nanhibyou.jpg
軟腐病(なんぷびょう)にかかったハクサイ


キャベツやハクサイの病気には、萎黄病、べと病、灰色カビ病、
菌核病、黒斑細菌病、黒腐病、黒斑病、根こぶ病、
軟腐病などがあります。

キャベツやハクサイの場合、窒素分が多いと軟弱に育ち、
病気に侵されやすくなるうえ、食味も悪くなるため、
窒素分は控えめにします。


軟腐病予防方法は?

キャベツやハクサイの地際の茎や葉がドロドロになり、
悪臭がするのは、典型的な軟腐病による症状です。

軟腐病は結球の地際部や頭部が褐変し、ドロドロに腐って、
独特の悪臭がします。
この症状は急速に株全体に広がって、数日間で球が腐り、
なくなってしまいます。

軟腐病は、細菌による病気です。
原因菌は、土壌中に普通に存在する菌です。
雨や、水やり時のはね上がりによって病原菌が野菜にうつり、
葉や茎の傷などから植物内に侵入し、発病させます。

症状が出てからの防除は難しいため、連作を避け、
台風などで茎葉が傷ついたときには、天候が回復したら、
できるだけ早くビスダイセン水和剤、カスミンボルドーなどを散布して、
発生を予防すると良いでしょう。
 

軟腐病発生しやすい状況とは?

軟腐病は、下記のようなときに発生しやすくなります。

・高温の時期に雨が続く多湿な時期に多発します。
・夏に雨が多い年や、晩秋から冬にかけて比較的暖かく
 雨が多い年に発生が多くなります。
・台風・豪雨などの後は、土とともに飛散した病原菌が
 キャベツに付着するうえ、傷がつきやすいため、
 侵入・感染しやすくなります。
・土壌水分の過剰、多肥も軟腐病の発生を促します。
・害虫の食痕からも感染します。


軟腐病防除対策は?

軟腐病にかからないようにするには、
下記の点に注意しましょう。

・水はけを良くし、特に雨水が溜まったままにならないようにします。
・しっかりと間引きをして密植せず、株間の通風を良くするようにします。
・害虫を防除したり、管理作業時にキャベツに傷をつけないようにします。
・雨の日に収穫などの作業を行わないようにします。
・窒素肥料の多用を避けます。
・連作を避けます。
・軟腐病にかかった被害株は除去します。
・ビスダイセン水和剤の予防散布を心がけます。

■参考
・ハクサイ(白菜)の育て方 地植え
・ハクサイのプランター栽培|品種を選んで追肥で大きく!
 カテゴリ