Lemon thyme (2).jpg
やや小型でレモンの香りが爽やかです


レモンタイム(Lemon thyme)は、
シソ科の多年草であるタイムの仲間です。

レモンタイムは名前のようにレモンの香りのするタイムです。
コモンタイムと同様に、料理やティー、ポプリにもできます。

ゴールデンレモンタイムという品種もあり、
明るいグリーンの葉に、黄色い斑が入るので、
とても明るい印象です。


■レモンタイムの育て方

・栽培環境
レモンタイムは、日当たりがたいへん好きで、
耐陰性もややあり、日陰でもどうにか栽培できます。

耐寒性もあり、暑さにやや弱いところもあるため、
一日中、陽の当たる場所ではなくても、問題なく育ちます。

ただし、あまり日陰で栽培すると、香りが弱くなることがあるので、
料理やティーに使う場合は、日当たりの良い場所で育てましょう。 


庭造りのカラーリーフとして使う場合は、
半日陰などの場所で使うと、明るい葉色が活かせます。

日当たりの良いところでも、半日陰でも、
風通しの良い場所を選ぶようにしましょう。

・植え付け
3月〜4月か9月〜10月が、植え付けの適期です。
地植えであっても、鉢植えであっても、
排水性の高い土を好みます。

用土は小粒赤玉土7に腐葉土3を混ぜたものを使うか、
市販の培養土やハーブ専用の培養土を使用します。

培養土などの場合、水はけをより良くしたい場合には、
赤玉土やパーライトを適宜混ぜて、試してみてください。

植え付けた後は水をたっぷり与えます。
乾燥気味の土壌を好むレモンタイムです。

しかし、植え付け直後は根付いていませんので、
乾燥させ過ぎないように管理します。

・植え替え
レモンタイムは生育が早い植物で、鉢などの容器栽培をしていると、
根が鉢に一杯になってしまい根詰まりを起こしがちです。

鉢の底から根が見えたり出ていたら、植え替えの時期です。
1年〜2年に1回は植え替えるようにすると丈夫に育ちます。 


1〜2号ほど大きい鉢に植え替えますが、
大きな鉢にしたくない場合は、
株分けをして株を小さくして、同じ鉢に植え直します。

植え付け後と同様、根付いてませんので、
しばらくは乾燥させないように注意します。


harbtea.jpg
ハーブティーも楽しめます


・水やり
レモンタイムは、湿気た環境が少し苦手ですので、
土の表面が乾燥してから、
じゅうぶんに水をあげるようにします。

土が湿っている状態で水を与えてしまうと、
湿気た環境になり、蒸れて株元から枯れてきたり、
根腐れを起こす原因になりますので注意しましょう。

冬はさらに水を要求しません。
雨のあたる場所で育てている場合は、雨だけで十分です。

軒下で管理していたり、雨が長く降らずに土が乾くのであれば、
土が乾燥してから水をあげるようにします。

・耐寒性
耐寒性はありますので、特別な防寒対策は必要ありません。
ただし、霜にあたると葉が黒くなって傷みます。

春になれば新芽が出て葉が展開してきますが、
気になる場合は、マルチなどで防寒してください。

・耐暑性
レモンタイムは、ある程度の暑さには耐えますが、
猛暑には、根が傷んで枯れることがあります。

また、蒸れにも弱いので、できる限り風通しの良い場所で育てます。
レンガやコンクリートなど蓄熱性のあるものには、
スノコを敷くなど、直に触れないように育てましょう。


Lemon thyme (1).jpg
ゴールデンレモンタイム C)花みどりマーケット
葉色が美しくガーデニングにも人気のタイムです


・施肥
肥料はほとんど必要としません。3月〜10月の生育期間に、
2ヶ月に1回のペースで緩効性の肥料を与えます。

真夏と冬は肥料を必要としませんので、与えないようにします。
肥料をやり過ぎると、せっかくの香りが弱くなります。


・剪定
梅雨に入る前に必ず切り戻しをします。
梅雨に入ると気温も上がり、湿度も上がり蒸れやすくなります。

短く刈り込むことで蒸れを防ぐことができます。
枝が混みあっている場所があったら、
間引くように剪定すると良いでしょう。

10月頃、霜が降りる前にも切り戻しておくと、
春に新しい枝葉が伸びてきます。

上記以外にも、収穫をかねて枝が混んでいる場所を、
すくように枝を間引いておくと、株姿が整います。


Curry.jpg
お料理にも活躍します


・増やし方
レモンタイムは、挿し木か株分けで増やすのが簡単です。

◎挿し木
挿し木の場合は、長さ10〜13cmほどの挿し穂を作ります。

枝の下から半分ほどまで葉を取り、
切り口をカッターなどで再び斜めに切って、
水の入ったコップなどに挿して1〜2時間ほど水上げをします。

平鉢に、赤玉土、バーミキュライトを入れて湿らせ、
箸などで一回穴を開けてから、水上げした挿し穂をそっと挿します。
半日陰か明るい日陰で、乾燥しないように管理します。
ときどき霧吹きで水をかけてあげるのも効果的です。
>>挿し木(挿し芽)の方法 画像つき

◎株分け
株分けの場合は、鉢から株を抜き、土をていねいに落とします。
根を手でほぐしたら、あまり小さくならないように株分けをします。

株分けしたものを植え付けたら、しっかりと水を与えます。
根がダメージを受けているので、新しい枝葉が伸びてきても、

しばらくは収穫せずに株を育てるようにしましょう。

■病害虫
レモンタイムには、特に気にする病害虫はありません。

■参考
・タイムの育て方
・フォックスリータイムの育て方
・クリーピングタイム(ワイルドタイム)の育て方
・タイムの種類
・シルバータイムの育て方
 カテゴリ
 タグ