dannsyakuimo-thumbnail2.jpg
ジャガイモ、人気の男爵イモ


ジャガイモは、栄養繁殖植物です。
”栄養繁殖植物”とは、タネなどではなく、
根や茎、葉などの栄養器官から、
次の世代の植物を繁殖させる植物です。

ところで、植物の栽培で恐ろしいのは、病気です。
特にウイルスに感染した場合、治療法はありません。

しかし、一般的なウイルス病は、
タネには侵入しないため、世代交代により、
ウイルスが除去されます。

しかしジャガイモの場合は、タネイモで増えるため、
タネイモを通してウイルスが感染してしまうことがあります。 



食用ジャガイモタネイモ栽培できますか?

食用のジャガイモでも栽培することはできますが、
あまりお勧めできません。

◎食用のジャガイモの短所
伝染性のウイルス病に汚染されていることがあり、
それをタネイモとして植えても、発芽はしても、
う発育不良で、うまく育たなかったり、
収量が大幅に落ちたりすることがあります。

また、一部の食用ジャガイモ産地では、
長期間保存できるように、放射線をあてて
芽の細胞を殺しているところもあります。

◎タネイモの特徴
厳しい検査を受け、検疫に合格したもののみ、
タネイモとして販売されます。
タネイモには、すべて検査の合格証が貼ってあります。

ただし、タネイモは”病気やウイルスに、
感染していないイモ”というだけで、
”病気にならない”というわけではありません。

植え付け後の管理が悪かったり、
汚染している土壌で栽培したりすると、
ウイルス病に感染してしまうことがあるので、
気をつけて栽培しましょう。


taneimo.jpg
今年は、国華園さんの「じゃがいも種芋 お試しポテトミックス」
10種2kg2,041円(税込)を購入してみました


ジャガイモウイルス病人間への害は?

ウイルス病は、ウイルスの感染によって起こる、
さまざまな病気の総称です。
ウイルス病に感染すると株は弱り、
収量が非常に少なくなってしまいます。


ジャガイモの場合、タネで増える植物と異なり、
タネイモがウイルスに感染していると、
タネイモを通して次々と感染が広がっていくため、
特に注意が必要で、植物防疫法の対象となっています。

このようにウイルス病が警戒されているのは、
いったんウイルス病を発病してしまうと、
治療法がなく、他の株への感染を防ぐため、
発病株を引き抜き焼却処分するしかないためです。

植物にとっては、恐ろしいウイルス病ですが、
ナス科の植物にしか感染しないので、
ウイルス病に感染したジャガイモを
人間が食べても悪影響はありません。


ですので、ウイルス病にかかっている(かもしれない)、
ジャガイモが、スーパーなどで普通に販売されています。

■参考サイト
>>ジャガイモ栽培.com

■ジャガイモを栽培するとき、選ぶときの参考にしてください
・ジャガイモの種類と特徴 写真入り1
・ジャガイモの育て方|栽培方法 家庭菜園で大収穫