suikanae.jpg
小玉スイカの接ぎ木苗、「紅こだま」を千草園芸さんで購入


スイカをいっぱい育てるのでなければ、
連作障害や病気に強い接ぎ木苗を購入し、
育てるほうがじょうぶに育ち安心です。

今回、3株税込945円という苗を育てました。


kodamasuikanew (3).jpg
直径30センチの鉢に苗を植え込みました


鉢やプランター栽培の場合、
1本仕立てでも良いですが、本葉5枚で摘芯して、
子ヅルを4〜5本伸ばすと結実しやすいです。

10〜15節につく雌花に受粉するのが、
甘くてジューシーなスイカを作るコツです。 


スイカの肥料は、苗1本に対して、
苗の定植のときに元肥が10〜15gくらい、
そして20日おきに2〜3回ほど追肥してあげます。


kodamasuikanew (1).jpg
着果しました!


kodamasuikanew (2).JPG
こちらの鉢は2個着果です


kodamasuikanew (4).jpg
みるみる大きくなります


スイカが受粉&着果したら、
その日付をメモするかラベルをつけておくと、
いざ収穫するときに迷わずにすみます。

スイカの収穫は、受粉から約35日後くらいです
品種や栽培状況によって違いますので確認してください。

摘果したものは、漬け物にすると美味です。


kodamasuikanew (5).jpg
重くなってきたのでネットで保護します


あんどん作りなど空中で結実させている場合は、
ネットなどで落ちないようにつるしてあげます。
袋は、光が射し込むものを用いるのが良いです。

スイカの果実が大きくなってきたら玉返しをします。
鉢植えの場合は、鉢を数日に1回まわします。


kodamasuikaA (4).JPG
収穫です!


スイカの受粉から約35日後ほどたって、
スイカの皮を軽くたたき、澄んだ良い音がしたら収穫です。


kodamasuikaA.JPG
すっごくおいしい〜!


kodamasuikanew (7).JPG
小さくても甘くてさっぱり、ジューシーな味は、抜群です


この小玉スイカ、5年続けて育てていますが、
真夏にどんどん生長するのを見ていて楽しい、
子供たちから大人まで家族みんなで楽しめる、
田舎育ちのおばあちゃんまでもが、
今まで食べたスイカのなかでいちばんおいしい!
と絶賛した代物です。

チャンスがあったらぜひ育ててみてください。

■参考
・スイカの鉢 栽培
・スイカ栽培、摘心・受粉のコツ!
・小玉 スイカ(西瓜)の育て方 栽培方法
・スイカ プランター 栽培
 カテゴリ
 タグ