ajisaihaname.jpg
アジサイの花芽、下に2個ついているのは葉芽


10月は、アジサイの花芽の分化に大切な時期となります。

気温が15度を下回ると、アジサイの生長はストップして、
枝の先端部に、来年の開花となる花芽ができてきます。

■アジサイの育て方と栽培 10月

●10月のアジサイの栽培ポイント
10月のアジサイは、とにかく日光に当てて花芽の形成をサポートします。
日に当たれば当たるほど、良く花芽が出ます。
しかし、アジサイはもともと、日陰でも充分育つことができますから、
鉢植えの置き場所を変えることを忘れてしまう人も多いようです。
10月は日向で日光に当てることを忘れずに、管理していきましょう。


ajisai (1).jpg
花芽がしっかりできれば、翌年も元気に咲きます


●主な栽培作業

・剪定
全ての品種の花は、9月に終わるため、剪定は不要です。

・鉢植えの置き場所
充分に日光の当たる場所に移し、管理をしてください。
葉焼けの心配は、10月頃よりなくなりますので、ご安心を。

・水やり
鉢植えのアジサイは、土の表面が乾燥した頃にたっぷり水を与えます。
早いものでは10月頃に落葉しはじめますが、葉がなくなるという事は、
水の蒸散が減るということでもありますので、水の与え過ぎに注意しましょう。

・肥料
与えません。
この時期の肥料は、枝が伸びすぎる原因になります。

・病害虫
コウモリガや、ハダニの被害もなくなるので、特に、
病害虫について気をつけなくてはいけないことはなくなります。
しかし、9月頃にうどんこ病にかかってしまった場合などは、
引き続き、落葉後の葉を集めて処分することを忘れないようにしましょう。

・植え付け、植え替え
10月上旬頃までは、植え付け、植え替えともに楽しめます。
ただし、中旬以降になると気温低下により、根が出ないこともありますので、
特に寒い地域の場合は、春以降まで植え付け、植え替えは行わないようにします。

■参考
・アジサイ 育て方12ヶ月

 タグ