Chocolate-cosmos (3).jpg
手入れに気をつけると、毎年、花を見られます


チョコレートコスモスは、コスモスという名前がついているものの、
秋の風物詩であるピンクや白のコスモスとは少し性質が違っています。

普通のコスモスは秋に花が咲1年草なのに対し、
チョコレートコスモスは春〜秋にかけて花を咲かせる多年草です。

少し気難しいところのあるチョコレートコスモスですが、
多年草ですのでうまくいけば毎年花を見ることができます。


simo.jpg
霜や凍結は苦手です


■チョコレートコスモス 冬越しの方法は?

1. 戸外で越冬できますか?
チョコレートコスモスは多年草です。
冬の間は地上部が枯れたようになりますが、
冬越しに成功すれば春にまた新芽が出てきます。

半耐寒性で、5℃までであれば耐えられるそうです。
そのため、暖地であれば戸外での越冬は可能ですが、
そのような環境でない場合、工夫が必要です。

中間地では地植えならマルチやわらをかぶせ、
風除けをするなど防寒が必要になってきます。

鉢植えなら、霜の当たらない軒下などの置いておきます。
寒冷地になると、室内に取り込むのが無難です。

いずれの地域にも共通していることは、
完全に乾燥させてしまわないこと。 


冬は休眠期ですが、水が必要ないということではないのですね。
土の表面が乾いた頃に水を与えるようにします。

ただし、水のやり過ぎは禁物です。
水を与えすぎると、今度は過湿になって、
根腐れしてしまうことがあります。


Chocolate-cosmos (2).jpg
無事、越冬して花芽がつきました


2.冬季は球根を掘り上げた方が良いですか?
チョコレートコスモスの根は、ダリアの球根のような形をした塊根です。
冬の間は地上部が枯れ、休眠期に入ります。

ただし球根はとても乾燥に弱く、
掘り上げてしまうと管理が難しいです。 


土に埋めたままの状態で霜にはあてないようにします。
霜にあたったり、土が凍ってしまうと球根が傷み、
春になっても新芽が出てきにくくなります。

冬の間も土が乾いたら水を与えるようにしますが、
霜や凍ることがないように、水やりをするのは午前中にします。
また、水のやり過ぎによる過湿で球根が腐ることもありますので、
与えすぎにも注意します。

■参考
・チョコレートコスモスの寄せ植え
・チョコレートコスモス ショコラの育て方
・チョコレートコスモスの育て方
・チョコレートコスモス 咲かない理由は?
 カテゴリ