スポンサードリンク

2013年03月16日

スイカ栽培 じょうずな受粉方法

suika20andon1.jpg
兄弟のスイカ


昆虫がたくさんいる地域では、スイカも自然に受粉できますが、
少ない土地では、人間の手で受粉を行った方が確実です。

スイカ栽培で、より確実な受粉方法と、
気をつけたいことをご説明します。


suika.jpg
雄花、根元がまっすぐです C)ずっと俺のターン


suika420(1).jpg
雌花、根元がふくらんでいます


■雄花と雌花の違い

まず、雄花と雌花を見分ける事が必要です。
パッと見てわかりやすいのは雌花です。

雌花の下の部分には丸い膨らみがついています。
この球体が受精すると生長しスイカの実となります。


■適した時間帯は?

スイカの花は午前中に開き、午後になるとしぼんでしまいます。
また、早朝から朝9時くらいまでの時間帯が最も花粉が多くなる時間帯です。
ですので、受粉作業は9時くらいまでに行うようにしましょう。


■雌花を選びます

また、スイカの実は子づる1本につき、
1個結実させるように育てていきます。
しかし、雌花は子づる1本につきいくつか咲きます。

各子づるに1番目に咲いたものと2番目に咲いたものは、
結実したとしても実の中に空洞が生じたり、
皮が厚くなり甘くないケースが多いです。 

その為、1番目と2番目のものは摘み取ってしまい、
子づるの10節から18節辺りに咲いた3番目の雌花に受粉させます。


3番目の雌花の状態が悪ければば4番目でもだいじょうぶです。
したがって、3番目の雌花が咲いている時に、
雄花が咲いていれば受粉が可能になります。


obana.jpg
雄花の花びらを摘み、のところから取り除きます


■受粉させましょう

雄花を摘んで花弁を取り除きます。
そうするとおしべがむき出しになり、花粉をめしべに付着させやすします。

雌花のめしべ(柱頭の部分)に雄花の花粉を付けます。
この際に強く押し付けてしまわないようにしましょう。
雄花は1個で複数の雌花に受粉させることができます。


suika20ketujitu1-300.jpg
受粉したでしょうか?


suika20ketujitu2-300.jpg
ここまでくれば受粉成功です


■受粉後の雨に注意します

受粉後数時間は雨に気をつける必要があります。
雨で雌花がぬれてしまうと、受精しにくくなってしまうためです。
ですので、作業が終わったら、雌花を葉などの下に隠して、
雌花が雨に濡れないようにしておきましょう。

n1312610722.jpg
大きくて甘いスイカ、早く食べたいですね!

■参考
・スイカ栽培 タネまきの方法
・小玉スイカ(西瓜)の育て方
・スイカの鉢 栽培
・スイカ プランター 栽培
スポンサードリンク
タグ:スイカ
posted by you at 10:28 | スイカ