sansyo (5).jpg
実山椒がたくさんできると嬉しいですね


うなぎ料理にはつきもののサンショウ(山椒)ですが、
実はウナギの臭みを消すために使われているのですね。

サンショウの葉は「木の芽」と呼ばれて、
刺身のつまやお吸い物、煮物の上に香りづけに乗せて利用されます。
焼き鳥にかけても、上品な味でおいしいですよ。

丸く小さな実はすりつぶして粉末にして、
スパイスとしてさまざまな料理に利用することができます。


komiyasai20(6).JPG
鉢でもじゅうぶん育ちます


sansyou1-300.jpg
挿し木で、どんどん増えます


■サンショウが人気

昔は庭の片隅に自生していることが多く、
わざわざサンショウ栽培をしている人は少なかったのですが、
庭が狭くなってきた現代では、栽培をする人が増えてきています。

庭で自生しているサンショウを利用している人の中には、
いつまでたっても実がならないという方も少なくないようです。

サンショウは実は、雌雄異株の植物なので、
雌株でないと実をつけることはないのです。
花山椒といって、花も食べますが食べられる花は雄株のものだけです。

サンショウは、葉も花も実も利用できるので、
自宅にあれば、ちょっとした料理の風味づけがすぐにできます。

煮物でも焼き物でも、普段の料理にサンショウをプラスするだけで、
料亭の味にランクアップして家族を驚かせることができるので、
雌雄1本ずつあれば、料理の楽しみももっと広がりますね。


sannsyou300-1.jpg
ちりめん山椒もおいしくできます


■サンショウの粉末を料理に

サンショウの実を粉末にしたものの楽しみ方は、
ウナギにかけるだけではありません。

◎鶏のから揚げに
鶏のから揚げの衣に少し混ぜると、
いつものから揚げよりおいしくなります。

◎納豆に
みじん切りにしたネギにごま油と塩、
粉サンショウを混ぜて納豆に乗せると、
こちらもいつもの納豆がグレードアップして美味しいです。
お酒のおつまみにしてもいいので、晩酌の楽しみが増えますね。

◎佃煮に
木の芽(サンショウの葉)は醤油などで煮ると佃煮として食べられます。
木の芽を千切りにして温かいご飯に混ぜて塩で味をつけておにぎりにすると、風味豊かなおにぎりを作ることもできます。

ゆでて刻んだ木の芽を、タケノコの煮物に混ぜるのもおすすめです。
花山椒(花の部分)も醤油で煮て佃煮として食べられます。


hanasannsyo.jpg
サンショウの花


◎花山椒は?
花山椒は特に辛みが強いので、好ききらいがあると思いますが、
辛い物好きの人にはたまらない味です。
卵かけごはんに軽くゆでた花山椒を入れて食べると、
スパイシーな卵かけごはんが楽しめます。

■参考

・サンショウ(山椒)栽培のコツ
・ブドウ山椒 育て方|高収穫で栽培しやすい
・ちりめん山椒のレシピ、作り方
・山椒の佃煮の作り方 レシピ
・サンショウを枯らさないコツは?
・サンショウ 山椒の育て方と利用方法
 カテゴリ
 タグ