tomato (2).jpg
トマト、もうつぼみができている


家庭菜園でとても人気のあるトマトですが、
実は栽培の難易度はちょっと高めなのです。

しかし、ポイントを押さえることで、
初心者でも立派なトマトを育てることができます。

一番大切なことは、元気な株に育てること。
それには植え付け時が重要です。
ポイントを守って、しっかりした株に育てましょう。


トマト植え付け準備コツ

トマトの植え付け場所は、肥沃で、
水はけと日当たりの良い場所を選びましょう。

特に日当たりは重要で、日当たりが悪いと
花や実が落ちたりしてしまいます。

植え付け2〜3週間前に、1u当たり2握りの
苦土石灰をまいてよく耕しておきます。

植え付け1週間前になったら、
元肥を、1株あたり堆肥1kg、
化成肥料か乾燥鶏ふんなどを、
1握り施します。

トマトの元肥は、即効性の化成肥料は不向きなので、
有機肥料などの緩効性の肥料を主体とするのが、
最初のポイントです。


また、肥料は控えめにします。
元肥が多すぎると、”草ボケ”を起こして、
花茎が長く伸び、第1花房が落花し、
次の花房にも花がつかないことがあります。

トマトは第1花房が大切なので、元肥はやや控えめにし、
追肥で肥料を補うようにします。

畝幅を80cmほどとして溝を掘り、
20cmほどの深さに、元肥を入れて土と軽く混ぜ、
その上に掘り出した土を戻して植え床を作ります。

トマトは水はけのよい場所を好むので、
畝はやや高めがよいでしょう。


ポリマルチをかけておくと、
地温を上昇させることができます。

>>次の記事に続きます。
 カテゴリ