Helleborus new.jpg
クリスマスローズを庭で育てるのも美しい


庭木があるご家庭や、小さな花壇などでも、
ちょっとしたスペースを利用して、
植えて楽しむ方法もあります。


kurisumasurozu daburu.jpg


クリスマスローズ庭植えコツは?

1.半日陰や木陰で育てる
クリスマスローズは、東側の軒下や、
落葉樹の下などが快適です。
強い直射日光や西日の入るところはよくないです。
晩秋から春にかけては、
おだやかな日差しがあたるような場所が理想的です。

気温の変化の激しいところは、
株がうまく育ちません。
雨が強く当たったり泥はねなども嫌いますので、
気を付けます。

2.夏越しをじょうずにする
クリスマスローズは夏になると、
休眠状態になります。
高温多湿が原因で病気になったり、
腐ったりしやすくなります。
用土も加湿状態はよくありませんが、
乾きすぎると根が弱ります。

夏は出来るだけ涼しく、
適度な湿り気をもたせる工夫をほどこします。
乾燥が気になる場合は、
マルチングをする方法よいでしょう。
刈り取ったあとの雑草や落ち葉などを、
利用して株元を保護します。

3.冬季に注意したいこと
クリスマスローズは秋から生育が活発になります。
生育適温は5〜10℃くらいです。
冬を迎えたら、霜や凍結に気を配ります。
夏越しの時と同様に、
落ち葉やバーク堆肥等で保温します。
とくに乾燥した冷たい季節風に、
あてないようにしましょう。

雪の積もる地域では掘り起こさず、
雪どけがはじまる春まで、
そっとしておきましょう。

>>クリスマスローズの詳しい栽培方法はこちらです