正月飾りの中でも、玄関の外からよく見えるのが門松と注連飾りです。
各家庭に飾られ始めると、お正月が近づいた実感がわいてきます。

正月飾りの中でも見栄えのする門松は、
元々は門の左右に一対で飾られていたものです。

とはいえ、現代日本で門を構える家は少なくなっています。
ですから玄関の外に飾ることとなりますね。


kadomatu.jpg
門松は神が宿る場所で神霊の降りる目標とされています


門松に使う松は常緑樹であることから、不老長寿を意味しています。
竹は成長が早く、上によく伸びる上に折れにくいので、成長のシンボルです。

梅は春に先駆けてもっとも早く花を咲かせるため、繁栄を表します。
全てを正月飾りとして門松に使うことで、
たいへんおめでたいものとなるのですね。

防犯上や小さな飾りを買ったという理由から、家の中に飾るかたもあるようです。
本来の意味を考えると少し残念ですが、
門松そのものも昔から少しずつ形を変えています。

江戸時代以前は一対二本ではなく一本だけ飾っていたという話も聞きます。
現代ならではの飾り方を考えていくのも日本のあり方でしょう。


simekazari (1).jpg
注連飾り、四手、裏白、橙


motibana (2).jpg
玉飾り(祇園)


motibana (1).jpg
餅花、木に小さい餅や団子を飾るもの(長野県)


注連飾りは、地方によって輪飾りや玉飾り、注連縄とバリエーションが豊かです。
お正月番組で、地方の一般家庭の注連飾りが映る際に、
その違いに、不思議な気持ちになる人もいるでしょう。

形だけでなく、飾りもシンプルなものから非常に豪華な地方まであります。

注連飾りのなわは、左ないとする地方が多いですね。
これは天の岩戸の伝承内で、天照大神が再び入らないように、
はった注連縄が左ないだったことからのようです。

注連飾りに欠かせないのが四手に裏白、橙ですね。
四手は和紙を切ったもので、これがある場所を清浄にするのです。


wakazari.jpg
輪飾り


simenawa.jpg
注連縄


simekazari (2).jpg
裏白


裏白は、裏側が白くなっているシダで、
裏表がすぐにわかることから転じて裏表のない心を意味しています。
橙は、代々と音が同じになるので子孫繁栄の象徴となります。


現在では門松と注連飾りをどちらも玄関に飾るため、
神様が怒らないのかと心配する人もいるようです。
どちらも年神様の目印であり宿る場所を意味しているので、
わかりやすさを強調していると思って良いようですね。
 カテゴリ
 タグ