kanokoyuri.JPG
カノコユリのなかでも病気に強いブラックビューティー


2010年9月20日に、カノコユリ ブラックビューティー、
3球1350円という球根を買い求め植え付けました。

毎年、葉は立派に茂るのですが、
花芽がつかずに悩んでいたユリです。

山百合なので、住宅街の暑さや湿っぽさ、
そしてとくに西日が苦手なのでしょう。

しかし、風通しの良い半日陰に移して世話をしていたら、
3年目にして……、
見事な赤い鹿の子模様で、甘い上品な香りの花を咲かせてくれました。
草丈も、150pにも伸びて、つぼみは1苗に10個以上ついています。


kanokoyurix.jpg
2ヶ月前の様子、最後には150cmにも伸びて来ました


カノコユリの開花は、ユリのなかでは遅く、
7月中旬から8月中旬とされていますが、
今年の猛暑で、かなり早めに咲いたようです。

花の直径は8〜10p、草丈は50〜150p、
1球で10〜20輪の花をつけるので見応えがあります。
いろいろな向きに花が咲くのも、咲き始める形も、
どこか、いたずらっぽくて可愛いです。

うちでは、テッポウユリやカサブランカ、
スカシユリ系なども育てていますが、
ユリが咲くと豪華で良い香りが立ち込めて素敵です。

育て方は、思いのほかやさしいので、
お勧めしたい花のひとつです。

■参考
・カノコユリ(鹿の子百合)の育て方
・ユリ 育て方 12ヶ月
・カサブランカ(ゆり、百合)の球根の植え方
・カサブランカの育て方
・鉄砲百合(てっぽうゆり・テッポウユリ)の育て方
・黒百合(クロユリ)の育て方、栽培方法
・スカシユリ アジアティックハイブリッドの育て方
・ユリの球根の選び方

>>ユリの球根、苗を各種見てみる

 カテゴリ
 タグ