aodogane.jpg
アオドウガネ


■コガネムシの特徴

コガネムシの成虫は堅い甲羅を持つ甲虫です。
蕾や花、葉を食害します。

色や体の大きさは、種類によって様々です。
成虫では、バラ、クリ、ブドウなどでは被害が大きくなりやすいです。

葉や花をボロボロに食い散らすので、
生育が悪くなったり、観賞価値が大きく下がったりします。

白、乳白色したイモムシ状の幼虫は、
土の中で生活し、植物の根を食害します。 


サツマイモではイモの表面をかじり、
そこから細菌が侵入して黒く色が変わって腐ってしまうケースがあります。

庭木、果樹の苗木、幼木、鉢植えの植物でも幼虫に根を食害され、
生育が遅くなったり、枯れてしまう場合があります。


mamekogane.jpg
マメコガネ


■コガネムシの種類

・ドウガネブイブイ
体長17〜25mmで成虫は暗い銅色をしています。
イネ科、マメ科の作物、バラ、イチゴ、サツマイモなどに発生します。

・マメコガネ
体長8〜15mmの小型のコガネムシです。
体色は緑ががかった玉虫色です。
イネ科、マメ科の作物、リンゴ、クリ、ブドウなどに発生します。

・ヒメコガネ
体長13〜16mmで体色は暗い藍色、暗い赤胴色など様々です。
マメ科の作物、ゴボウ、サツマイモ、ブドウなどに発生します。


koganemusi.JPG
カナブンの幼虫


カブトムシの幼虫とカナブンの幼虫の見分け方は、
カナブンの幼虫はカブトムシより小さく2、3センチ、
カブトムシの幼虫はうつ伏せで這い、
カナブンやコガネムシの幼虫は仰向けに移動します。


semadarakogane.jpg
セマダラコガネ


■コガネムシの対策

コガネムシは日没後に成虫が飛んできて、
堆肥や腐葉土などの有機物が多い土の中に卵を産みます。

孵化した幼虫は土の中の未熟な有機物を食べて大きくなり、
生長すると周辺の根を食べ始めます。

幼虫の形で秋深くから初冬にかけて土の中深くに潜り、越冬します。
翌年の初夏にサナギから成虫に生長してから地上に飛び出します。

対策としては成虫の産卵を促すエサになるような、
落ち葉、腐葉土、堆肥を取り除き、成虫は見つけ次第捕殺します。


株がぐらついていたり生育が悪い場合は、
土の中に幼虫が住んでいるケースがあります。
1匹、見つけたら10匹は居ますので、土を浅く掘って処分します。
土を耕すときにも注意して観察しましょう。

薬剤を使う時は登録済みの薬を直接成虫にまきます。
あるいは幼虫対策として、定植時に粒剤を土と混ぜ合わせて使います。
 タグ