minirose (3).JPG
挿し木2ヶ月後のようす、親株は2008年に購入したレッドシンフォニー、
赤の丸弁カップ咲きで、淡い良い香りがします。


約2ヶ月前に、レッドシンフォニーというミニバラを挿し木して、
1ヶ月前に数個鉢上げしたものを、友人にプレゼントし、
1鉢だけ家に残しておいたものです。

ルートンなど使わずに挿し木しましたが、
時期が良かったせいでしょうか、しっかり根が出ました。

昨日、何げなく写真を撮って、
今日、その写真をパソコンでよく見たら、
つぼみがついているみたいなんです。

慌てて庭に確かめに行ったら、
2個もつぼみが、ついていました!
さっそく部屋の照明で写真を撮りました。


minirose (4).JPG
ここに大きい花芽が!


しかし、このつぼみは、
花の色を確かめたら摘んでしまい、
株にエネルギーが行くようにするということで、
毎年、かわいそうに思いながらも摘んでいます。


minirose (6).JPG
ここに小さい花芽が出ています


植物の生命力って凄いですね!

挿し木から半年くらいで、株も立派になり、
花もたくさん咲き出してくれるでしょう。

風通しの良い場所に置いて、
黒星病やうどんこ病に気をつけて育てようと思います。

■参考
・バラ 挿し木の方法 画像つき

 カテゴリ
 タグ