903154.jpg
オレンジジュエル


ミニバラは地植えには向いていなく、鉢やプランター・コンテナを
使った栽培に適しています。可愛い花を咲かせますので、
お庭や出窓を鮮やかに飾ってくれますよ。


minirose.jpg
アストリッドスペースストライプ【ミニバラ苗・接ぎ木苗】【大苗】
C)IFC e-shop 楽天市場店


■苗の選び方

ミニバラの育てやすい苗木は、接木苗がお勧めです。
挿木苗も数年経てば変わりがなくなりますが、
早く綺麗な花を見たいという場合は、接木苗を選択します。

大苗は冬に売り出されるので、
葉っぱがついてないことが多々ありますが、
木肌を見てツヤのある枝ぶりの良いものを選ぶと良いです。


3329772.jpg
12月〜1月頃に植え付けます


■大苗の植え付け方法

・時期とやり方
他のバラの品種と同様に12月〜1月頃に行います。
毎年冬に新しい土に取り替えるのがポイントとなりますが、
大苗と成株にはほぼ同じとなります。

株の古い土は全て落とした上で、枝や根を1/2〜1/3にします。
その後、水に根をつけておき、乾燥を防ぐようにします。
大体1時間ほど吸わせると良いとされます。

・用土
小粒の赤玉土に完熟堆肥または慣熟腐葉土を混ぜたものが
おすすめです。水はけを良くするためには、鹿沼土や、
バーミキュライトなどを混ぜておくと良いでしょう。

・鉢
鉢は5〜6号くらいのサイズが目安です。
ミニバラの名前のとおり、小さな花を楽しむものとなりますので、
大きすぎるのはあまり良くありません。

・肥料
肥料は用土中に混ぜることはしないでください。
化成肥料を多く入れてしまうと、毛根を痛めることがあるため、
枯れてしまうこともあるのです。
そのため、ミニバラなどの鉢植えの場合は置き肥が基本となります。

置き肥には、骨粉・油粕を混ぜねったものや、
緩効性の化成肥料を使います。

■参考
・初心者対象! バラの育て方と栽培方法|庭植えから鉢植えまで
 カテゴリ
 タグ