makuwauri (3).jpg
さっぱりして美味しいです


マクワウリはメロンの変種で、
プリンスメロンの交配の元にもなっているウリです。

メロンが普及するまでは、よく食べられていました。
さわやかな甘みがあり、冷やしてそのまま食べるのがお勧めです。 

◎品種
マクワウリはインドが原産で、日本へは古い時代に渡来しました。
古くから栽培されてきた野菜のため、いろいろな地方品種もあります。

黄金まくわうり、甘露まくわうり、
網干メロンなどが作りやすくてお勧めです。


makuwauri.jpg
栽培しやすいのが魅力です


■栽培管理

・タネまきと育苗
4月中旬〜下旬にタネをまきます。
タネは芽が出にくいので、一晩水につけて給水させます。

ポリポットに用土を入れ、1粒ずつタネをまき、
1cmくらい覆土をしたら、暖かい場所で育苗します。
特に夜間の気温が18℃以下にならないように注意します。

・植え付け
6月上旬〜中旬、本葉5〜6枚の頃に定植します。

1uあたり2kgの堆肥をすき込み、よく耕したら、
畝幅2m、高さ5〜10cmの畝を立てます。

苗はポットごと水につけて給水させておきます。
マルチを敷いたら、株間75cmで植え付けます。

保温と害虫予防のために、トンネルをかけます。

・整枝
マクワウリは主に孫づるに着果します。
そのため、本葉6〜7枚の頃、親づるの先端を摘芯します。

子づるは、勢いがよい3〜4本を残してかき取ります。
子づるは本葉12枚で先端を摘芯し、孫づるの発生を促します。

土の上では果実が腐りやすいので、マルチや敷ワラ、食品トレイなどを、
果実の下に敷いてあげると良いでしょう。

・追肥
花が咲いたら1回目の追肥を行います。
株間にぼかし肥か鶏ふんを1つかみずつまきます。

孫づるに実がついたら、同様に2回目の追肥を施します。


makuwauri (1).jpg
着果日を記録しておくと良いですね


■収穫

8月上旬〜中旬が収穫期です。
開花後40〜45日、実が長さ15cmくらいで、
黄色く熟してきたら収穫します。

マクワウリは熟した時期の見極めが難しいのですが、
果梗の毛がなくなり、わずかに芳香が感じられたら、
完熟しています。

さらに熟すと、ヘタの周辺が割れてきます。
自分で食べるなら割れてから収穫してもよいでしょう。


■病害虫

マクワウリは連作や多肥栽培をすると、
うどんこ病やべと病になりやすくなります。
有機栽培では、多肥栽培は心配ありませんが、
ウリ科の連作には注意します。

連作を避ければ、病気はほとんど心配ありません。

また、幼苗期にはウリバエの食害に気をつけます。

マクワウリのコンパニオンプランツにネギがあります。
マクワウリとネギを一緒に植えると、土壌中の病気を予防し、
ウリの生育を助ける効果が期待できます。

ひらめきグッド(上向き矢印)マクワウリ栽培アドバイス!
1.高温性なので早まきは避けます
2.孫づるに実が付くので、親づる、子づるは摘芯して実つきをよくします
3.収穫時期が遅れると実が腐ることがあるので、採り遅れないように注意します

■参考
・ヒョウタンの育て方|整枝と人工授粉で実付きをアップ!
・ハヤトウリの育て方|生育旺盛で100個以上も収穫
・シロウリの育て方|生育旺盛な野菜、整枝を早めに
・メロンの育て方
・メロンの鉢栽培
・プリンスメロンの育て方
 カテゴリ
 タグ