ajisai.jpg
人気のアナベル


11月になると、しばしば霜がおりるようになり、
アジサイは、落葉後、休眠期に入っていきます。

アジサイは、休眠していても、芽の中では、花芽分化の作業が進んでいます。
この間のお手入れの仕方で開花期の美しさに違いが出てきます。

gakuajisai.jpg
ガクアジサイ


■アジサイの育て方と栽培 11月

●11月のアジサイの栽培ポイント
北アメリカを原産とするアナベルなどは例外となりますが、
この時期のアジサイは、日本の寒風に対する対策が必須です。

鉢植えは、寒風を避けられる場所に移動するなど、
寒さに対する対策は、翌年の開花のために必ず行ないます。

●主な栽培作業

・剪定
休眠期に剪定の必要な植物もありますが、アジサイの場合は、
休眠期だからとは言え、剪定が絶対必要な植物ではありません。
しかし、株元より多くの枝が伸びてくるので風通しが悪くなります。
病気予防のためにも、枝は少々剪定を行うと良いでしょう。

・鉢植えの置き場所
アジサイの鉢植えの落葉がまだ終らないうちは、
日光の当たる場所で管理します。

落葉後は、日陰に置きますが、寒い地域の場合には、
寒風を避けられる場所であるようにしてください。


ajisaiaki.jpg
枯れたアジサイ


・水やり
休眠期でも、水やりの作業は行います。
株は休眠しているとはいえ、生きていますから、
乾燥したら充分に水をあげてください。

・肥料
与えません。

・病害虫
うどんこ病の発生がみられる株に注意してください。
落葉した葉は、焼却するなど、きれいに処分することが必要です。

・植え付け、植え替え、株分け
落葉後は、植え付け、植え替え、株分けが可能です。
北海道、東北地方、北陸地方は春に行うのが無難です。

・防寒対策
寒冷地では、寒冷紗などの資材で防寒対策を行います。
ビニールマルチを使用して地温を高めることもできますが、
通気性が悪くなるのであまりおすすめできません。

■参考
・アジサイの育て方12ヶ月

 タグ