himawari (6).jpg
株を丈夫に育てれば病気にかかりにくいです


ヒマワリは、病気には強い植物です。

しかし、梅雨の湿度の高いときや、
梅雨明けで一気に温度が上がったときに、
病気にかかる危険性があります。

こちらでは、ヒマワリの病気を症状別に判断し、
具体的対策をご紹介します。

いずれもヒマワリの株を丈夫に育て、
よく観察して早期発見することが大切です。


minihimawari (2).jpg
鉢植えであれば梅雨時は長雨にあてないようにします


■ヒマワリの病気

1. 葉に薄い黄色い斑点ができる
べと病の可能性が高いです。

べと病は、葉に薄い黄色や黄緑の斑点がぽつぽつとできて、
その後斑点が広がっていきます。

葉の裏を見ると、斑点の部分が薄い灰色をして、
カビたようになっています。

ベト病は菌が葉のうらに入り込み、
繁殖してカビさせる病気です。

◎予防と対策
べと病を発見したら、
感染している葉っぱを全部取り除き、焼却、廃棄します。

雨や水やりの時、泥を跳ね上げ、葉の裏に菌が付着します。
株元に敷き藁やマルチをすると、
泥跳ねが少なくなるのでべと病の予防になります。


himawari300.jpg
うどんこ病が出ているヒマワリ


2. 葉の表面が粉をふいたように白くなる
うどん粉病の症状が出ているのでしょう。

うどん粉病は、白いカビが広がってくる病気で、
放置しているとそのうち株全体が真っ白になってしまい、
光合成をして栄養を作ることができなくなります。

そうなると株が十分に生長しなかったり、
花が咲かなかったりということも起きてきます。

葉が密に茂り過ぎて風通しが良くない場合や、
窒素分の多い肥料を多く与えていて、
株が軟弱に育っている場合にも発生しやすいです。

◎予防と対策
風通しが悪いようであれば、
適宜葉を落として風通しを良くします。
鉢植えであれば、置き場の間隔をあけます。

肥料は窒素分の多いものを与えず、
バランスのよいものを与えるようにします。
発生してしまった場合は、発生初期であれば、
殺菌剤などを使って防除・緩和することができます。

3. 下葉に黒っぽい斑点ができる
それは黒斑病の可能性が高いです。
水やりや雨の際に、地面の土が跳ね上がり、
葉の裏に菌が付着して起こる病気です。

そのまま放っておくと、黒斑点がだんだん広がっていき、
やがて葉が黒く溶けたような状態になってしまいます。

◎予防と対策
症状の出ている葉を発見したら、その葉を切り取り、
それ以上広がらないようにしましょう。

また、殺菌剤などで防ぐこともできます。
黒斑病の場合もべと病などと同じように、
土が跳ね上がらないように敷き藁やマルチをすることで、
黒斑病を予防することができます。


■参考
・ヒマワリの育て方
・ミニヒマワリの育て方
・巨大ヒマワリ 栽培のコツ
・ヒマワリ プランター栽培のコツ
 カテゴリ
 タグ