デュメトルム4年生苗 錦幸園


ヘレボルス デュメトルム(英名:Helleborus dumetorum)は、
無茎種に属するクリスマスローズです。デュメトルムの名前は、
「ヤブの多い場所」に由来しており、原産地の環境を表しています。


■特徴

地域によって葉 花に違いの見られる原種です。
休眠期には、落葉樹の下に自生する姿も見られますが、
日あたりの良い場所にも自生しています。

ヘレボルス デュメトルムは、草姿が非常にコンパクトなので、
鉢植えに適している原種です。

葉柄 花柄ともに綺麗な緑色で、
山野草を思わせるような印象があります。

コンパクトな姿ゆえ、性質が弱いように感じられるのですが、
意外と丈夫な原種です。他の原種と比べて、落葉性は強いですが、
決して弱くはない、育てやすいクリスマスローズです。

草丈は約15〜30センチほどです。低い草丈ですが、
横に大きくなりますので、見栄えがとても良いです。
葉は細長く、柳のようになります。

夏のはじめ頃になると、ヘレボルス デュメトルムの葉は枯れます。
休眠中になると、完全に地上部には葉のない状態となり、開花を迎えます。

花径も1.5〜3センチとコンパクトですが、花付きの良い多花性で、
たくさんの開花が見られます。色素の薄い緑色ですので、
光の加減で白っぽくも見えます。


■栽培のコツ

他の原種に比べて、なかなか大きくなりにくい性質のためか、
生長が遅いと言われますが、もともとコンパクトな性質であるため、
生育も穏やかですので肥料不足と間違えないようにします。

芽が小さく密になって生えますので、風通しの良い場所で管理し、
適度に株分けするのが、デュメトルムを大きく育てるコツです。


■増やし方

種まき 株分けから増やすことができます。
芽が小さく、根が細い分、株分けは手でも行えます。
種まきから増やす場合は、発芽後、約3、4年で開花が見られるようになりますが、
1年目の生長は、ほぼ双葉のみです。

■参考
クリスマスローズ 咲かない理由は?
クリスマスローズ 株分けの方法は?
クリスマスローズ 植え替え 画像付き
寒さに強い花
クリスマスローズの育て方
 カテゴリ
 タグ