Silver thyme.jpg
白い縁取りがきれいです


タイムはシソ科の多年草で、料理やハーブティー、
ポプリなどにも利用されるハーブです。

その中でもシルバータイムは、
コモンタイムよりも白っぽい葉をしていて、
葉の一枚一枚に白い縁取りがあるのが特徴です。

その白っぽい葉色から、シルバータイムと呼ばれています。
ハーブとしてはもちろん、カラーリーフとしても使えます。

丈夫で病害虫がほとんどなく、
立性なので育てやすいことも魅力です。 



herbs.jpg
好みのハーブを育てておくと楽しみが拡がります


■シルバータイムの育て方

・栽培環境
日当たりの良いところを好みますが、多少の耐陰性もあります。
ただ、日陰で栽培すると、匂いが弱まることがあります。

そのため、料理などに使いたいのであれば、
できるだけ日当たりの良いところで育てましょう。

カラーリーフとして使う場合には、
直射日光があまり当たらないような半日陰などで、
葉色を生かしてアクセントにしても素敵です。

・植え付け
鉢植え、地植えとも3月〜4月か9月〜10月が適しています。
種から育てる場合も、同じ時期が種まきの適期となります。

用土は小粒の赤玉土7対腐葉土3の混合土や、市販の培養土、
ハーブの専用培養土などもありますので、そちらでも良いです。

タイムは高温多湿の環境が苦手ですので、水はけの良い土を好みます。
市販の培養土を使う場合でも、水はけが悪いと感じたら、
赤玉土を少量足したり、腐葉土を足して水はけをコントロールします。
植え付けた後は、たっぷり水を与えます。

乾燥気味を好むタイムですが、
例外として、植え付けや植え替え後には、
まだ根付いていないので、乾燥し過ぎないようにします。 


・植え替え
タイムは根の生育が旺盛ですので、
鉢植えで育てる場合は、1、2年に1度は植え替えるようにします。
鉢の底穴から根が見えていたら、植え替えのサインです。

植え替えに適しているのは、植え付けと同じ3月〜4月か9月〜10月です。
鉢から株を抜き取り、三分の一ほど土を落として根を少しほぐします。
この時、根を傷つけると枯れることがありますので、優しく扱いましょう。

ほぐした根の中で、長く伸びているものは少し切ります。
黒く変色している根も傷んでいるものなので、切り取ります。

根の整理が終わったら、以前より一回りか二回り大きい鉢に植え替えます。
もし大きい鉢にしたくないときは、株を分けて小さくしてから植えます。

植え替えた後はまだ根付いていませんので、たっぷり水を与えます。
その後も2週間〜1ヶ月くらいは、あまり乾燥しないように管理します。


Silver thymeA.jpg
肥料を与えすぎると、きれいな葉色と模様がでにくいようです


・水やり
土が乾燥してから水を与えるようにします。
まだ土が湿っている間に水を与え続けると、
湿気た環境が続いて、蒸れて株元から枯れあがったり、
根腐れを起こして枯れてしまうことがあります。

冬の間はさらに水を要求しませんので、
屋外の雨のあたる場所で越冬させる場合は、雨だけで十分です。
晴天続きで乾燥したり、軒下などで管理している場合には、
鉢の土が乾いたら水を与えるようにします。

・耐寒性
寒さに強いので、特に防寒対策をする必要はありません。
ただ、霜にあたったりすると、葉が赤黒くなってきたりしますので、
気になる場合はマルチをかけるなどして防寒します。

・耐暑性
暑さにも比較的強い植物ですが、
あまりに暑すぎると根が傷み、枯れることがあります。
ブロックやレンガなどの蓄熱性のあるものに、
触れないようにしておきましょう。

・施肥
肥料はあまり必要とはしません。
生育期である3月〜10月の間、2ヶ月に1回くらいのペースで、
緩効性の固形肥料を与える程度で十分です。

また、真夏と冬は肥料を必要としませんので、
与えないようにしましょう。

・剪定
初夏に花が咲いてから梅雨に入るまでの間に一度切り戻しをします。
梅雨に入ると湿気も気温も高くなり、蒸れやすい環境になります。

そのため、切り戻しをしてすっきりさせておく必要があります。
10月頃にも切り戻すように刈り込むと、
春になりまた新しい枝葉を伸ばすようになります。

また、上記以外にも葉を利用するときに、
収穫をかねて混んでいる枝を間引くように切ると、
株姿が乱れにくく、蒸れ防止にもなります。


herb (4).jpg

herb (2).jpg
ハーブオイル、ビネガーを作っておくとお料理に活躍♪


・増やし方
挿し木か株分けで増やすのが一般的です。
3月〜4月、9月〜10月がいずれも適期です。

◎挿し木
挿し木の場合は、長さ10cmほどの枝を用意します。
下半分くらいの葉を落とし、切り口を再度斜めに切り直してから、
水の入ったコップなどに挿して1時間〜2時間ほど水上げをします。

バーミキュライト、赤玉土を容器に入れて十分に湿らせたら、
前もって箸などで穴を開け、挿し穂を挿します。

半日陰や明るい日陰で、土が乾燥しないように管理しましょう。
>>挿し木(挿し芽)の方法 画像つき

◎株分け
株分けは、鉢から抜いた株の土を丁寧に落とし、
優しく根をほぐしていきます。

傷んでいる根を取り除き、あまり小さくならないように株を分け、
新しい用土で鉢に植え付けます。

株分け直後は、まだ株が弱っている状態ですので、
新葉が出てきても、収穫はしばらくは休むようにしましょう。


■病害虫

特に気にする病害虫はありません。

■参考
・タイムの育て方
・フォックスリータイムの育て方
・クリーピングタイム(ワイルドタイム)の育て方
・タイムの種類
 カテゴリ