Cranberry (2).jpg
クランベリー、人気の高い果樹です


高山性のコケモモの仲間です。別名ツルコケモモとも呼ばれています。
ブルーベリーによく似た果実です。

小さな紅色の実と冬の紅葉の美しさは、鑑賞としても楽しめます。
果実は酸実が強いので、生で食べるのにはむいていません。
果実は果実酒、ジャム、ジュースなどに利用します。


Cranberry (7).jpg
寒さに強く育てやすいです


■クランベリー 栽培のコツ

1.クランベリーの特徴

クランベリーは北半球の寒冷地が原産地です。
人気が高い果樹のひとつ、ブルーベリーとも品種的には近い仲間です。

ブルーベリー同様、風通しのよい日当たりのよい場所が適しています。
土壌はピートモスのような酸性土壌を好みます。

2.植え付けには?

鉢植え栽培で植え付ける時は、休眠時期の10月〜3月が適しています。
用土は赤玉土4、ピートモス3、腐葉土3の割合が理想的です。

枝を伸ばして生長するので、棚の上や釣り鉢を使うとよいでしょう。

3.肥料は?

植え付け時に堆肥などの有機質肥料を与えます。
毎年花が終わったあとに配合肥料を与えます。

自家結実性が強いので、1本でも実がつきます。
肥料を与えすぎるとかえって花芽がつかなくなるので、
規定量を守ることが必要です。


Cranberry (13).jpg
剪定は間引く程度でだいじょうぶです


4.剪定は?
5月ごろに長く伸びた枝先や枯れた枝を切り、
冬季剪定を主にして、込み入った場所を間引く程度でOKです。

5.実付きを良くするには?
たくさんの果実を実らせるためには、冬に低温にあたらせることと、
夏季の乾燥をふせぐために、水をたっぷりと与えます。

梅雨があけた7月には、株元に腐葉土かピートモスを株元に敷き、
乾燥防止に努めます。

>>クランベリーのわかりやすい育て方はこちらです
 カテゴリ
 タグ