kadan (1).jpg
パステル調の淡い色合いの花壇


春はぽかぽかと陽気が良く、
ガーデニングを楽しむのには最適な季節です。
また、それを感じるのは植物たちも同様ですね。

もうすぐ、花壇の植物や材料も豊富に出回る時期となりますので、
花壇作りを楽しみながら、素晴らしい花壇を作って行きましょう。 



■春の花壇の色彩

◎パステルカラーの花
春を思い浮かべてみると、淡い色味を思い浮かべる人も多いのでは、
ないでしょうか?この頃は、桜などの淡いピンク色をはじめとする、
パステルカラーのコーディネートがお勧めです。

色味として特におすすめなのは、かすみ草、ヒヤシンス、忘れな草です。


kadan new (3).jpg
・かすみ草
かすみ草は、花束としても使われているように花壇のまとめとしては最適です。
白く小さな可愛い花が、全体に統一感をもたらしてくれます。
カーペットカスミソウは匍匐性で、ロックガーデン、グランドカバーも楽しめます。


kadan new (2).jpg
・ヒヤシンス
ヒヤシンスですが、パステルカラーほど明るい花色ではないものの、
薄いピンクやブルーといった優しいイメージを持つ色を取り入れると、
全体的にソフトで春らしい花壇になります。
濃い紫やピンクは、花壇をまとめてくれます。


wasurenagusaB.jpg
・忘れな草
忘れな草のパープルの花色は、濃いように思うかも知れませんが、
お花の1つ1つが小さいサイズとなっているので、それほど主張することなく、
かすみ草のように、花壇をまとめあげてくれます。うすいピンク色も綺麗です。
反対色となる、黄色い花と合わせて植えると更に春らしさが強調されます。


その他にも、パンジーや、ディモルフォセカなどがおすすめです。
全体的に淡い色味のお花ばかりになってしまいましたが、
これらの花に少し強めの色味をアクセントとして入れてあげると、 
全体のまとまりが良くなります。

シンプルな春の花壇を作りたいのであれば、
色数を減らして、白とピンクなど赤系等のみで統一するなど、
決め事を作って花壇作りをするのがおすすめです。

この春の時期は、ホワイト・ピンクといった色味が、
花壇に綺麗に活かせる時期ですので、
とてもやわらかで広がりのあるな空間を作れることでしょう。


kadan new (4).jpg
チューリップとムスカリの花壇(昭和記念公園)


■春の花壇のコーディネート

秋植え球根が花を咲かせるこの時期は、
ヒヤシンス・ムスカリ・チューリップといった、
春の代表格とも言える花たちが、次々に開花します。

他にも白のビオラ、クリサンセマム・ノースポールなども人気で、
チューリップなどの比較的、明るい色との相性がとても良いです。

◎色のコーディネート
この花壇スタイルは、淡い色と濃い色の組み合わせによって、
明るい色を引き立たせるというものになります。

また、白、ピンク、薄紫、濃いピンク、濃い紫というように、
色のグラデーションを作っていくのも素敵です。

淡い色に対してシックな色を合わせるのも、
大人っぽく上品ですので、お勧めしたいです。


Alyssum1 (1).jpg
パンジーとアリッサム


◎形のコーディネート
アリッサムやヘリクリサムなどの匍匐性の花と、
ヒヤシンスやスイセン、ムスカリなど、
直立した花を組み合わせてみてください。

形のコントラストを活かすことができ、
花壇に動きが感じられるようになります。


kadan new (1).jpg
ノースポールは育てやすくお勧めです。


■春の花の組み合わせ

クリサンセマム・ノースポールや、
ビオラと柄入りのチューリップを合わせると、
とても、ゴージャスになり優雅な花壇を作ることが出来ます。


kadan (2).jpg
斑の入ったやさしい色合いのチューリップ


柄入りのチューリップは近年とても人気がありますが、
このチューリップの周りはできるだけシンプルな花を、
組み合わせるようにすると、全体に統一感が生まれます。


Papaveraceae ice.jpg
ヒナゲシ(ポピー)も揺れる感じが素敵です


ヒナゲシとダイアンサスの組み合わせもお勧めです。
真っ赤というかなり強い色味ですが、
これをダイアンサスが抑え、
赤を綺麗に見せてくれるという効果があります。

春は花の選択肢も多い季節ですので、
ご自分のお好みの花をベースに、
植物の組み合わせを存分に楽しんでください。

■参考
・花壇 種類 画像つき
・夏の花壇
・秋の花壇
・冬の花壇
・春の花 寄せ植え