Apple Mint (3).jpg
葉が茂ったら、続けて長期間、収穫できます


アップルミント(Apple Mint,マルバハッカ)は、
柔らかいうぶ毛をはやした丸い葉をもつミントです。

リンゴのような甘酸っぱい香りと、
ミントのすっきりした香りをあわせ持ち、
ハーブティー、お菓子やビネガーなどの料理にも使えるので、
とても人気のあるミントです。


■アップルミントの育て方

・栽培環境
基本的には日当たりの良い場所で育てます。
半日陰であっても育てることはできます。

極端に日当たりの悪い場所では、徒長して姿が悪くなり、
香りが薄くなったりすることもあるので注意します。

また真夏の直射日光などの強すぎる光に当たると、
葉焼けすることがあります。

庭植えの場合は、半日陰になるようなスペースを作ってあげます。
鉢植えの場合は半日陰の場所に移動させます。

・植え付け
頑健なミントの仲間ですので、
植え場所や用土はさほど気を遣わなくても育ちます。

植え付けは苗が出回る4月〜5月、9月〜10月が良いでしょう。
用土は赤玉土7と腐葉土3を混ぜ、元肥を少し足したものや、
市販のハーブ用培養土や、花の培養土で十分です。

植え付け時に最も注意することは、生育範囲です。
鉢植えであれば、他の植物との寄せ植えにすると、

アップルミントに限らずミント類の根の生育力が強すぎて、
他の植物を枯らせてしまう恐れがあります。

できる限り単独で植えるようにしましょう。
また庭植えにする場合も、工夫が必要です。

ミント類は非常に頑健で、かつ生育スピードが早いので、
気が付いたら庭中ミントだらけになってしまって、
他の植物が生長できないということもあるくらいです。

ミントを庭植えにする際、仕切りを作ると後々便利です。
15cm〜20cmの高さの板などを、
ミントが広がっても良い範囲のところに埋め込みます。

そうすることで根が板より外に伸びないので、
生育範囲を制限することができます。
大き目の植木鉢ごと植え込むのも良いでしょう。

またミントは他のミント類との交雑をしやすいので、
違う種類のミントを植える場合は、離れた場所に植えるようにします。
交雑してしまうと、香りが薄くなってしまったりするので注意しましょう。


アップルミント.jpg
ほかのミントと交雑しないよう離して植え付けます


・水やり
多少湿った場所を好みますが、あまり湿っている場所だと、
根腐れを起こすことがあります。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、じゅうぶんに水やりします。
夏は乾きやすくなるので、朝に水やりをしても、
夕方に土が乾いていたら与えるようにします。

庭植えの場合は、鉢植えほど水をやる必要はありませんが、
真夏に雨の降らない日が続いて地面がひび割れるほどであったり、
ミントの葉がくったりしていたらたっぷり与えるようにします。

また冬の間は地上部が枯れ、
根だけが地中に残って休眠するので水やりは控えるようにします。

ただし、完全に乾かしてしまうと根まで枯れてしまうので、
土の表面が乾いてから数日経ってから水を与えるようにします。

・耐寒性
耐寒性は強く、0℃を下回っても根が枯れることはありません。
ただ、霜にあたると地上部は枯れてしまいます。

といっても枯れているわけではなく、根は生きています。
春になるとまた新しい葉が、元気よく出てきます。

土が凍ってしまうと、根が傷んで枯れてしまうことがあるので、
寒冷地などではわらを敷くなどの防寒対策が必要です。

またそれ以外の地域でも、冬の間は頻繁に水やりしたり、
夕方に水をやらないようにしましょう。

・施肥
あまりたっぷり肥料を与えすぎると、
香りが薄くなってしまうので注意します。

春に新しい葉が出てきた頃、
緩効性の肥料を少量与えるだけでも十分です。
あるいは、2〜3週間に一度、薄めの液肥を与えても良いでしょう。


Apple Mint (2).jpg
葉や茎を利用する場合、花は早めに摘み取ります


・剪定
伸びすぎたと思ったら収穫もかねて剪定しましょう。
また、茂りすぎて株元が蒸れて枯れ込むことがあるので、
枝を間引いて風通しをよくするように心がけます。

また夏頃にかわいらしい花を咲かせますが、
花が咲いてしまうと葉が硬くなってしまいます。

そうなってしまっても、花の咲いた枝を切った後、
しばらくすれば新しい葉がまた出てきます。

・増やし方
挿し木、株分け、タネまきで増やすことができます。

ただし、タネまきの場合は交雑している可能性もあるため、
親株とまったく同じ性質、香りのものが育つとは限りません。

タネをまいて芽が出てきた後、香りの具合などを確認しながら間引き、
香りが強いものを残すように育てましょう。

挿し木や株分けはタネまきとは違い、
親株と同じものが育ちますのでおすすめです。

ミント類は比較的発根しやすいですので、
5cm程度の挿し穂を水に挿しているだけでも発根します。

ミント類は生育が旺盛です。

鉢植えの場合だと、1年もしないうちに、
根詰まりを起こすことがあるほどです。
1年に1回は根の整理をする方が良いでしょう。

その際に、株分けすることもできます。
土を乾かし気味にし、鉢から抜いた後、
優しく土と落として根をほぐします。

傷んでいる根などを取り除いたら、
ハサミなどで適当な大きさに株を分けて、
それぞれを植えつけます。

植えつけた後は水をたっぷりと与え、
根付くまでは乾燥させないようにすれば、
またすくすくと育ってくれます。


bouquet garni.jpg
ブーケガルニにして煮込み料理を


■病害虫

アップルミントはとても生育旺盛で強い植物ですが、
さび病にかかることがあります。

葉に茶色い斑点が出てきて、どんどん広がります。
ウイルス性の病気ですので、株全体が侵されてしまう前に、
健全な部分を新しい株として株分けし、
病気にかかっている部分は処分します。

庭植えの場合は掘り上げた後、同じ場所でミントを植えないようにします。
鉢植えの場合は新しい清潔な用土を使って植えるようにしましょう。

■参考
・ペパーミント 育て方と栽培方法
 カテゴリ