005.JPG
今回、活躍したのはピンクと紫のアサガオです


アサガオなどの花を使用した色水遊びは、
私たちの世代も、今の子供たちも変わらず、親しまれています。

また、手軽にさまざまな色水が作れるので、色水を使って絵を描いたり、
染め物をしたりと、工夫次第で、さまざまなものができあがります。
遅くなりましたが、色水の作り方や、楽しみ方を紹介させていただきます。


■アサガオの色水の作り方

アサガオの色水作りは、非常に簡単です。
ビニール袋に、作りたいアサガオの花を1つ〜2つ程度入れてから、
水を足し、手で揉んで色を出すだけです。
アサガオに限らず、他の草花もこの方法で色水が作れますので、
是非、さまざまな草花で試してみてください。


asagao (3).JPG
量が足らないときは花を冷凍保存します


asagao (4).JPG
解凍して水を少し入れてもみます

この色水をガーゼなどで漉したほうがダマが入りませんが。
私は、気にせずこのままコップに入れて使います。


■アサガオの色水でアサガオを描こう


asagao (5).JPG
アサガオをコップに移し、小皿と絵筆を用意します


色水で画用紙に絵を描いて楽しむこともできます。
筆と水彩絵具、あるいは何色かの色水の入ったコップを用意すると良いでしょう。


asagao (2).JPG
子供の作品、オイルパステルとアサガオの色水のみ


asagao (7).JPG
私の絵は、色水に透明水彩の緑と水色を足して描いています


■子供たちに大人気の色水遊び

色水遊びといってもさまざまなものがありますが、
幼稚園、保育園ほどの子供たちには、色水を使ったおままごとが人気です。
ジュース屋さんになりきって、色水を販売してくれますので、
ぜひ、お母さんも、買いに行ってみてくださいね♪

色水の扱いになれてきた、小学生頃になったら、今度は、
色水を使った染め物を楽しんでみると良いと思います。
和紙や、ガーゼのような柔らかい布を染めて楽しんでみてください。


■小学校の夏休みの自由研究に

アサガオの色水は、アサガオの花色の種類が豊富であることから、
さまざまな色合いを楽しむことができますが、レモン汁を加えたりすると、
色が変わるというのをご存知でしたか?

他にも、色が変わるものがあると思いますので、小学校低学年の、
夏休みの宿題として作ってみるのも、良いと思います。

■参考
・アサガオの押し花|簡単できれいに仕上がります
 カテゴリ
 タグ