Peppermint (1).jpg
ペパーミント


■ミント 室内での育て方

1. ミントを室内で育てられますか?
丈夫なミントは室内で育てることも、もちろんできます。
外に比べると暗いので、徒長することもあるとは思いますが、
枯れることは、ほとんどありません。

部屋の中にグリーンがあると気分がいいですし、
風がそよいだり少し触れるだけで、
ミントのすっきりとした香りが広がります。

料理に使いたい時もすぐに収穫できて便利です。
お気に入りの鉢に植えて、観葉植物として置くのもいいでしょう。
最近では、種から育てる栽培キットなども売られていますので、
気軽に育てることができます。


Eau de Cologne Mint.jpg
オーデコロンミント、ペパーミントの変種で柑橘系の香りが強い


2.育て方の注意点は?
◎日当たり
半日陰でも育てることができるミントですが、
あまりに日当たりの悪い場所で育ててしまうと、
せっかくのミントの香りが薄れてしまいます。

室内であっても、できる限り日の当たる、
窓辺などで育てるようにしましょう。


Kitchen herb.jpg
ハーブを寄せ植えにしてキッチンに


◎鉢
育てる鉢は、あまり小さいものだとすぐに根詰まりしてしまいます。
苗を買ってきた場合は、苗の二回り大きいものに植えつけます。

種から育てる場合は、最初は小さい鉢でもかまいませんが、
成長に合わせて鉢増しする必要があります。

◎水やり
少し湿った場所を好むミントですが、
水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与える程度でかまいません。

水を与える時は、鉢の底から水が出るくらいしっかりと与えます。
また、鉢底から出てきた水を鉢皿などに溜めたままにしておくと、
根腐れを起こしてしまうことがありますので、
鉢皿にたまった水は捨てるようにしましょう。


Apple Mint (3).jpg
アップルミント


◎肥料
肥料は与えすぎると、根が肥料焼けしたり、
香りが薄くなるので、控え目に与えましょう。

室内の場合は、薄めた液肥を与えるより、
緩効性の置き肥を4月か5月頃に少量与える程度で十分です。

◎切り戻し
室内で育てていると、茎が徒長してしまい、
だらりと垂れさがってしまったりします。
逆に肥料が多く、育ち過ぎて茂ってしまう場合もあります。

その場合は、思い切って切り戻しをすると、締まった株になります。
地際から2節か3節ほど残して、ばっさりと切ってしまいます。

少し寂しくなりますが、またすぐに伸びてきますので安心してください。

■参考
・ペパーミント 育て方と栽培方法
・アップルミントの育て方
 カテゴリ
 タグ