Marguerite (1).jpg
寒さは少し苦手です


マーガレットはキク科アルギランテマム属の多年草です。
原産地はカナリア諸島です。

属名のアルギランテマムは、ギリシャ語argyos(銀色)と
anthemon(花)で花色が白で輝いているところから
名前がついた説があります。

別名はモクシュンギク、キダチカスミレと呼ばれています。
日本には明治初期に渡来してきました。

花色は白の他にピンク、黄色があり、
一重咲き、八重咲きの品種も最近は出回ってきました。


Marguerite (2).jpg
鉢植えで育てたほうが安心です


■マーガレット 冬枯れさせないコツ

1.マーガレットの生い立ち
マーガレットは背丈が1メートルほど伸び、
半低木状になるので、丈夫な植物に一見見えます。

しかしアフリカに近いカナリア諸島が原産地のため、
寒さには弱いです。

外気がマイナス3度以下になると株が育ちません。
東京よりも北の地方で栽培する場合、
室内に取り込まないと冬を越せないと理解することが大切です。

2.庭植えで楽しむ条件
霜が降りない地域では、露地で冬越しが可能です。
しかしマーガレットの生育適温は、15度〜20度と
幅があまりありません。

夏の高温多湿にも弱いです。よって
花檀より鉢栽培の方が適しています。

庭植えをする際は、品種選びが大切になってきます。
白い花は大輪よりも中輪一重咲き品種の方が作りやすいです。

黄色の花では、早咲き種の「伊豆イエロー」が
比較的寒さに強く、庭植えに適しています。
 カテゴリ
 タグ