habotanodori-h.jpg

habotanodori-r.jpg
踊り葉牡丹
2点とも、C)ガーデニング専門店 hana*world

ハボタン(葉牡丹)は縁起物のアイテムとして、
江戸時代ころから観賞されてきました。
冬の彩をそえる、ポピュラーな古典園芸植物です。

サニーレタスのような葉をもつものや、
切れ込みの入ったものなど、
品種改良も盛んに行われています。

ロゼット状のものが主流でしたが、
切り花にできるものや、ミニサイズのもの、
踊るようにさくハボタンなど、
多種にわたる草姿もたいへんユニークです。

ハボタンは一年草として扱われますが、
春以降にちょっと手を加えると、引き続き楽しめます。

habotann3setu300.jpg
4月に切り戻したハボタンの生長


踊り葉牡丹育て方は?

1.4月頃、切り戻します
ハボタンは春の温暖な季節を迎えると、
株の中央から茎を出して、花を咲かせます。
花を2回見るような感覚になるでしょう。

株の形が乱れてきますので、4月ころ花茎を切り戻します。
付け根に近いところで切ってもだいじょうぶです。
切り口が湿ってるあいだは腐りやすいので、
乾くまで保護するとよいです。

2.肥沃な用土に植え替えます
ハボタンの剪定を済ませたら、
ひと回り大きい鉢に植え替えます。

春をむかえたものは、初夏までに根鉢を軽くほぐしてから、
植え替えをしましょう。
肥沃で水はけのよい用土を用いて植え付けます。

市販の草花用培養土などに、プロミックやマグァンプKなどの、
リン酸の配合成分の多い緩効性肥料を、
元肥を混ぜておくとよいでしょう。
植え替えを終えたら、たっぷり水をあたえます。

3.害虫対策しましょう
ハボタンはアブラナ科なので、
春になると害虫のえじきになりがちです。

アブラムシやアオムシなどに葉を食い荒らされないように、
早めに粒状の殺虫剤を、株元にまいておくとよいでしょう。
ナメクジを見つけたときは、ただちに捕殺します。

>>ハボタンの育て方、寄せ植えなど詳しい情報はこちら
 カテゴリ
 タグ