アジサイ 育て方12ヶ月のカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

スポンサードリンク

カテゴリ:アジサイ 育て方12ヶ月

アジサイ 育て方12ヶ月のカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
アジサイの育て方 1月−凍結対策や防寒対策を

2017-01-01 アジサイ 育て方12ヶ月
休眠するアジサイアジサイは、もともとそれほど寒さに弱い花木ではありませんが、乾燥している寒風に晒されるのは苦手で枝枯れの心配があります。逆に、雪の積もる場所の…

記事を読む

アジサイの育て方 6月−2.開花の梅雨時こそ水やり注意して

2016-06-16 アジサイ 育て方12ヶ月
アジサイ、ピンク系も華やか6月に入り、温度が上昇し気候が良くなると、アジサイの花が嬉しそうに咲き始めます。新しい葉も、鮮やかに生長し、アジサイを愛する人には、…

記事を読む

アジサイの育て方 1月−凍結対策や防寒対策を

ajisai (2).jpg
休眠するアジサイ


アジサイは、もともとそれほど寒さに弱い花木ではありませんが、
乾燥している寒風に晒されるのは苦手で枝枯れの心配があります。
逆に、雪の積もる場所の方が紫陽花は育てやすく、
乾燥する地域のでは、充分に枝枯れに注意してください。


■アジサイの育て方と栽培 1月

●1月のアジサイの栽培ポイント
雪の積もる地域では、凍結対策や防寒対策を行います。
からっ風の吹く地域では、防寒対策、寒風対策、乾燥対策を主に行います。

地方によって、注意するポイントが異なる時期ですので、
お住まいの地域は何処にあたるのか、どういった管理が必要かを、
事前にチェックしておくと安心です。


kasiwabaajisai-acaae.jpg
カシワバアジサイ、休眠枝挿しができます


●主な栽培作業

・鉢植えの置き場所
1月のアジサイの鉢植えは、寒風に当たらない場所で管理します。
日光は当たらなくても問題のない季節ですので、
寒風対策として、軒下などで管理すると良いでしょう。

・水やり
「花のささやき」「雨情」「ひめご」といった品種のアジサイは、
特に乾燥に弱いので、注意してください。

鉢植えは、土の表面が乾いた時に充分に水を与えることが大切ですが、
土が凍って乾くこともありますので、充分に気を付けてください。
庭植えには、水やりは不要です。

・肥料
この時期は、寒肥を施します。

・病害虫
特にありません。


tamaajisai2-bc6d1.jpg
タマアジサイも休眠枝挿しができます


・植え付け、植え替え、株分け
関東地方より西の比較的暖かい場所では、これらの作業が可能です。
その他の寒冷地に関しては、春頃に行うようにしましょう。

・挿し木
発根しにくいカシワバアジサイや、タマアジサイは1月下旬以降、
挿し木=休眠枝挿しの適期を迎えます。詳しくは下記をご覧下さい。
>>アジサイの休眠枝挿し 冬の挿し木方法

■参考
・アジサイの育て方12ヶ月

(2013.06.24 初出)
 タグ

アジサイの育て方 6月−2.開花の梅雨時こそ水やり注意して

ajisai3.jpg
アジサイ、ピンク系も華やか


6月に入り、温度が上昇し気候が良くなると、
アジサイの花が嬉しそうに咲き始めます。

新しい葉も、鮮やかに生長し、
アジサイを愛する人には、とても嬉しい季節です。


kasiwabaajisai.jpg
カシワバアジサイ、根強い人気


アジサイ育て方栽培 6月

・置き場所
アジサイの鉢植えの場合、
じゅうぶんに日光の当たるところに置きましょう。
日光をたくさん浴びると、赤い花や濃い色の、
本来の美しさが出てきます。

室内で楽しむ場合も、しっかり色づいてから、
屋内に移動します。

・水やり
鉢植えは、表土の表が乾いたら、
たっぷり水をあげます。
アジサイは、葉から蒸発する水分が多いので、
鉢植えでは、とくに注意して水やりします。

梅雨には雨が降っているので、
水やりは不要と思うときが多いですが、
葉が茂っていて水が鉢に入ってないこともあります。
葉を持ち上げて、表土の状態を見てください。

・肥料
花が終わった株には、お礼肥をします。
固形肥料や緩効性化成肥料を少なめに、
月に1〜2回、与えましょう。

・病害虫
アブラムシ、ハダニが発生する時期です。
殺虫剤を散布します。
害虫は葉裏を好むので、
葉裏にも殺虫剤をかけるのがコツです。

ハダニは殺ダニ剤を散布します。
コウモリガの幼虫が発生するので、
発見したら被害枝を取り除きます。

根株が弱っていると、病虫害に見舞われやすいので、
ふだんから、風通しが良い、日照や水やりも適切な、
株に仕立てるのが病害虫防御のコツです。

6月は、挿し木、とり木で、アジサイを増やせる季節です。
詳しくは下記をご覧ください
・アジサイの育て方 6月−1.挿し木、とり木、剪定を

■参考
・アジサイの育て方12ヶ月
・アジサイの苗や株の選び方|栽培を始めるかたに
・アジサイ(紫陽花)の育て方
・アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき
・アジサイの鉢植えを地植えにするコツ!
・アジサイ(紫陽花)に花が咲かない理由は?
・アジサイの花の色
・ツルアジサイの育て方
・フェアリーアイの育て方
・アナベル(山アジサイ)の育て方
・アナベル(山アジサイ)の挿し木方法
・エンドレスサマー 二季咲きアジサイの育て方

>>アジサイの苗を見てみる
 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

jagaimo-ippai.jpg 標準プランター栽培、種芋の10倍以上の収穫!

ジャガイモを育て収穫し食べたことあります?
初めて食べたら、絶対驚きハマります。
市販の新ジャガと別物の深い味わいと歯触り。
土地が狭くても袋やプランターで大収穫。
今回は、菜園仲間3人とサイトを作りました。
ぜひ、おいでくださいまし〜♪
↓  ↓  ↓
ジャガイモ栽培.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録