アトロルーベンス 渋谷園芸 植木鉢屋


ヘレボルス アトロルーベンス(英名:Helleborus atrorubens)は、
クロアチア、スロベニアを原産地とする無茎種のクリスマスローズです。

◎苗の入手
現在、楽天市場の「ガーデニングshop岐阜緑園」「こだわりの宿根草」
「e-フラワー」さんで、苗が販売されています。

楽天やアマゾンで「アトロルーベンス」と検索してみてください。


■特徴

アトロルーベンスは、花径約2〜4センチほどの小型ですが、
人気の高いクリスマスローズの1つです。

その理由の1つは、種小名にもなっている”濃い赤い色の花”です。
また、クリスマスローズの中でも、育てやすい品種でもあります。

葉は、5つの子葉に分かれ、少しギザギザとした切込みがあります。
落葉性になりますので、早い段階で葉は枯れてしまいますが、
葉も楽しめるクリスマスローズです。

「濃赤色」の意味のある、ヘレボルス アトロルーベンスですが、
紫・あずき色・緑色、さまざまな色合いが微妙に交じるカラーです。
いろいろな開花が見られるのも大きな魅力です。

多くの花はカップ咲き〜やや平咲きになります。
トルカータスと比べて、やや小さいくらいの可愛らしい花が、
割と早い時期に楽しめますよ。


■栽培のコツ

少し冷涼気候の場所に広く分布する品種となりますので、
日本の高温多湿はやや苦手だと言えます。

似ている品種である、ヘレボルス トルカータスと比べると、
やや強い印象はあるものの、温度・湿度管理は注意します。

特に、強い日差しの当たらないところで育てるのは必須です。
そうしないと、葉が傷んでしまいます。

このヘレボルス アトロルーベンスは、大株にも育ちますので、
1年目は、2.5号、2年目は、4号、3年目は5号程度のものに、
徐々に大きく大きく育てるように、管理していくと良いでしょう。


■増やし方

種まき、株分け、どちらでも増やすことができます。
種まきから行った場合は、約4〜5年で開花する品種です。
手でも株分けの行えるものですので、ぜひ挑戦してみてください。

■参考
・クリスマスローズ 咲かない理由は?
・クリスマスローズ 株分けの方法は?
・クリスマスローズ 植え替え 画像付き
・寒さに強い花
・クリスマスローズの育て方
 カテゴリ