葉を残すように水切れと害虫に注意します
2.水は土が乾いてから与えるようにします
3.苗木と根詰まりをしている株は植え替えの適期です 


■参考
・梅の木の育て方
・しだれ梅の育て方と剪定
・ウメ 咲かない理由は?
・ウメの木 実がなるまで
・ウメの木 実がならない理由は?
・ウメの木の消毒は?
・ウメ 挿し木の方法
・ウメの木の手入れ
・ウメの育て方 1月
・ウメの育て方 2月
・ウメの育て方 3月
・ウメの人工授粉
・ウメ 盆栽の育て方
・ウメ 苗木購入のコツ
・ウメ 種からの育て方
・ウメの肥料
・ウメ 鉢植えの育て方
・ウメの病気|症状と対策
・ウメの害虫|種類と対策
・ウメの摘果は?
・ウメ 品種の選び方
 カテゴリ
 タグ