noriutugi (3).jpg
ノリウツギ(糊空木)、サビタ、ノリノキとも呼ばれます


9月のアジサイは、花芽分化する前の大切な時期を迎えます。

ノリウツギや、タマアジサイといった品種は、まだ開花が楽しめますが、
9月も下旬頃になると、分化前の形成の準備に入ります。



■アジサイの育て方と栽培 9月

●9月のアジサイの栽培ポイント
台風の多いこの季節は、台風の被害によって葉が傷つかないよう、
強風、暴雨への対策を行なってください。

また、中旬頃より分化前の準備として、良く日光に当てていきます。
地植えは追肥は不要となりますが、鉢植えは追肥を行うことも重要なポイントです。


noriutugi (2).jpg
ノリウツギ、大きく育ちます


●主な栽培作業

・剪定
開花時期のずれるタマアジサイやノリウツギも、
9月下旬近くなると、花が終わります。

開花を終えたアジサイは、すぐに剪定に取り掛かり、
花芽形成までの準備を整えてください。

・鉢植えの置き場所
9月上旬の日本の気候を考えると、まだまだ日差しが強いと言えます。
半日陰や遮光対策を行った場所で管理することが必要です。

ただし、9月も中旬を超えたら徐々に日光に当てるように移動し、
下旬には、遮光に使った資材などを取り外す作業が必要です。

・水やり
9月中旬ころまでは、乾燥に注意して1日に1回、水やりを行います。
遮光している、あるいは半日陰の場所で育てるのと、
日向で育てるのは、土の乾燥具合が変わってきます。

鉢植えの置き場所を変えた場合は、
注意して水やりを行うようにしましょう。

庭植えのアジサイに関しては、
乾燥しているようであれば水を与えます。

・肥料
鉢植えに限り、液体肥料を10日に1回ほど与えます。


ajisai (3).jpg
来年も良い花が咲きますように


・病害虫
8月同様、コウモリガの幼虫、ハダニに注意してください。
また、気温が下がりはじめると、うどんこ病、炭疽病も見られます。
落ちた葉は、病気の予防としてすぐに集めて処分します。

・植え付け、植え替え
10月上旬頃までは、鉢植えから庭植えへの植え付けが行えます。
また、既に庭にあるアジサイの株は9月下旬〜10月上旬に、
植え付け、植え替えができます。

・挿し木
9月中旬〜9月下旬はさし木の適期です。
これから徐々に寒くなりますので、置く場所には注意し、
防寒対策を行いましょう。

ajisai20sasime6-0fa65.jpg
気に入った品種は挿し木で増やせます

■参考
・アジサイを小さく保つコツ
・アジサイの育て方|毎年咲かせる剪定方法
・アジサイの育て方|鉢植え
◎アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき
・アジサイ 切り花に

>>アジサイの育て方.net

 タグ