img60599004.jpg
ユリ咲き「サンネ」


img60598993.jpg
原種系「リトルビューティー」
C)テーブル・ガーデン ←品質の良い球根やお花が豊富です!

チューリップは、色も品種も豊富で、
育て方もやさしい球根植物です。

このチューリップ、
球根の選び方、扱い方、鉢植えの方法で、
大きく元気に花が咲くかどうか、
だいぶ違ってきます。

チューリップがじょうぶに育てるための、
球根の選び方、扱い方のコツ、
そして、用土の配合と作り方や、
球根の基本的な植え方を、ご紹介します。


TULIP2.JPG
球根を見るとわくわくします


球根選び方

健康で育てやすい球根を選ぶコツ
・カビ生えや艶のない球根は避けます
・同じ種類の球根なら重くて形の良いものを選びます
・少しだけ発芽している球根はOKです
・発根しているものは避けましょう
・通販であれば、優良店に頼みます


植え付け準備

TULIP3.JPG
根っこの部分に気遣います


球根の発根部が表皮で覆われている場合は、
その部分の皮をそっとむいてあげます。
球根と表皮の間に根が伸びて、
うまく生長しないことがあります。


球根基本的植え付け方法


TULIP5.JPG
ユリ咲き「サンネ」


TULIP6.JPG
原種系「リトルビューティー」


標準的なチューリップ、ユリ咲き「サンネ」と、
やや小ぶりの原種系「リトルビューティー」です。

5号鉢で5球、6号で8球を目安にします。
鉢はプラスチックより素焼きの鉢をお勧めします。
排水性と通気性がとても優れているからです。

鉢の水抜き穴にネットを敷きます。
銅製のネットであればナメクジ退治にもなります。

底にごろ土、ここではバークライトを入れ、
培養土、もしくは自家製の用土を入れます。

いよいよ、球根をいれますが、 
球根の平らなほうを、外側に向けます。
チューリップの大きな葉は、
平らなほうに向かって生えるので、
日光が良く当たり光合成も進み、
元気な株に育つからです。

そして、用土を入れて球根が隠れるくらい覆いましょう。
小さい球根は、球根の2倍くらいの深さに植えます。

手のひらで、用土を押し付けて、
じゅうぶんに水やりをします。

品種のラベルをつけておき、
裏側に植えた日を記しておくと便利です。

TULIP8.JPG
アイスクリームの木のスプーンにアクリル絵の具で

■参考
・チューリップの分かりやすい育て方と球根の保存方法

・チューリップ 花が咲かない
・カサブランカの育て方
・ユリの育て方 10月 球根の植え方
・ヒヤシンスの育て方と翌年も咲かせる方法
 カテゴリ
 タグ