suikoX.jpg
水栽培の楽しさは、生長のようすが真近に見られることですね


クロッカスは地中海原産の秋植え球根植物です。
開花時期は秋咲き種が11月ごろ、
春咲き種が2月〜4月に咲きます。

クロッカスは寒さに大変強く、
日当たりがよく水はけのよい場所ならば、
特に手入れをしなくても生長する育てやすい植物です。

花は地上すれすれの低い場所に咲きます。
花色は、紫、黄色、白、薄紫などがあります。
白に藤色の絞りが入った品種も楽しめます。

クロッカスは水栽培の他にも
芝生の中に小さな群落で咲かせたり、
コンテナ、ハンキングバスケットにも利用されています。


suikosaibai.jpg
栽培容器もいろいろあります


■クロッカス水栽培のコツ

1.球根と容器選び
クロッカスの水栽培を楽しむためには、
まず球根は大きなサイズを選びます。
開始時期は10月〜11月が適しています。

はじめて水栽培を行う時は、
市販されているクロッカス専用の水栽培容器を使うと、
問題なく育てることができます。

もっと手軽な方法としてワイングラスの中に、
ハイドロボール(焼成粘土の粒)や水ごけを3cmぐらい敷き詰め、
浅く水を注いでから、球根を並べます。

また、好みのグラスに針金を渡したり渦巻き状にしたものに、
球根をのせると、おしゃれな容器になります。

芽が伸び出したら日当たりがよい窓辺に移動させます。


suikousaibai.jpg
クロッカスが映える容器を選びましょう


2.温度管理
クロッカスを咲かせるためには、15℃以下の気温に
2週間以上置く必要があります。

ですので、
早い時期や室内が温かい場所で、
水栽培を始めると失敗することがあるので注意します。


また花芽が出来た後に気温が高すぎると、
花芽が生長しないので、暖房の効き過ぎは厳禁です。

■参考
・クロッカスの育て方、栽培方法
・クロッカス プランターでの育て方 
・クロッカス 植え付けのコツ
・クロッカスの増やし方
・クロッカスの施肥

[クロッカス] ブログ村キーワード
 カテゴリ