Mini rose B(5).jpg
ミニローズも豪華な品種が出ています


花のサイズは大きくても5cmぐらいです。
葉も背丈も小さい矮小性のバラのことをミニバラと呼んでいます。

ミニバラは別名、ミニチュアバラ、姫バラと呼ばれています。

ミニバラは色が豊富で、紫、茶、緑、黒色などもあります。
バラの香りは品種によって強弱があります。
ミニバラはどちらかと言うと香りはそんなに強くありません。

花の形には一重、半八重、八重咲きなどがあります。
平咲き、高芯咲き、盃状咲きなど咲き方にも色々あります。


Mini rose (1).jpg
C)芽月 初秋のミニバラ


■ミニバラの剪定

1.花後の剪定方法
花が咲き終わったら花房ごと、すぐ下の部分で切り取ります。

5枚葉の部分を残せば、強剪定をしても、
すぐ元気な枝を伸ばします。
四季咲き性の品種だと枝の先にまた花を咲かせます。

ミニバラの場合、長く太く伸びる新しい梢についたつぼみも、
そのまま咲かせてかまいません。

弱々しい枝は根元から切り取ってしまいます。
剪定後マグァンプKなどの肥料を施します。


Mini rose (6).jpg
秋に咲いていると、剪定の仕方に迷います


2.冬の剪定方法
秋以前に購入した株は休眠に入っていますので、 
冬には春から夏にかけて伸びた太い枝だけを残し、
夏に伸び始めた細い枝や、秋に花が咲いた枝、
古い枝は切り戻します。

残しておいた枝は、地上5cmぐらいまで
短く、強剪定してしまいましょう。

12月など、ごく最近に購入した株は、
折り曲げ剪定をするか、そのままの状態で越冬します。

>>バラの折り曲げ剪定については、こちらが分かりやすいです

完全に休眠している=落葉して生長が止まった株は強剪定。
休眠しきれていない株は、折り曲げ剪定か弱剪定がお勧めです。


misaki.jpg
じょうずに剪定すると、また多くの美しい花を咲かせてくれます

■参考 分かりやすいバラの栽培法です。
初心者対象! バラの育て方と栽培方法|庭植えから鉢植えまで
 カテゴリ
 タグ