果樹のカテゴリ記事一覧

花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪

■現在の人気記事

スポンサードリンク

カテゴリ:果樹

果樹のカテゴリ記事一覧。花、野菜、果樹の育て方と栽培管理方法を初心者のかたにも分かりやすく、ご紹介しています。元気で楽しい園芸生活を目指しています。園芸命♪
ヒメリンゴの育て方

2020-01-23 果樹
ヒメリンゴの愛らしい果実ヒメリンゴの花も綺麗ヒメリンゴはバラ科の落葉中高木で、イヌリンゴ、セイヨウリンゴとも呼ばれます。4月に美しい花が咲き10月ころ結実します…

記事を読む

ビワ 種からの育て方

2019-12-09 果樹
ビワを食べると種を育てたくなりますね C)季節の花300ビワ(枇杷)は、花を咲かせるまで10年ほどかかりますが、種から育てることは可能です。最初のうちは花も咲かせま…

記事を読む

ヒメリンゴの育て方

  •  投稿日:2020-01-23
  •  カテゴリ:果樹
ringo_hime.jpg
ヒメリンゴの愛らしい果実


ringo_himeringo.jpg
ヒメリンゴの花も綺麗


ヒメリンゴはバラ科の落葉中高木で、
イヌリンゴ、セイヨウリンゴとも呼ばれます。
4月に美しい花が咲き10月ころ結実します。

ヒメリンゴで小粒のヒメリンゴは、
盆栽や鑑賞を目的とします。

現在、人気のヒメリンゴは、
サクランボ大くらいの果実をつける品種です。

ズミとリンゴの交配種で、観賞用はもちろん、
盆栽や庭のシンボルツリー、リースの材料としても人気です。

生食してもおいしいく、ジャムや焼酎漬けにして楽しむことができます。
ヒメリンゴは、品種により結実性が異なるので、
1本で結実するかどうかを確認して入手してください。


■ヒメリンゴの育て方

ヒメリンゴは、育て方の容易な果樹です。
植え付けは、秋〜梅雨くらいまでが適宜です。
開花期が早いので秋植えが栽培に適しています。

芽吹いた後に植える場合は、根を崩さないようにそっと植えてあげます。
梅雨以降に植え付けする場合は水やりを忘れずに行います。

ヒメリンゴの用土としては、
水はけと通気性の良い肥沃な土が適しています。

日当たりの良いところに浅く植えてください。
植え穴に堆肥を漉き込み支柱をそえて固定します。

夏には、水分不足による葉やけをしないよう、
乾燥したらたっぷり水をあげましょう。
また、葉がやけない程度に、
やや乾燥気味に管理すると甘みが強くなります。

追肥は、12〜2月ごろ有機質肥料を与えます。

ヒメリンゴの剪定方法は、
ヒメリンゴが若木のうちはあまり切り詰めず、
骨組みを作るくらいの感じで剪定します。

花芽は前の年に伸びた枝の脇芽が伸び、その先端につきます。
短果枝に花芽をつけるように、
主枝や長果枝は12〜1月に先端を少し切り戻ししてあげます。

ヒメリンゴの病害虫としては、
5月頃からアブラムシや黒星病、縮葉病に注意してください。
発見したらすぐ消毒しましょう。

薬剤散布をする前、6月上旬には袋がけし、
収穫の1ヶ月前に袋を外すのが得策です。

>>ヒメリンゴの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ

ビワ 種からの育て方

  •  投稿日:2019-12-09
  •  カテゴリ:果樹
biwa07.jpg
ビワを食べると種を育てたくなりますね C)季節の花300


ビワ(枇杷)は、花を咲かせるまで10年ほどかかりますが、
種から育てることは可能です。

最初のうちは花も咲かせませんし、もちろん実もなりません。
けれど、年々大きくなる姿を見ているだけでも楽しめます。

花が咲くようになるまでは、観葉植物として育てても良いでしょう。


■ビワ 種からの育て方

・タネの準備
スーパーや青果店で買ってきたビワを食べたら、種を残しておきます。
種の表面を水でよく洗っておきましょう。
表面を乾燥させなくても問題ありません。

・種まき
ビワを食べた後、すぐに洗って種をまいてみましょう。
育てたい場所に直接種をまいても良いですが、

しっかりとした苗の状態になるまでは、
鉢植えにしておいた方が管理が楽なのでお勧めです。

最初は育苗用の3号くらいのポットでもいいですし、
3号〜5号くらいの鉢に種をまきましょう。

容器の中に培養土や清潔な土を入れ、種を土に埋めます。
種の上に1cmほど土をかぶせたら、
用土全体がよく湿るように水を与えます。

・日当たり
ビワは耐陰性があるので、日当たりの悪い場所でも育ちます。

けれど、本来は日当たりの良い場所を好むので、
草丈が30cmを超えたら日当たりの良い場所で育てます。

それまでは、あまり強い日光に当てると、用土が乾燥しやすくなり、
葉焼けを起こすこともあるので、半日陰で管理するようにします。

・水やり
発芽するまでは、土が完全に乾いてしまわないように注意します。

ビワは発芽までに少し時間がかかりますが、気長に待ちましょう。
その年に芽が出なくても、忘れた頃に芽が出ることもあります。

発芽した後は、土の表面が乾いたら、
容器の底から水が出るまで、たっぷりと水を与えるようにします。
ビワは過湿を嫌いますので、土が湿っている間は水やりは控えます。


biwa06.jpg
ビワの葉は美しく観葉植物にもなります


・追肥
葉の数が5枚を超えたあたりから、緩効性の固形肥料を与えます。
まだ小さいうちは肥料が効きすぎると、
根が肥料焼けをおこして傷むことがあります。

5月〜10月までの間に、2ヶ月に1回くらいのペースで追肥を行いましょう。

・植え替え
根詰まりを起こしてしまうと、生育が悪くなることがあります。
生長に合わせて容器の大きさを大きくしてあげましょう。

4月〜6月頃、あまり根鉢を崩さず、一回り大きい鉢に植え替えます。

植え替えを繰り返して株が大きくなってきたら、
庭植えにして大きく育てたり、鉢植えにしてコンパクトに育てたりと、
通常と同じように管理することができます。

ビワの通常の詳しい育て方は下記をご覧ください。
>>ビワの育て方と利用方法
 カテゴリ
 タグ
■現在の人気記事


にほんブログ村 花ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
PVランキング
ブログランキングならblogram

■自己紹介

管理人=片岡 静 〒 メール

white6pen003.jpg 今年もニンニクを3種類栽培します。
生のニンニクを食べたら、
もう、美味しくて虜になります!
菜園仲間4人と作った当ブログを、
どうぞ、覗いてみてください♪
↓  ↓  ↓
ニンニク栽培.com

カテゴリ
最近の記事
リンク集


検索ボックス
 
■現在の人気記事


旅行・地域ランキング
ランキングはこちらをクリック!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Yahoo!ブックマークに登録