スポンサードリンク

2013年05月20日

ニンジンの育て方|中耕・土寄せで大きく甘く

Carrot (1).jpg
ニンジン畑(北海道)


ニンジンの発芽適温は15〜25℃、生育適温は18〜21℃で、
冷涼な気温を好みます。

べたがけや、マルチ・トンネル、ハウスの利用などにより、
大幅に作期拡大ができ、暖地や中間地では、
周年栽培できる地域もあります。
   
・品種
ニンジンには、西洋種と東洋種があります。

西洋種はスーパーなどで一般的に販売されているニンジンで、
長さ10cm程度の短根種が多く、適応性が広く、つくりやすいです。

東洋種は、20cm程度の中根から、30cmの長根系であり、
根の色が橙・赤紅・紫・濃紫・黄・白など、
多種多様にわたっています。
金時、国分、滝野川などの品種があります。

家庭菜園で栽培するのなら、
短根系の、いわゆる「三寸ニンジン」がよいでしょう。
収量は少ないですが、早生品種が多く作りやすいです。


Carrot (9).jpg
ミニタイプのニンジンは作りやすいです


■ニンジンの育て方

ニンジンは芽が出た後、
1本立ちさせて生長しないと、うまく肥大しないです。

しかもタネが非常に小さくて点まきが難しく、
発芽に光を必要とするため覆土が薄く、
その反面乾燥に弱いため発芽前後の管理が難しい野菜です。

初心者でもうまく発芽させるには、石灰などでコーティングした
コート種子(被覆種子)を利用するとよいでしょう。 


・栽培周期
べたがけや、マルチ・トンネルなどの利用により、
ほぼ周年栽培できる地域もあります。

ニンジンは冷涼な気候を好むため、
夏まき秋冬取りの栽培が最も栽培しやすいです。

暖地は7月〜9月中旬にタネをまき、10月下旬〜2月に収穫、
中間地は7月〜8月中旬にタネをまき、10月下旬〜2月に収穫、
寒冷地は6月中旬〜7月中旬にタネをまき、
10月〜11月上旬に収穫するサイクルです。

・用土作り
タネまきの2週間前に、1u当たり苦土石灰を150〜300gまき、
深さ20〜30cmまでよく耕します。

1週間前になったら、1u当たり堆肥2〜3kg、化成肥料150g、
熔リン50gを混ぜ込み、幅60〜70cmの畝を立てます。
畝の高さは、短根系で10cm、長根系で20cmとします。

・タネまき
タネまき時、土が乾いているようなら、
十分に水やりをして土を湿らせてからまきます。

ニンジンは直根性なので、移植すると根を傷めやすいので、
直まきにします。

直径5cmほどのビン底を押し付け、深さ1cm程度のまき穴を開けます。
まき穴に、4〜5粒ずつまき、覆土をしたらクワなどで軽く押さえます。

ニンジンのタネは、発芽に光を必要とする好光性種子なので、
覆土はごく薄くします。

タネまき後は乾かさないことがポイントです。
毎日水やりをしましょう。
また、乾燥防止に不織布やもみ殻などをかけてもよいでしょう。


Carrot (5).jpg
間引き菜もおいしく食べられます


・間引き
間引きは、本葉が出始めたら、混んだところから適宜行います。
根の肥大が始まる本葉4〜6枚までに、1穴1本にします。

間引く際は、抜くと残りの株の根が傷んでしまうので、
地際からちぎり取るか、ハサミで切り取ります。

間引き菜も、栄養豊富な緑黄色野菜なので、有効に利用しましょう。
ニンジンの葉には、セリ科特有のクセがありますが、
天ぷらにするとそのクセが活き、おいしく食べることができます。

・追肥と土寄せ
間引きが終わり、本葉6〜7枚の肥大始めのころに、追肥を施します。
1u当たり化成肥料50〜80gを施し、中耕・土寄せを行います。

中耕は根を切らないように注意し、
土寄せは株元の肩を露出させないように土を盛ります。
このとき、葉が埋まり過ぎないように注意します。

本葉8〜9枚のころ、2回目の中耕・土寄せを行います。

・水やり 
ニンジンの場合は、露地栽培でも、
最終間引きまでは乾燥させないように適宜水やりをします。 



Carrot (6).jpg
嬉しい収穫です!


■収穫

ニンジンは収穫期間が長いので、必要に応じて早めに収穫していきます。

根部の肩が張ってきたら収穫適期です。
また、西洋種は、試し掘りをしてみて、
先が丸くなることでも判別できます。


Carrot20(2).jpg
股根


股根(二股以上になった作物)になるのは、
肥料やけやネコブセンチュウなどの被害にあったためです。

裂根は、生育前半に長期間低温になったり、
肥大の後期に極端に乾燥した後に大雨が降るなどして、
土壌水分が急激に変化したときなどに起こります。

首が青くなっているのは、
土寄せが不十分で肩部に日光が当たったためです。


■病害虫

アブラムシやヨトウガ、アゲハ蝶の幼虫などの被害にあいやすいです。
見つけ次第捕殺するか、薬剤散布などにより防除します。

ひらめきグッド(上向き矢印)ニンジンの栽培アドバイス!
1.タネまき後は乾かさないように管理します
2.間引く際は、残す株を傷めないように注意します
3.中耕・土寄せで肥大を促進させます

■参考
・ミニキャロット(ミニニンジン)の育て方 栽培
スポンサードリンク
タグ:ニンジン
posted by you at 09:22 | 野菜