スイカのカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

スポンサードリンク

カテゴリ:スイカ

スイカのカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
スイカ栽培と病気対策

2013-02-12 スイカ
スイカはウリ科のつる性一年草ですスイカ栽培、だいじに育てていても、病気にかかって収穫ができなかったり、苗が駄目になってしまうと本当、がっかりです。そのような事…

記事を読む

スイカ栽培の土壌環境|甘く大きな収穫のために

2013-02-04 スイカ
おいしいスイカをたくさん作るには、土作りが大切ですスイカ栽培を行う際に、手入れとして摘芯作業を行いますがスイカの茎に直接手入れをするだけではスイカは育ちません…

記事を読む

スイカ栽培と病気対策

  •  投稿日:2013-02-12
  •  カテゴリ:スイカ
suikanew.jpg
スイカはウリ科のつる性一年草です


スイカ栽培、だいじに育てていても、
病気にかかって収穫ができなかったり、
苗が駄目になってしまうと本当、がっかりです。

そのような事態を回避するためにも、
ここではスイカ栽培における、
主な病気の原因と対策方法をご紹介します。


kodamasuikanew (1).jpg
スイカ着果!


■炭そ病

・病態
葉や茎や結実した実に発生します。
褐色の斑点のようなものが出来て穴が開いたり亀裂が生じ、
進行する枯れてしまいます。

・原因
カビ菌が原因によっておきます。

・対処と対策
スイカ栽培だけでなく春から秋にかけて、
また雨の多い時期に発生しやすい病気です。

風通しを良くし、水は根元にあげるようにすることが必要です。
予防のために殺菌剤を散布するのも有効ですが、
スイカに適したものを使用するようにしましょう。

また、発症してしまった場合は、
その部分の葉や茎は取り除いてゴミに出しましょう。
そのまま苗の近くに置いておくとほかに感染することがあります。
 

■つる割れ病

・病態
茎に斑点が生じカビが生えることがあり、
ヤニのようなものが出てきます。
最終的には全体が枯れてしまいます。

・原因
土の中にいる菌(フザリウム属の病原菌)が、
根から進入して感染します。

・対処と対策
連作をすると発病しやすいので連作をしないようにしましょう。
また、病原菌は土の中で冬を越してしまうので、
つる割れ病が発生した場合は土を入れ替えることが必要です。

接ぎ木されているものはつる割れ病に強いので、
接ぎ木された苗を使用するのが安心です。
 

kyuri.jpg  
キュウリなどもかかりやすいつる枯病

 
■つる枯病

・病態
茎に斑点が生じてヤニのようなものが出てきます。
主に葉に発生する事が多いといわれていますが、実に出る事もあります。
炭そ病と間違われやすいですが、
褐色の病斑は大きく病斑上に小黒粒が出来るのが特徴です。

・原因
糸状菌の一種が感染する事により発生します。

・対処と対策
つる割れ病同様に連作によって多発するので連作をしない。
高温多湿の時に発生しやすいので、
日当たりがよく風通しの良い環境で栽培するようにしましょう。

発生してしまった場合は、その株=蔓全体を撤去してください。
撤去せずにいると小黒粒内に菌の胞子があるため、
降雨などで他に感染してしまいます。

 
suikatekisinn-2b342.jpg
ワラなどを敷いてやると病気にかかりにくいです


◎これらの3つの病気対策は、 
・清潔な用度を用いること、
・接ぎ木苗を使うこと、
・薬剤散布をすること、 


などで予防するのが一番効果的な対策方法です。

発生してからではせっかくの苗を無駄にしてしまいますので、
まず、予防に徹することが大切です。

■参考
・スイカ栽培 タネまきの方法
・小玉スイカ(西瓜)の育て方
・スイカの鉢 栽培
・スイカ プランター 栽培
 カテゴリ
 タグ

スイカ栽培の土壌環境|甘く大きな収穫のために

  •  投稿日:2013-02-04
  •  カテゴリ:スイカ
suika (3).jpg
おいしいスイカをたくさん作るには、土作りが大切です


スイカ栽培を行う際に、手入れとして摘芯作業を行いますが
スイカの茎に直接手入れをするだけではスイカは育ちませんね。

一番大事なのが「土」つまり、土壌環境です。
ここでは、土壌環境をどのようにして作り出すのかを説明してきますね。

スイカ栽培の方法は、畑で育てる場合と、
プランターで育てる場合の2つに分かれます。
そこで、畑の場合とプランターや鉢の場合に分けてご紹介します。


suika (4).jpg
水捌けの良い土にします


■畑の場合

スイカの苗を植えつける、
約2週間前には土壌環境を作りはじめます。

・土を耕す 時期:2週間前
まず、畑を耕してあげましょう。
畑を耕すのは通気性を良くし、水捌けを良くする目的があります。

接木ががされたスイカの苗は病気に強いのですが、
種から育てる場合は病気に弱く、
水捌けが悪いと発生しやすい病気もあるので、
排水性を良くしておくことは、とても大切です。 


耕す際には小石や雑草も一緒に取り除きましょう。
耕すというと鍬(クワ)がないとできないと思うかもしれませんが、
大きなスコップやシャベルでもだいじょうぶです。


sekkai.jpg
石灰は粒状のものが飛び散りにくく便利です


・石灰を混ぜる 時期:2週間前
石灰を混ぜるのはスイカが酸性土壌を嫌うためです。
元々の日本の土壌は酸性土壌になりやすい性質を持っています。

スイカの栽培に適した土壌の酸性度はpH6.0〜6.5になります。
pH7が中性ですので、弱酸性の土壌になりますね。

ジャガイモやサツマイモ以外の野菜の場合は、
適している土壌の酸性度がこの程度である事が多いです。
酸性度が高い状態を中和するには石灰を使用します。

石灰を一平方メートルあたり150gの計算で撒きます。
表面に撒いたら終わりではなく撒いたらよく土を混ぜましょう。

・元肥を混ぜる 時期:畝を作る時
元肥というのは植物を植える前にあらかじめ土に与えておく肥料のことです。
スイカ栽培の場合は結実してから肥料が効いてくるのが理想です。

初めの時点での肥料(特に窒素の量)が多いと、
蔓ボケを起こしてしまいますので注意しましょう。


元肥には有機質肥料を使用すると良いでしょう。
土を30cm程掘った溝に元肥を入れて埋めます。
その後に畝をつくり、そこに苗を植えます。


suikahatidukuri300.jpg
プランターや鉢でもよく育ちます


■プランター、鉢の場合

プランターや鉢でのスイカ栽培は、
土は野菜用園芸土(培養土)を使用すれば十分です。

培養土にはあらかじめ肥料が入っている物が多いので、
元肥をいれず、結実してから追肥をするようにします。


suika (2).jpg
今年も甘いスイカが食べられますように!

■参考
・スイカ栽培 タネまきの方法
・小玉スイカ(西瓜)の育て方
・スイカの鉢 栽培
・スイカ 栽培、摘心 受粉のコツ!
・スイカの実にヒビが入る、割れる理由は?
・スイカ プランター 栽培
 カテゴリ
 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

hurutexika.jpg フルティカは美味で多収の中玉トマト!

トマトを育てるなら もう本格始動です!
家庭菜園で完熟させたトマトは、最高の味。
ちょっとしたコツで甘く大きく大収穫が可能。
狭いスペースで高品質トマトを栽培できます。
そんなコツを菜園仲間とご紹介しています。
ぜひ、覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
>>トマトの育て方.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録