kabotya (6).jpg
カボチャ、菜園のものはホクホクしていて美味しいです


カボチャは連作障害を起こしにくく、病害虫にも
比較的強いため、果菜類の中では育てやすい野菜です。

甘みが強い「ほっこりえびす」の他、表皮が白い白皮種の「雪化粧」、
ひょうたん型で、ねっとりとして甘みが強い「バターナッツ」もお勧めです。


kabotyanew (4).jpg
世界のカボチャ集合!


■カボチャの育て方

カボチャは比較的栽培は簡単ですが、つるが伸びるため、
1株あたり2m×2mのスペースを必要とします。

・植え付け時期
植え付け適期は、暖地が4月中旬〜5月上旬、
中間地が4月下旬〜5月中旬、
寒冷地が5月下旬〜6月中旬です。

・畑の準備
植え付けの2週間前に、1株あたり2m×2mの栽培スペースをはかり、
よく耕して、1u当たり苦土石灰100〜150gをまき、土とよく混ぜます。

1週間前になったら、栽培スペースの中央に、直径30cm、深さ30cmの穴を掘り、
その中に堆肥2kg、化成肥料30g、熔リン10gを入れて、穴を埋め戻します。

植え付けの当日、元肥を施した場所の上に、20cmほど土を盛り上げ、
てっぺんを平らにならし、中央に植え穴を掘ります。

・植え付け方
植え穴に水を注ぎ、水が引くのを待ってから苗を植え付けます。
植え付けたら、苗の周りに指先で浅く溝を作り、
上からたっぷりと水やりをします。

この植え方を「鞍つき」といい、水はけがよく、
肥料を無駄なく吸収できる植え付け方です。

苗は、本葉が3〜4枚で節間が詰まっていて、
がっしりしていて病害虫の被害がない苗を選びます。
双葉が付いていればなおよいでしょう。


kabotya (10).jpg
摘芯、整枝は大切です


・摘芯、整枝
植え付けから1〜2週間後、本葉6〜7枚の頃、
親づるの先端をハサミで切って摘芯します。

カボチャは子づるに多く実がつくため、
摘芯により、子づるを伸ばします。

その後、子づるが伸びてきたら、勢いのよい3本を残し、
そのほかの子づるは下葉を残して切り取る「整枝」を行います。


kabotya (2).jpg
敷きわらで病気にもかかりにくくなります


・敷きわら
つるが伸びるのにあわせ、週に1回程度、敷きわらをします。
栽培スペース全体に敷きわらをしてしまったら、
そこからはみ出るつるは切り取ってもかまいません。

できればこのとき、3本のつるが絡まないように3方向に
広げてあげるとよいでしょう。 


敷きわらには、雑草を防ぐとともに、
泥はねで病気が発生するのを抑える効果があります。
また、日差しをさえぎって地温上昇から根を守ってくれます。

・人工授粉
植え付けの約1ヵ月後から、花が咲き始めます。
確実に受粉させるには、人工授粉をするとよいでしょう。

花粉の受粉能力が高い午前9時までに、
雄花を摘んで花びらを取り、
花粉を雌しべの先端に軽くこすり付けます。

受粉からの日数が収穫の目安になるので、
日付をメモしたラベルを雌花の近くに付けておくと便利です。


kabotyanew (1).jpg
受粉したかな? 雌花のようすです


・追肥
実が握りこぶしほどの大きさに育ったら、追肥を始めます。

2週間に1回、1u当たり30gの化成肥料を、
わらの上から株元近くにまきます。

肥料を与えすぎると、葉ばかり茂って実つきが悪くなる、
「つるボケ」になりやすいので、追肥の量とペースは必ず守ります。


■収穫

実とつるをつなぐ果梗(ヘタ)が枯れてきたら完熟の目安なので、
ハサミで切って収穫します。

受粉日からの日数が最も確実なので、人工授粉時に、
日付を書いたラベルを付けておくとよいでしょう。

収穫後はすぐに食べずに2〜3週間置いておきます。
こうして追熟することで、デンプンが糖に変わって甘みが増し、
ビタミンなどの栄養価も高くなります。


kabotya (3).jpg
まずは煮つけて、いただきます


■病害虫

葉が白くなるうどんこ病は、カボチャに多く発生する病気です。
つる同士が込み合わないようにして風通しよく管理して予防します。
また、発症してしまった葉は、早めに取り除きます。
被害が広がってしまった場合は、薬剤を散布して防除します。

アブラムシの被害にもあいやすいです。
見つけ次第、ガムテープなどでくっつけて取り除きます。

ひらめきグッド(上向き矢印)カボチャ栽培アドバイス!
1.1株あたり2m×2mのスペースを準備します
2.摘芯をして、子づるを伸ばします
3.人工授粉で確実に実をつけます 
 カテゴリ
 タグ