yoseuebig.jpg
ガーデンシクラメンの寄せ植え


ガーデンシクラメンを鮮やかな配色で15株ほど植え込み、
ロングアイビーを配して動きをだした豪華な寄せ植えです。

鉢は、直径約45cm×高さ20cmで、
プラスティックの鉢を使用していますが約15kgです。

ガーデンシクラメンは、10月から4月くらいまで次々と咲くので、
長期にわたって鑑賞できる寄せ植えとなります。 

明るい屋外で管理し、土が乾いたら水をたっぷりあげます。


■ガーデンシクラメンの栽培データ

・サクラソウ科、耐寒性多年草
・花期は11〜4月
・高さ10〜25cm


ガーデンシクラメン(Cyclamen)は、
寒さに強いくたいへん人気のあるミニシクラメンです。

寄せ植えやコンテナ植え用としても活用でき、
秋から冬にかけて苗が出回ります。

花の形、色、模様、大きさなど、さまざまな品種があり、
葉に入っている模様も美しく見ていて飽きない植物です。


gardenCyclamen2016-001.JPG
夏越しして咲き始めたガーデンシクラメン(2016.10.01撮影)


◎毎年花をが咲きます
ガーデンシクラメンは、夏も休眠させず、
半日陰の風通しの良いところで栽培管理します。

東京標準なら元気に葉を茂らせてくれます。
温暖地でも、半分以上は夏を超えられるということです。

初秋に涼しくなってから液肥などを与えます。
そうすると、秋に花芽がついてきます。
年末にはまた美しい開花を楽しめます。


■ガーデンシクラメンを画像でご紹介

Gardencyclamen (1).jpg
彩り華やかです、紫もありますね


Gardencyclamen (2).jpg
フリルのある花びらは動きが出て美しいです


sikuramen2.jpg
斑の入った花も綺麗です


■ガーデンシクラメンの寄せ植えのコツ

1.メインとなるガーデンシクラメンの色を決めて、
ほかの花と同色系でまとめるのがまとまりやすいです。

2.ガーデンシクラメンは長期に開花するので、
クリスマスからお正月用にイメージチェンジできます。

3.ガーデンシクラメンの花たちの中央に背丈のある、
コニファー、モミの木、セキショウなどを植えると、
バランスが良くまとまります。


ガーデンシクラメンは、3ヶ月以上次々に開花しますが、
根鉢はほとんど同じ大きさで広がることはありません。

ですので、クリスマス用に作った寄せ植えに、
葉牡丹やナンテンなどを加えて、
お正月用に楽しむことができます。

ガーデンピックや水引きなどを加えると、
いっそう、雰囲気が出てきますね。


■ガーデンシクラメンと相性の良い植物たち

ガーデンシクラメンは、ほとんどの植物と相性が良いです。
屋外や玄関で鑑賞するなら、耐寒性の強い植物、

パンジー類、アリッサム、ノースポール、ハツユキカズラ、
ガーベラ、コニファー、ヒューケラ、シロタエギク、ツタ類などと、
寄せ植えするのが良いででしょう。


pannji-xx300.jpg
パンジーも耐寒性が強く、冬にもよく咲きます


North Pole.jpg
ノースポール、花色は白、イエロー系、2色咲きがあります。


hatuyuki.jpg
ハツユキカズラは、葉色が美しく人気です


Gerbera.jpg
ガーベラ、花径5〜6cmの小輪系が扱い安いです。


GoldcrestA.jpg
コニファー、鮮やかな緑でクリスマスにもぴったりです


HeucheraA.jpg
ヒューケラ、葉がカラフルで寄せ植えに活躍します


■参考
・ガーデンシクラメンの育て方
・ガーデンシクラメン 花をたくさん咲かせるには?
・冬の寄せ植え|ガーデンシクラメン&ビオラ
・シクラメンの育て方 しおれるときは?
・ガーデンシクラメンの植え替え
・正月の寄せ植えの作り方
・パンジー 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・ガーデンシクラメン 寄せ植えのコツ
・ビオラ 寄せ植えのコツ
・ハボタン 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・クリスマス 寄せ植えのコツ
・チューリップ 寄せ植え
・ガーデンシクラメン 夏越し後は?

*シクラメンのわかりやすい育て方なら↓
>>シクラメンの育て方.net

(2012-12-06初出)