ajisaihuyu (5).jpg
芽生えが見られるのも、もうすぐです


2月上旬頃までは、1年中で最も寒いとされますが、
中旬を過ぎると春が近く感じられるような日も多くなります。

アジサイは、2月頃になると、休眠から覚め発芽の準備を整えています。
寒い地域では、1月同様、防寒対策をしていきましょう。


ajisai.jpg
2月のマジカルレボリューション


■アジサイの育て方と栽培 2月

●2月のアジサイの栽培ポイント
1番寒いとも言われるこの季節は、引き続き、防寒対策が必要です。
乾燥する地域では枝枯れしないように水やりにも気遣います。


●主な栽培作業

・鉢植えの置き場所
寒風対策のできる場所で管理を行います。
アジサイは、それほど寒さに弱くはありませんが、
乾いた寒風はたいへん苦手です。
雪の積もらない地域では充分に気を付けてください。

・水やり
休眠期のアジサイは、乾燥に比較的強いとされていますが、
先月と同じように鉢植えの水やりは必要です。
鉢土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。
庭植えの場合は、水やりは不要です。


cotton-candy.jpg
2月のコットンキャンディ


・肥料
2月上旬頃までは、寒肥の適期となります。
中旬以降になると、寒肥が施せなくなりますので、
まだ、寒肥を与えていない場合は、早急に与えます。
忘れてしまった場合は、少量の追肥をします。

・病害虫
特にありません。

・植え付け、植え替え、株分け
関東よりも、西にある比較的温暖な気候の場所では、
植え付け、植え替え、株分けといった作業が行えます。

・挿し木
1月同様、挿し木=休眠枝挿しも適期です。
挿し木後は、たっぷり水を与えて、さし床が凍結してしまわないように、
霜で穂木が上がってしまわないように注意してください。

挿し木=休眠枝挿しの方法は下記をご覧下さい。
>>アジサイの休眠枝挿し 冬の挿し木方法

■参考
・アジサイの育て方12ヶ月
・アジサイの育て方.net
 タグ