ajisai (1).jpg
眠りから覚めて新芽が出てきます


春を迎える3月、中旬頃になると、すっかり暖かくなります。
しかし、まだまだ寒い日もあります。

3月下旬にはアジサイの芽が動き出す楽しい季節に入ります。
3月のアジサイの育て方をご紹介しましょう。 



■アジサイの育て方と栽培 3月

●3月のアジサイの栽培ポイント
3月は、植え付け、植え替え、さし木、株分けなど、
さまざまな作業ができる時期的な最終段階です。


4月に入ってしまうと、これらの作業ができなくなってしまうので、
これの作業を3月中に終えられるように作業計画を立ててください。


●主な栽培作業

・鉢植えの置き場所
3月上旬までは、まだまだ寒風に晒される危険のある季節ですので、
軒下などの、寒風を避けられる場所で管理を行います。 


3月中旬ころになると、徐々に新芽が伸び出してきますので、
展開後は、日当たりで管理するようにしてください。

・水やり
休眠中だったアジサイも、この時期になると、起き出します。
休眠中を比べて、水の必要量が増えますのでじゅうぶんに与えます。

・肥料
この時期は、肥料を施しません。

・病害虫
特にありません。


ajisai (2).jpg
アジサイも嬉しそうです


・植え付け、植え替え、株分け
植え付け、植え替え、株分けの適期を迎えます。
本来は、落葉期に行う作業と言えますが、
寒い地域では特に、この時期の作業が好ましいと言えます。


庭植えの場合も、鉢植えの場合も、同様の方法を用いますが、
その際は、根鉢を一回り崩してから植えることがポイントです。

少々崩してから植えないと、新しい根が外側に伸びなくなってしまい、
根腐れを起こしてしまうこともあるためです。
また、鉢替えの場合は、用土も取り替えることもポイントです。

庭植えの株分けは、あまり大きくなりすぎないうちに行います。
大きくなりすぎると、木がたいへん硬くなり、作業が難しくなります。 



ajisai.JPG
"マジカルレボリューション"ブルー、あと数カ月で花に会えますね


・挿し木
挿し木=休眠枝挿しの適期を迎えます。
さまざまな品種の挿し木が行えますので、花芽のついた、
状態の良い穂木を使って挿し木をしましょう。

早ければ、今年、開花してくれるものもあります。
挿し木=休眠枝挿しの方法は下記をご覧下さい。
>>アジサイの休眠枝挿し 冬の挿し木方法

■参考
・アジサイの育て方12ヶ月
 タグ