果樹のカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

スポンサードリンク

カテゴリ:果樹

果樹のカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
グレープフルーツ 種の育て方

2015-05-03 果樹
グレープフルーツの種を見つけたら、育ててみたいです!■グレープフルーツ 種の育て方グレープフルーツは、もちろん種から育てることができます。ただし、種から育てる…

記事を読む

グレープフルーツ 実がならない理由は?

2015-05-01 果樹
なんとも可愛らしいグレープフルーツ■グレープフルーツ 実がならない理由は?1.株がまだ若いホームセンターや園芸店などで市販されている接ぎ木苗であれば、植え付けて…

記事を読む

グレープフルーツ 種の育て方

  •  投稿日:2015-05-03
  •  カテゴリ:果樹
grapefruit.jpg
グレープフルーツの種を見つけたら、育ててみたいです!


■グレープフルーツ 種の育て方

グレープフルーツは、もちろん種から育てることができます。
ただし、種から育てると実が生るまでは、10年以上はかかります。

観葉植物として楽しんで、花も咲き実もなればたいしたものです!

・種を準備する
市販されているグレープフルーツから種をとる場合は、
種を傷つけないように実から取り出します。

取り出した種の表面には、ぬるぬるとしたものがついているので、
これがとれるまで水でよく洗います。

・種をまく
よく洗って種の表面のぬめりがとれたら、いよいよ種まきです。
5号くらいのサイズの鉢やミニプランターを用意します。

容器に小粒の赤玉土や市販されている種まき用土を入れます。
指で1cmくらいの深さの穴をあけ、そこに種を入れて土をかぶせます。

種が必ず発芽するとは限りませんので、
複数の種を間隔をあけてまくようにしましょう。

種をまいたら容器の底から水が出てくるまで、たっぷりと水を与えます。
水を与える時は、種が流れてしまわないように優しく与えましょう。

発芽するまで土があまり乾かないように管理し、
半日陰〜日当たりの良い場所に置きます。

夏の暑い時期などは、あまり日当たりの良い場所に置くと、
土が乾燥しやすくなるので注意してください。

・発芽したら
季節にもよりますが、暖かい時期であれば10日〜2週間ほどで発芽します。
園芸用の種でない種は、気まぐれなことがあるので、
発芽しないといって諦めずにいると、忘れた頃に発芽することもあります。

発芽した後、鉢やプランターの大きさや発芽した数によりますが、
容器が狭くないようであればそのまま育てます。

日当たりの良い場所に置き、土の表面が乾いたら、
容器の底から水が出てくるまでたっぷりと水を与えるようにします。

・水の管理
種をまいてから発芽までは、あまり土が乾かないように注意しますが、
発芽してからは、土の表面が乾いてから水を与える程度で充分です。

夏の間は気温も高く、鉢が小さいと土の量も少ないので、乾きやすくなります。
朝と夕に土の状態を確認し、乾いているようであれば与えるようにしましょう。

冬の間は、気温も下がり土が乾きにくくなります。
土の表面が乾いたと感じてから、3日〜5日ほど経ってから水を与えます。

・肥料
葉の数が数枚なってから、ある程度苗が大きくなるまでは、
緩効性の固形肥料を1ヶ月に1回程度与えます。

緩効性の固形肥料は、メーカーや種類によって効果が持続する期間が違います。
肥料のパッケージの裏などに、期間が記載されていますので、確認しましょう。

肥料を与える時は、前回与えた固形肥料を
必ず取り除いてから新しい肥料を与えるようにします。


grapefruit007.jpg
葉が艶やかできれいですから見ていて楽しみです


・植え替え
種をまいた鉢やプランターが狭くなってきたら、植え替えをしましょう。
葉が何枚か出ている状態であれば、植え替えは可能です。

基本的には春が植え替えと植え付けの適期ですが、
まだ小さいうちであれば、真夏と真冬以外は植え替えを行えます。

どちらかというと生育旺盛に育っている時に根詰まりを起こしてしまう方が、
枯れてしまう確率が高くなるので注意します。

1つの容器に複数の株が発芽した場合は、
最初の植え替えの時点で1株ずつに分けるようにます。
株を分ける時、乱暴にすると根が傷んでしまうので、優しく扱いましょう。

最初はあまり大きな容器でなくても構いません。
あまり大きな容器に植えてしまうと、
土の量が多すぎて過湿の状態になりやすくなります。

新しく用意した容器の底が隠れる程度の鉢底石を敷きます。
その上から用土を入れ、分けた苗を植え付けます。

生育の速度にもよりますが、苗が小さいうちは鉢も小さいですので、
1年〜2年に一回くらいのペースで鉢を少しずつ大きくしながら、
植え替えてあげるといいでしょう。


grapefruit.jpg
このようになるのを期待しつつ育てています


・冬の管理
グレープフルーツはあまり耐寒性がありません。
0度くらいまでしかもちませんし、霜にあてないようにする必要があります。

暖地であれば、日当たりの良い軒下などでも越冬できるかもしれませんが、
安全策をとって室内に取り込むようにします。

11月を過ぎ、だんだんと寒くなってきたら、鉢ごと室内の日当たりの良い場所に取り込みます。
暖房の入っている部屋でも構いませんが、
暖房器具の風や熱が直接当たらない場所で管理します。
また、日が暮れると窓辺は案外冷えるものです。

日中は窓辺で日光浴させ、日が暮れたら窓から離すと良いです。
春になり、気温が安定してきたら、また外に出して育てます。

■参考
・グレープフルーツの植え替えは?
・グレープフルーツの育て方 栽培方法
・グレープフルーツ 実がならない理由は?
 カテゴリ

グレープフルーツ 実がならない理由は?

  •  投稿日:2015-05-01
  •  カテゴリ:果樹
grapefruit006.jpg
なんとも可愛らしいグレープフルーツ


■グレープフルーツ 実がならない理由は?

1.株がまだ若い
ホームセンターや園芸店などで市販されている接ぎ木苗であれば、
植え付けてから3年〜5年ほどすれば実をつけるようになります。

ところが、種から育てた実生苗の場合は、
実をつけるようになるまでもっと時間がかかります。

グレープフルーツを育てている環境によっては、
1年〜2年育てた段階で花を咲かせることもありますが、
たいていは着果せずに終わってしまいます。

実生から育てたグレープフルーツであれば、
少なくとも10年はかかります。

種をまいてから20年近く経ってから、
やっと実をつけるようになったという話もあるので、
まだ育てて間もない株であれば、気長に待ってみましょう。

2.剪定に問題がある
株がすでによく育った状態なのに、実をつけない場合は、
剪定方法が間違っている可能性があります。

グレープフルーツは、前年や前々年に伸びた、
春の新梢から発生した枝に花芽をつけます。

そのため、春の新梢を切り戻してしまうと、
その分花芽の数を減らしてしまうことになり、
最悪は全ての花芽を切り落とすことになります。

グレープフルーツの剪定は、
春と初夏の2回が適期とされていますので、
それ以外の時期に不用意に剪定するのは避けるようにしましょう。

剪定の時には、勢いよく上に伸びる徒長枝や、
混みあっている場所の枝をすくように間引き剪定を行うようにします。

こうすることにより、株の中心まで太陽の光が入るようになり、
株の生育がよくなり、花付きや実付きがよくなります。
また、風通しもよくなるので、病気の予防にもつながります。


grapefruit005.jpg
グレープフルーツは、摘果すると実つきが良くなります


3.毎年実をつけない場合は?
グレープフルーツは、ブドウのように房状に、
実をつける姿からその名がつけられました。

あの大きな実を房状につけさせるとなると、
相当の養分が必要になります。

鉢植えなどで、生育を制限しながら育てていれば、
自然に任せたまま実をならせてしまうと、
翌年に養分不足で実をつけなくなることがあります。

地植えにしていても、やはり摘果せずにそのまま実をつけさせると、
体力を消耗しすぎて、翌年の実付きが悪くなります。

これを避けるためには、摘果を行いましょう。
6月〜7月頃、着果した実の中で、
生育の悪いものや枝の陰になって日当たりの悪い実を摘果します。

目安としては、葉の数が70枚〜90枚に実を1つつけるようにします。
100枚〜150枚に1つにできれば理想的です。

グレープフルーツの鉢植えの場合は、
1株に1つ〜3つまでに限定すると、体力の消耗を防ぐことができます。
*写真協力 C)季節の花300

■参考
・グレープフルーツの植え替えは?
・グレープフルーツの育て方 栽培方法
 カテゴリ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

2017.jpg
秋植え野菜、植え付けましたか? 今年は、はつかネギ、エシャロットに初挑戦。 ホワイト六片を始めとするニンニクたちは、
葉ニンニク生ニンニクが超美味なので連投。
基本の育て方と菜園仲間の栽培記録もご紹介。
ぜひ、覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
>>ニンニク栽培.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録