アジサイ 育て方12ヶ月のカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

■現在の人気記事

スポンサードリンク

カテゴリ:アジサイ 育て方12ヶ月

アジサイ 育て方12ヶ月のカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
アジサイの育て方 12月−下旬から寒肥を与えます

2013-06-23 アジサイ 育て方12ヶ月
冬枯れのアジサイの花12月のアジサイは、休眠期に入っています。休眠期とは言え、アジサイにとっては花芽の分化の最終段階と、とてもに大切な時期ですので、お手入れが必…

記事を読む

アジサイの育て方 11月−落葉し休眠期に入ります

2013-06-22 アジサイ 育て方12ヶ月
人気のアナベル11月になると、しばしば霜がおりるようになり、アジサイは、落葉後、休眠期に入っていきます。アジサイは、休眠していても、先端部の芽の中では、分化の作…

記事を読む

アジサイの育て方 12月−下旬から寒肥を与えます

ajisai (6).jpg
冬枯れのアジサイの花


12月のアジサイは、休眠期に入っています。
休眠期とは言え、アジサイにとっては花芽の分化の最終段階と、
とてもに大切な時期ですので、お手入れが必要です。
人間にとっても寒い時期ですが、しっかりと管理しましょう。


■アジサイの育て方と栽培 12月

●12月のアジサイの栽培ポイント
12月のアジサイの作業で重要なのは、剪定の作業です。
また、この時期は植え替え、植え付けも可能です。
寒いとは言え、水やりなどは欠かせないものです。


ajisai (3).jpg
来年の花が楽しみ、剪定で花芽をすべて落とさないように


●主な栽培作業

・剪定
花芽は枝の先端部につくものですから、全体的に剪定をすると、
花芽がつかない、落としてしまうといったトラブルになります。
目安としては、枝をすかすような形で剪定を行なうと良いです。

・鉢植えの置き場所
落葉後は、日陰での管理がポイントとなりますが、
この12月の寒い時期は、寒風の被害にも遭いやすいので、
寒風の当たらない場所に置くようにします。

・水やり
休眠期のアジサイも、水やりは必要です。
鉢の表土が乾いたら、たっぷりと水を与えるようにしてください。


ajisai (4).jpg
あと6ヶ月でアジサイの花が見られます


・肥料
12月下旬〜2月上旬までに、寒肥を与えます。
この際に使用する肥料は、有機質肥料がよいですが、
秋以降に植えた株に関しては、
肥料は必要ありませんので注意しましょう。

また、株の生育年数に合わせて肥料を与えることも大切です。
2年〜3年ほどの株には、窒素分や油粕、
4年以上のものに関しては、油粕7割に対して、
骨粉3割の混合肥料を与えます。

寒肥は、じわじわと効果のあるものですので、
庭植えの株には、1度与えれば追肥は不要です。

鉢植えに関しては、一度に大量の寒肥を施せないので、
5号鉢なら10グラムずつ、6号鉢なら20グラムずつと、
少しずつ与えるようにしてください。

・病害虫
特にありません。

・植え付け、植え替え、株分け
寒冷地では、春以降に行うことが理想的ではありますが、
12月も植え付け、植え替え、株分けができます。

■参考
・アジサイの育て方12ヶ月


 タグ

アジサイの育て方 11月−落葉し休眠期に入ります

AnaabelleB.jpg
人気のアナベル


11月になると、しばしば霜がおりるようになり、
アジサイは、落葉後、休眠期に入っていきます。

アジサイは、休眠していても、
先端部の芽の中では、分化の作業が進んでいます。
この間のお手入れも、しっかりと行いましょう。


gakuajisai.jpg
ガクアジサイ


■アジサイの育て方と栽培 11月

●11月のアジサイの栽培ポイント
北アメリカを原産とするアナベルなどは例外となりますが、
この時期のアジサイは、日本の寒風に対する対策が必須です。

鉢植えは、寒風を避けられる場所に移動するなど、
寒さに対する対策は、翌年の開花のために必ず行ないます。

●主な栽培作業

・剪定
休眠期に剪定の必要な植物もありますが、アジサイの場合は、
休眠期だからとは言え、剪定が絶対必要な植物ではありません。
しかし、株元より多くの枝が伸びてくるので風通しが悪くなります。
病気予防のためにも、枝は少々剪定を行うと良いでしょう。

・鉢植えの置き場所
アジサイの鉢植えの落葉がまだ終らないうちは、
日光の当たる場所で管理します。

落葉後は、日陰に置きますが、寒い地域の場合には、
寒風を避けられる場所であるようにしてください。


ajisaiaki.jpg
枯れたアジサイ


・水やり
休眠期でも、水やりの作業は行います。
株は休眠しているとはいえ、生きていますから、
乾燥したら充分に水をあげてください。

・肥料
与えません。

・病害虫
うどんこ病の発生がみられる株に注意してください。
落葉した葉は、焼却するなど、きれいに処分することが必要です。

・植え付け、植え替え、株分け
落葉後は、植え付け、植え替え、株分けが可能です。
北海道、東北地方、北陸地方は春に行うのが無難です。

・防寒対策
寒冷地では、寒冷紗などの資材で防寒対策を行います。
ビニールマルチを使用して地温を高めることもできますが、
通気性が悪くなるのであまりおすすめできません。

■参考
・アジサイの育て方12ヶ月

 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

aiko.jpg アイコ、水と施肥で甘さと皮の厚さが変わる!

momotaro.jpg 桃太郎シリーズを全部育てみたいですね♪

多収穫のミニトマト、ソバージュ(放任)栽培、 調理用トマトなど様々に楽しめるトマトは魅力的。
園芸仲間の栽培日記もあります。
どうぞ、ブログを覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
>>トマトの育て方.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録