mini.jpg
コーヒー オベーション Coffee Ovation


ミニバラは、その名前の通り、小振りな花を咲かせるバラです。
背丈は約10センチほどにしかならないものもあれば、
つる性で2メートルにも伸びるものもあります。

また、四季咲き性、一季咲き性、どちらのものもありますので、
ミニバラは細かく分けると、とても種類が多いバラだとも言えます。

今日は、ポリアンサ系、ランブラー系、ブッシュ系、パティオ系、
4つのミニバラの種類について、ご紹介して行きたいと思います。


■ポリアンサ系

花は約3センチくらいまでの大きさとなるポリアンサ系は、
小さな花をたくさん咲かせ、やや草丈の高くなる系統のミニバラです。

日本の野いばらを祖先とするほど、その歴史はとても古く、
ファイアーグロウ、ザ・フェアリーなどは、未だに人気の高い品種です。

このポリアンサ系については、ミニバラに含めるかどうかの基準が難しく、
議論が展開されている系統でもあります。

Hana_Kanmuri.jpg
花冠 Hana Kanmuri ポリアンサ・ローズ(ドワーフポリアンサ)
濃いピンクで八重咲きのバラ、枝先に多くの花が房状に咲きます。
匍匐するように横に伸び、低い位置に開花するのでグラウンドカバーにも最適。



■ランブラー系

ミニバラ、つるバラ両方の特性を持った系統です。
テリハノイバラを祖先に持つと考えられていて、ランブラー系のほとんどの品種が、
一季咲きであり、つるは約1メートル〜2.5メートルほどに伸びます。

Maria_Lisa.jpg
マリア・リサ Maria Lisa ランブラーローズ(ハイブリッド・ムルティフローラ)
一重咲きで光り輝くようなピンクの花が房状に咲きとても豪華です。
一季咲きで微香を放ち、半つる性で2〜3メートルに伸びます。



■ブッシュ系

高さが約10センチ〜50センチほどの小さいミニバラです。
19世紀のはじめの頃より、人気が高まってきたとされている品種で、
ポリアンサ系とコウシンバラが交配されて、できた現代ミニバラです。

Colibri_2.jpg

Colibri.jpg
コリブリ Colibri ミニチュア クライミング ローズ
Colibriは、仏語の「ハチドリ」。黄色にオレンジの覆輪の美しいミニバラ。
多くの花を咲かせ40センチくらいの形の良いブッシュになります。



■パティオ系

フロリバンダローズなどとの交配により、作られた比較的新しい系統です。
花は約4センチ〜7センチほどと、ミニバラの中では大きく、
高さも50センチ以上まで伸びます。
四季咲き性ですので、長く楽しむことができる系統です。

Red_Hot_2.jpg

Red_Hot_3.jpg
レッド・ホット Red Hot ミニチュアローズ(パティオローズ)
本来のミニバラより少し大振りな花をつける「パティオ・ローズ」。
鮮烈な赤にゴールドのしべが煌く一重の花が魅力です。

*バラのお写真は、ローズ・ブランシュさまにご協力いただきました。
http://bara.hanasozai.com/
素晴らしいお写真をありがとうございます。
 カテゴリ
 タグ